Yahoo! JAPAN

東急「電車とバスの博物館」B棟がシェアオフィスに 510形やYS-11の中で仕事ができる

鉄道チャンネル

鉄道チャンネル
東急田園都市線「宮崎台」駅から徒歩数分

東急田園都市線 宮崎台駅のそばにある「電車とバスの博物館」B棟に驚くような変化が起きていました。2021年8月1日から、ここB棟は展示車両「510形」の車内や「YS-11」の機内で仕事ができるシェアオフィス「DENBUSワークスペース」として生まれ変わります。

館内アウトドアスタイルエリア(全9席)靴を脱いでリラックスして仕事ができる場所で、電源とWi-Fiあり。Web会議もOK
510形車内ワークスペース(全6席)、Wi-Fiと電源あり。飲食とWeb会議は不可
YS-11のコックピット真後ろの席(全1席)連続1時間までしか利用できないレアシートで、電源とWi-Fiあり、Web会議もOK
えきもくオフィス(全13席)電源とWi-Fiあり、Web会議も飲食もOK。元からある机に旧池上駅舎などの廃材「えきもく」などを組み合わせている
ブレイクコーナー(全4席)+シミューレーター1席。仕事中の気分転換やストレス発散に。シミューレーター内でなければ飲食もOK

「電車とバスの博物館」A棟は2020年6月からコロナ対策を施して営業を再開しましたが、”不特定多数が触る玩具での遊び”を主としたB棟は再開の目処が立たず、休館を余儀なくされていました。言い換えれば「遊休資産」と化していたわけです。

これを大人もワクワクできるワークプレイスとして生まれ変わらせよう、というのが東急のねらい。使用料は1時間200円、1日最大1000円。もちろんずっとこのままというわけではなく、まずは1年ほどやってみて、コロナの収束状況を見ながら博物館としての再開を目指すそうです。

現・アウトドアスタイルエリアの在りし日の姿(画像:東急電鉄(株))

館内は開放的なアウトドアエリア、電車シミュレーターが置いてあるブレイクコーナー、池上線の旧駅舎廃材「えきもく」を活用したえきもくエリア、そして510形車内、YS-11機内に分かれています。場所によってできることも異なり、たとえば飲食はブレイクコーナーとえきもくエリアのみ、Web会議はえきもくエリア・アウトドアエリア・YS-11機内でのみ可能です。

Web会議で「YS-11のコクピット(の真後ろ)から参加してます」って言ったらウケるかも?

設備としてはWi-Fiやコンセントを備え、耳栓などのオフィスグッズも置いており、リラックスしてオフィスワークができる環境が整っているとは言えそうです。自宅での仕事に飽きたときに、田園都市線や東京メトロ半蔵門線に飛び乗って宮崎台へ向かうのも面白いかもしれません。

オフィスグッズやプリンターも。左のルームケースに入っているのは耳栓

利用時はワークプレイス予約・検索用のスマートフォンアプリ「Suup」を起動し、入室時にアプリ上でチェックインボタンを押して館内改札機のQRコードを読み取ります。チェックアウト時は同じ要領でQRコードをスキャンすればOK。料金は「Suup」アプリに登録されたカードから自動決済されるという仕組みです。

チェックイン/アウト時に改札機のQRコードをスキャン

なお、近隣の東急ストアやタリーズコーヒーなどでは「Suup」アプリ利用画面を提示することで期間限定で割引が受けられるなど、利用者向けのちょっとした特典も用意されています。

「電車とバスの博物館」B棟に展示されている510形

文/写真:一橋正浩

【関連記事】

おすすめの記事