Yahoo! JAPAN

『独身男性』が釣りを始めるなら「船釣り」で決まり 3タイプ別に解説

TSURINEWS

船釣りの風景(提供:TSURINEWS編集部)

夏は釣りのハイシーズン。『アラサー独身男子』の編集部員が、彼女大好き系・一匹オオカミ系など、それぞれのタイプにオススメな釣りターゲットをご紹介します!

船釣りは初心者にオススメ

これは独身男性だけに言えることではありませんが、船釣りは釣りビギナーの方に実はとってもオススメ。「船で沖に出る」と聞くと、ハードルが高く感じるかもしれませんが、釣り場を選ぶことなく、船に乗っているだけで船長がポイントに連れていってくれる上に、釣り方も教えてくれます。

まさに船釣りは「釣りデビュー」に打ってつけの手段なんです。

詳しくは、「「初めての釣り」に「船釣り」を強くオススメしたい10個の理由」をご覧ください。

船釣りの風景(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

独身男性のタイプ

しかし、「独身男性」と一言でいっても、色んなタイプの方がいらっしゃると思います。

1. 彼女とレジャー楽しみたい系
2. 一匹オオカミ系
3. 男友達との時間が大切系

などなど、それぞれで釣りに求める体験価値も変わってきますよね。

ちなみに筆者は一匹オオカミ系(自称)をカッコ良さそうなので名乗っており、釣りには「高いゲーム性」を求めています。とはいえ、周りからは「ネチネチ好き」と言われることも・・・。筆者と同じように、テレビゲーム、ネットゲームなどが好きな男性の方ならば、きっと釣りの奥深いゲーム性にハマると思います。

といったように、今回はそれぞれの「独身男性のタイプ」に見合った釣りモノをご紹介してみます。

1.彼女一緒に楽しむなら『アジ』

彼女と釣りを楽しみたい!という方にオススメなのが「アジ」。彼氏彼女の両方とも釣りビギナーだとしても簡単に狙える「スベらない」ターゲットです。

アジはスベらないターゲット(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

彼女との釣りデートにアジをオススメする理由は2つ。

女性にも安心

夏場は特にアジの数釣りが楽しめるシーズン。よほどのハズレ日に当たらない限り、初心者でも簡単に1匹を釣ることができるでしょう。釣り方もエサを入れて、海に落とすだけで簡単なので、女性でも安心安全です。筆者も完全ビギナーの釣り人と一緒にアジ釣りに行ったことが何度もありますが、0匹の方は1人もいませんでした。

釣具一式をレンタルしてくれる船宿もあるので、クーラーさえ用意すればすぐにでも釣りに行けちゃいます。初心者ならば「LT(ライトタックル)」でのアジ釣りがオススメ。釣り方や船の様子は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【東京湾LTアジで良型本命&サバの強引を堪能【神奈川・荒川屋】】を読む。

どう料理しても旨い

アジはどのように料理しても美味しく、数も釣れるのでカップルで「アジのフルコース」を楽しむことができます。アジは魚を捌くのが初めての方でも、動画を見ながら簡単に捌けます。カップルでもワイワイと料理にチャレンジするのも楽しいこと間違いナシです!

アジは食味も絶品(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

2.一匹オオカミ系なら『カワハギ』

釣りに高いゲーム性を求める方には「カワハギ」がオススメ。一見地味に見える魚ですが、「やり込み要素が多いゲーム」のようなターゲットです。ゲーマーの経験がある男性には特にオススメです。

カワハギ(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

カワハギ釣りには以下の特徴があります。

・アタリがあってもなかなかハリに掛かりにくい
・夏場は肝を持たないが、身は旬を迎える
・釣り道具にこだわると釣果も伸びやすい

とにかくゲーム性が高い

カワハギはそのオチョボ口でついばむようにエサを捕食するため、なかなか釣りバリに掛かりにくい魚です。「どこでアワせるか、どのような釣り道具を使うか?」など釣り人なりの工夫が求められます。

レンタルの釣具を貸出してくれる船宿もありますが、なかなか釣果は上がりにくいでしょう。「もっと軽い竿を」「キラキラした仕掛けを」など、自分なりに考えた釣具を用意してみるのもカワハギ釣りの醍醐味であり、カワハギ釣りがゲーム性が高いと呼ばれる所以です。とはいえ、最初はレンタル釣具で十分。インドアなゲーマー男子にこそ、一度体験してほしいターゲットです。

夏カワハギの攻略法は以下の記事を参考にしてみてください。

【夏カワハギ攻略!実績ありの尺超えを狙おう!【キホン徹底解説】】】を読む。

夏は身が旬

カワハギと言えば「肝」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?夏場は残念ながらカワハギは肝を持っていません。しかし、肝に使用される栄養を身に蓄えているのが魅力です。白身で淡白ながらも、しっかりと旨味が詰まったカワハギの刺身、煮つけを楽しむのにピッタリのシーズンが夏です。

カワハギの刺身(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

3.男友達と楽しむなら『マダイ』

「夏に釣りをやってきました」感を出したい、友達と一緒に釣りをやってみたい方にはマダイがオススメです。

マダイには存在感がある(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

マダイをオススメするポイントは2つあります。

簡単に狙えて「映える魚」

マダイと聞くと、なんだか上級者向けのイメージが強いかもしれません。しかし、釣り方は基本的にエサをつけて海に入れて待つ。これだけです。釣りポイントまでの案内は船長がやってくれますし、釣り方も教えてくれるので安心です。

また、中~大型魚でもあるため、何かと「映える魚」でもあります。夏に釣り上げたマダイを写真に収め、職場やSNSで見せてみると「この男デキる感」を醸し出せるかもしれません。マダイを釣った、という一生消えない「漢のステータス」もゲットできます。

友達と競えるターゲット

マダイは状況が悪ければボウズもあり得るターゲットです。しかし一方で、アタリが多い時は立て続けに釣れる魚でもあります。そんなサイズと数を両方狙えるマダイを、友達と一緒に狙いに行くのも面白いでしょう。釣れないときは談笑し、釣れるときはサイズや数で競い合う。そんな「友情に溢れる夏」をマダイ釣りで過ごしてみてはいかがでしょうか?

マダイは「タイラバ」と呼ばれるルアーでも狙うことができますが、初心者が一匹を狙う近道は「テンヤマダイ」と呼ばれるエサ釣りです。難しい釣り方ではなく、初心者でもチャレンジできます。

<!--lead_ng-->【テンヤで狙うマダイ釣り。タックルと釣り方をイラストで解説! 】を読む。

夏は船釣りデビューのチャンス!

今回は、筆者のような「独身男性」にオススメの船釣りターゲットを、それぞれのタイプ別に3つご紹介しました。以上の3つのターゲットであれば、全国各地から遊漁船が出船しているので、狙いやすいと思います。

夏は狙えるターゲットが多く、釣りデビューには最高のシーズンです。ぜひこの機会に、ご自身にあった釣りにチャレンジしてみてくださいね。

<!--lead_ng-->【初めての釣りは「船釣り」で決まり:初心者向け完全マニュアル公開 】を読む。

<田口/TSURINEWS編集部>

【関連記事】

おすすめの記事