Yahoo! JAPAN

【ライブレポート】KEYTALKが久々のフェスに「最高!」と大興奮。ファンとお祭り騒ぎに!<JAPAN JAM 2022>

WWSチャンネル

KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)

2022年5月1日(日)・3日(火・祝)・4日(水・祝)・5日(木・祝)・7日(土)の5日間、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作の国内最大級のGWフェス「JAPAN JAM 2022」が千葉市蘇我スポーツ公園にて開催されている。

入場ゲートでは手指消毒・検温を実施するなど、「JAPAN JAM 2022」は感染症対策に万全の対応を取りつつ実施されている。

本記事では、初日となる5月1日(日)に出演したKEYTALKのライブレポートをお届けする。


 SKYステージ2番手に登場したKEYTALKはボーカル・ギターの寺中友将ら3人がステージに駆け出して登場。後からベース・ボーカルの首藤義勝がゆっくりと姿を見せ、そのちぐはぐさにライブ前から笑いが起きていた。

KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)
KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)

 『Love me』で始まったステージは、寺中と首藤の伸びやかな歌声に気持ち良い時間が流れていく。寺中が「♪空はすっと晴れ渡り」と歌った『Summer Venus』では、覆っていた雲の間に晴れ間が見える瞬間もあった。

 首藤が「ちょっと寒いけれど、身体を動かせば(着ている)そのジャケットを脱げるんじゃないですか。思いっきり身体を動かしていきましょう」と呼びかけた『MATSURI BAYASHI』では観客が狂喜乱舞。

首藤の「祭りじゃ、祭りじゃ、踊れるか」とあおる声に合わせて、バンドのファンはもちろん、ステージを見つめていたモーニング娘。22や、櫻坂46のファンが、「ロマンス」や「サンダースネイク」と呼ばれる独特の踊り(オタ芸)で思い思いに盛り上がっていた。

KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)
KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)

 コロナ禍でのフェス開催についてギターの小野武正は「いろんなことが難しい時代ですが、一緒に音楽を楽しむことができていることが素晴らしい」と感謝。ドラムの八木優樹も「みんなの顔からも、楽しいという気持ちが伝わってきます。フェス最高!」と喜んでいた。

 約35分で8曲を演奏したライブでは、2022年に結成15年を迎えたこと。また2023年にデビュー10年目の節目を迎えることを記念し、3月1日に7年ぶり、2度目となる日本武道館(東京都千代田区)公演が決まったことを発表。小野は「ここにいる全員が来てください!」と話していた。

(取材・テキスト:翡翠)

KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)
KEYTALK<JAPAN JAM 2022>(※提供写真)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 実は「高学歴」と知ってビックリの男性ミュージシャンTOP10

    ランキングー!
  2. まさかの「前職」に驚いた人気芸能人TOP20

    ランキングー!
  3. 50歳以上で「水着姿」を披露した美人女性芸能人TOP10

    ランキングー!
  4. 桜のフルコース!春の目黒川と「郷さくら美術館」【都市伝説ツアーズ】

    でろかる
  5. 全国のプレミアム・アウトレットに【くまのプーさん】登場!激かわフォトスポット、グッズセットも当たる♪

    ウレぴあ総研
  6. 【販売開始】静岡温室メロンアドバイザーのいる人気店が登場!「メロンショップマエシマ」のクラウンメロン

    ソトコトオンライン
  7. キャトルカフェアンドドーナツ|お花畑にいるようなメルヘンチックな店内のかわいいドーナツ屋さん【伊勢崎市田部井町】

    We Love群馬
  8. 中小・零細企業「夏のボーナス支給する」約4割 従業員に聞くと、最も多い支給額幅「10万円~30万円未満」&「150万円以上」も5%

    J-CAST会社ウォッチ
  9. 滝沢カレン「IPPON女子グランプリ」優勝振り返る

    ナリナリドットコム
  10. 海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る

    Jタウンネット