Yahoo! JAPAN

低めギリギリの投球を捕手はミットを立てて構えるべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

ラブすぽ

低めギリギリの投球を捕手はミットを立てて構えるべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

捕手は低めギリギリの投球はミットを立てて構える

【どうして?】
●低めのストライクを審判にとってもらうため

キャッチャーの構えの基本は、ミットを開いて、捕球面をしっかりとピッチャーに見せる形にすること。低めに構えたときに、同じように面を見せるためには、ミット側の手首に力を入れておく必要があるが、ミットの捕球面はピッチャーにとっての「マト」。ガマンして動かさずに、ピッチャーが投げやすい構えを心掛けよう。

ワンバウンドするようなボールが来たときは、ミットを逆さにし、先を地面につけるようにして捕球する。これは後ろにそらす恐れがあるボールが来たときだけの捕り方、というくらいに考えておきたい。

【監督からのひと言】審判にとっても、低めの見極めは難しいもの。指先を地面に向けた形での捕球は、それだけでストライクをとってもらえる可能性が大きく減ってしまうと考えよう。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

【関連記事】

おすすめの記事