Yahoo! JAPAN

釣った魚で作る「日本酒のあて」レシピ:アオハタの塩昆布 市販の塩昆布でOK

TSURINEWS

アオハタの塩昆布(提供:TSURINEWSライター松田正記)

九州地方ではアオハタが最盛期を迎えた。刺し身はもちろん、潮(うしお)汁などで美味しい高級魚だ。今回は生でいただく「アオハタの塩昆布」を紹介する。

アオハタとは

アオハタとはハタ系の根魚で春の沖釣り、特に深場でよく釣れる。アカハタ、オオモンハタ、キジハタと同類だが、磯や堤防で釣れることはない(個人的)。

すぐにクーラーへ

釣れたアオハタは、すぐにクーラーに収納。釣り人なら、納竿まで活かしておきたいところだが、水深50m以上の深場から釣り上げるため、浮き袋が口から出ているケースが多い。この状態で船のイケスに入れてもすぐに弱ってしまうため、早く絞めたほうがいい。

下処理

持ち帰ったアオハタは、たわしを使って滑りを取る。ハタ系の魚で最も滑りが多いため、水道水を当てながらゴシゴシと。あとは頭とワタを取って下処理。

まずは下処理(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚おろし

下処理後は3枚におろし、皮を剥ぐ。あとは腹骨と中骨を取ってサクにする。

厚めに切る

サクにしたら、刺し身にする。食感を出すためにも、厚めに切ったほうがいい。

刺し身にする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

冷蔵庫内に少し置く

最後は市販の塩昆布を振りかければできあがり。これを皿に盛り、味がなじむまで冷蔵庫内に少し置く。5分ほど経つと魚の表面にうっすら水気が出るので、このタイミングで口に運ぶ。

市販の塩昆布をかける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ちなみに塩昆布は「フジッコ・きざみ塩こんぶ・ごま入り」がおすすめ。塩が濃くないうえ、昆布のうまさが絶妙だ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【浅草で人気】世界中からバックパッカーが集まる「サクラホステル浅草」に泊まってみた / 朝食付き1泊3500円!

    ロケットニュース24
  2. 「水のある風景」テーマに写真展

    赤穂民報
  3. 声優・小野賢章が富田美憂に“ヤキモチ” 「羨ましすぎる‥」 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  4. 【京都洋食】銀閣寺から徒歩圏内!長年愛されてきた町の名店「キッチンなかお」

    キョウトピ
  5. 【京都】人気のお店が続々進出! 2024年にオープンした一度は訪れたいお店4選

    anna(アンナ)
  6. メガネ姿の小野賢章 「嫌わないで!」と役が“憑依” 映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』舞台挨拶

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  7. 【ホロライブ】『hololive GAMERS fes. 超超超超ゲーマーズ』テーマソング『We are GAMERS !!!!』が配信開始! 会場で楽しめるコラボフードも発表 【今週の人気記事】

    PASH! PLUS
  8. 【動画】レースクイーン・広瀬晏夕、K-1ガールズ2024就任で思いを語る!

    WWSチャンネル
  9. 【大津】「琵琶湖ホテル」で絶景を望むルーフトップBBQがスタート!

    PrettyOnline
  10. Ado『ROCKIN’ON JAPAN』2024年7月号表紙巻頭特集に登場!叶えた夢、そして残された夢を語る!

    WWSチャンネル