Yahoo! JAPAN

海岸は「ごみ箱」じゃない 真鶴町 不法投棄の現実〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

6月10日の清掃活動で回収した大型の袋

自然の宝庫・真鶴町。古くからリゾート地として多くの文化人に愛されてきた美観を残す一方、ひとたび海岸に目を向けると、後を絶たない不法投棄の現実が見えてくる。

岩場や消波ブロックの隙間などに、ペットボトルやシャンプーの空き容器、使用済みの注射器まで。これらは全て6月10日、JR真鶴駅(赤沢聡駅長)の職員らが町内の琴ヶ浜海岸で実施したビーチクリーン活動で回収したものだ。「美しい海岸を取り戻したい」と軍手をはめ、午前9時30分から清掃に奮闘して1時間半。不法投棄された数々のごみの中には、工事用とみられる、変色して異臭を放つ大型の袋も見つかり、引き揚げた。駅員の額やマスクには汗がにじんでいた。

地域貢献のため、同駅職員たちは、20年9月から独自に町内の海岸清掃を続けている。年3、4回継続する中、同駅の林寿夫副長によると、これまで、昭和のものとみられる清涼飲料水の空きビンや、閉店した店舗の古い看板なども回収。観光客などによる不法投棄が、長年にわたり常態化している実態がうかがい知れたという。「スコップで掘ると、ごみと土が地層のようになっている箇所も見つかって」言葉を失った。

前年度比25トン増

(公財)かながわ海岸美化財団によると、2021年度に湯河原海岸から横須賀市走水海岸まで約150Kmにわたる清掃活動で回収し、同財団が処理したごみの量は、台風による流木も含め計1838トンに上った。うち最多の藤沢(574・91トン)、それに次ぐ鎌倉(314・63トン)ほどではないが、小田原、真鶴、湯河原の県西3市町の総量は105・281トンに及ぶ。集計したところ、前年度比で湯河原は327kg、小田原は14・26トン、真鶴は実に25・94トン増加していたことが分かった。

同財団の担当者は「県内では特に4月から11月にかけ、バーベキューの後のごみが酷い。楽しんだ後は持ち帰ってほしい」と呼び掛けている。

海辺への来訪者に、環境意識の改善が切望されている。海岸は「天然のごみ箱」ではないのだ、と。

海岸清掃するJR真鶴駅の赤沢駅長(右)ら
昨年11月、真鶴の高浦海岸で「ごみの地層」を発見(JR真鶴駅提供)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. アップアップガールズ(プロレス)、新メンバー・シノが加入!

    Pop’n’Roll
  2. ADHD息子、中2夏休みに不正乗車で補導!パトカーに乗せられ警察署へ。ガマンも金銭管理も苦手な息子に変化が?――発達ナビユーザー体験談

    LITALICO発達ナビ
  3. 材料を袋でモミモミして冷凍するだけ!夏のご褒美ドリンク「バナナフラッペ」レシピ

    saita
  4. 大原優乃、50kg増量時のぽっちゃり姿オフショット公開!「ぽちゃこ時代の陽芽ちゃんもよろしくお願いいたします」

    Pop’n’Roll
  5. ネトフリオリジナル「韓国ドラマ」おすすめランキング

    ランキングー!
  6. ふれあい科学館 アマゾンを体験 企画展 9月25日まで〈相模原市中央区〉

    タウンニュース
  7. 町田警察署 駅員向けに刺股さすまた講習 先月の八王子駅の事件うけ〈町田市〉

    タウンニュース
  8. 生涯学習・市民学習講座 西区の魅力を発見、発信 8月31日申込締切〈横浜市中区・横浜市西区〉

    タウンニュース
  9. あの老舗の味を再現した、ふわっふわのこだわりかき氷 古民家カフェ はちみつ茶葉園で『純氷 綿菓子氷』を食べてきました! 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  10. hitomi、2か月で約4kgの減量に成功しビキニショットを披露「筋トレや、食事の調整をしました」

    Ameba News