Yahoo! JAPAN

マスク中は特に…。ある女性が打ち明けた《ここ数年の地味な悩み》に共感の声

笑うメディアCuRAZY

マスク中は特に…。ある女性が打ち明けた《ここ数年の地味な悩み》に共感の声

みなさんの中になかなか声が通りにくいという方はいませんか?「あれ?袋くださいって言わなかったっけ」「なぜか私の声だけ拾ってもらえないな…」など、何かと困る場面が多いですよね。インスタグラムで活躍されるもちこさんは先日「声が通らなくて困る場面」をまとめた漫画を公開されました。

あらすじ

昔から声が通りにくいというもちこさん。先日パン屋さんで「レジ袋を頼んでもなかなか伝わらなかった」経験を通して、過去の「声が通らないことで困ったエピソード」を回想します。

レジ袋がもらえない。 提供:もちこさん

最近はマスクをつけていたり、パーテーションで区切られたりしていることもあって、特に困る場面が多いのだとか…。

声に関する悩みを綴ったこの漫画には「めっちゃ共感する…!」「わかります!私は身振りをつけるようにしています。」などの共感コメントが相次ぎました。

インタビュー

投稿者のもちこ(@moccico_futa02)さんにお話を伺いました。

――この漫画を描かれたきっかけはなんでしたか?

もちこさん:昔から声が通りにくいことに悩んでいたのですが、コロナ禍でマスク生活になり、声の通りづらさを実感する機会が増えたのがきっかけです。「実は私だけじゃなく、同じ悩みを抱えている人が他にもいるのではないか…?」と思って漫画にしてみました。

実際、共感のコメントもたくさん頂けて、声を通らせるためのコツや発声の訓練方法をDMで送ってくださった方もいました(笑)。

――今後、どんな活動に取り組んでいきたいですか?

もちこさん:今回のような悩みや何気ないエピソードをはじめ、現在同棲中の彼氏との日常や、付き合うまでのなれそめなどをインスタでUPしていきたいです。

声が通らない人はコロナ禍において、かなり大変な思いをされてるようですね。早くマスクがいらない日常が戻ってきますように…。

作品提供・取材協力:もちこ ふうた

【関連記事】

おすすめの記事