Yahoo! JAPAN

冬の陸っぱり青物ゲーム リアクションバイト狙いハマチ2匹【和歌山】

TSURINEWS

ショアジギングで釣ったハマチ(提供:WEBライター・中野和哉)

2月5日、中紀衣奈漁港へ陸っぱり青物ゲームに行ってきました。トップは不発に終わりましたが、ジグでリアクションバイトを狙い本命2匹を釣り上げたので、リポートします。

陸っぱり青物ゲーム

冬の時期は水温低下に伴い、ベイトとなるイワシやアジ等が深場に移動するためショアから青物を釣り上げるのが難しくなります。しかし和歌山では冬でも比較的水温が高く、ベイトとなるイカナゴが湾内に留まったり、接岸するため青物の回遊が期待できます。

2月5日に中紀の衣奈漁港へ青物釣行へ行ってきました。例年この時期はベイトとなるイカナゴが8時以降から接岸し、それに伴い青物の回遊があります。

今回はベイトサイズが小さければマイクロベイトパターン、5cm以上あれば30g前後のメタルジグで青物に挑みます。先日も衣奈漁港での青物釣果を聞いたので、自然と期待が膨らみます。

衣奈漁港

衣奈漁港は青物以外にもアオリイカ、タチウオ、チヌ、グレ、根魚、シロギスなど対象魚が豊富です。比較的大きな漁港でサオを出せるポイントが多く、足場もいいためファミリーフィッシングにもお勧めです。また漁港内にトイレもあるので、小さなお子様連れでも安心です。

青物狙いは潮通しのいい大波止の外向きがお勧めですが、漁船などの往来には十分注意してください。

衣奈漁港の釣り場風景(提供:WEBライター・中野和哉)

当日のタックル

タックルはショアジギングロッド10ftMHに、スピニングリール5000番XG、PEライン2号、リーダー6号(フロロカーボン)です。

今回のような堤防からの釣りは、足場もよく、根ずれなどの心配もないので、ライトタックルでも十分です。しかし、時期的に大型青物の回遊も想定し、少し強めのタックルで挑みます。

当日の状況

当日は小潮11時20分が満潮。6時10分に釣り場に到着すると、平日ということもあり私以外に釣り人はいませんでした。せっかくなので潮通しのいい大波止の先端に釣り座を構えます。

水面を見るとベイトの姿はなく生命感のない状況ですが、沖を見ると潮目ができいい雰囲気です。少し水温が上がる時間帯からのベイトの接岸と、青物の回遊を期待しながら準備を進めます。

雰囲気がよくなると地元の方も出てきた(提供:WEBライター・中野和哉)

クリアカラーのポッパーで

ターゲットとなる青物は朝マヅメには、表層付近のベイトを強く意識しています。まだベイトサイズは確認できていませんが、おそらくマイクロベイトパターンであろうと予想を立てクリアカラーのポッパーを選択しました。

マイクロベイトパターンの時はクリアカラーのポッパーが有効であると強く感じています。クリアカラーはシルエットをぼかしたり、ルアーサイズをサイズを小さく見せる効果があるそうです。またルアーをマイクロベイトの群れと錯覚することもあるそうです。

そしてポッパーの作り出す気泡でさらにシルエットをぼかします。ここまでぼかすと不安にもなりますが、音やスプラッシュ、気泡でしっかりと魚にアピールしてくれます。

チェイスはあるが乗らず

まずはポッピングアクションとダイブアクションを織り交ぜ丁寧に責めます。しかし魚の反応は得られず辛抱の時間が続きます。

8時ごろになると足元に4cm程度のベイトの姿が確認できるようになり、ポツポツと釣り人も増えてきました。やはり地元のアングラーは時間帯を把握しているようで、青物の回遊への期待が膨らみます。

期待とともにキャストとアクションを繰り返すこと1時間。ポッパーの後ろにモヤモヤと波が立ちチェイスする姿が確認できました。しかしバイトまで持ち込めないので、食わせの間を長めに作りルアーをよく見せることを意識します。

するとこの作戦が功を奏し、2度水面を割りましたが乗りません。やはりベイトが小さいため捕食の時の吸い込みも弱くなっているのかもしれません。

ここからはチェイスやアタリもない時間が続いたので、気分転換にミノーをキャストすると、飽きない程度にダツが遊んでくれました。

気分転換にダツと遊ぶ(提供:WEBライター・中野和哉)

リアクション狙いハマチ

ポッパーに乗り切らない事を踏まえて、フックサイズの交換も考えましたが作戦変更です。大きめのメタルジグを使用し、リアクッションバイト狙いです。

リアクションバイトは突発的なルアーの動きに対して反射的に魚に口を使わせる方法です。マッチザベイトの釣り方とは真逆な釣り方なので、低活性時やマイクロベイトパターンの時にも効果的です。

80gのメタルジグに変更しワンピッチジャークでボトムから表層までを一気に駆け上がり、再びボトムまで落とすを繰り返します。そして、時々スラックを作り食わせの間も少し織り交ぜます。

しばらく繰り返すと中層付近、ジャーク中にロッドをひったくるアタリが手に伝わります。改めて『何度味わっても青物の引きには心が踊るものだ』と思いつつ慎重に寄せていきます。

寄ってきた姿を確認するといい所にフッキングしていたので、そのまま抜き上げです。そして直ぐにフックを外して再びキャスト。

50cmほどのハマチをキャッチ(提供:WEBライター・中野和哉)

先ほどチェイスがあった時の時合いが短かったため、次の回遊も短いであろうと予想していました。そしてすぐにキャストしたことにより、同じパターンでもう1匹追加できました。

胃袋からは4cmほどのベイトが

その後アタリが遠のいたのでハマチの処理です。釣れたのは50cm前後の綺麗なハマチです。おいしくいただくためにも、今回の狙いが合っていたかの確認のためにも、血抜きと胃袋チェックです。

胃袋を確認すると4cmくらいのベイトを捕食していました。マイクロベイトパターンです。今回の様に作戦を立て、予想しながら手にしたハマチ、やはり嬉しさも格別です。満足し処理も終わったところで今回は納竿としました。

胃袋から出てきたベイト(提供:WEBライター・中野和哉)

釣果グルメ

ハマチやメジロはお刺し身や塩焼きで頂くことが多いですが、漬け、煮付け、昆布締めなど様々な調理法でもおいしくいただけます。

今回は初日に身が活かったカルパッチョ、そして3日間寝かせお刺し身でいただきました。

カルパッチョはお刺し身にたまねぎスライスを敷き、オリーブオイルをかけて塩コショウをし、レモンを少し絞るだけととても簡単です。

カルパッチョ(提供:WEBライター・中野和哉)

今回は少しパンチを効かすために塩コショウではなくアウトドアスパイスを使用しました。少しニンニクも効いているため、一味違ったカルパッチが楽しめます。

次に3日間寝かせたお刺し身です。初日の身も好きですが、寝かせてうま味の強くなったお刺し身も好きです。

刺し身は3日間寝かせて(提供:WEBライター・中野和哉)

ここでお刺し身やカルパッチョを作ると、どうしても身の端が残ってしまします。そのまま一緒に盛り付けてもいいのですが、少し見栄えが悪くなってしまう場合もあります。なので私はその残った身でもう一品、簡単なあてを作っています。

適当なサイズに切った身に、九州で定番の甘口醤油にニンニクとショウガを加えて和えます。そして仕上げにごま油をかけたら完成です。とても簡単でおいしいです。きざみのりやネギ、ウズラの卵、唐辛子、ゴマ、大葉などを添えてもおいしいです。

身の端を使ったおつまみ(提供:WEBライター・中野和哉)

いろいろな料理も楽しめ、おいしくいただけるハマチです。季節ごとの釣り方と料理を楽しんで下さい。

<中野和哉/TSURINEWS・WEBライター>

The post冬の陸っぱり青物ゲーム リアクションバイト狙いハマチ2匹【和歌山】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事