Yahoo! JAPAN

湯河原町立吉浜小学校 児童考案のポン酢商品化 地元産ミカンが隠し味〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

商品をPRする児童(学校提供)

湯河原町立吉浜小学校の児童が考えた「湯河原みかんぽんず」が、6月中旬から町内のJAかながわ西湘湯河原営農経済センターと温泉旅館「海石榴」(つばき)で販売されている。カツオと昆布で取った出汁と、みりんを混ぜた醤油をベースに湯河原産ミカンの果汁を加えたポン酢だ。

2015年度、当時の5年生が授業で湯河原町のミカンの良さを伝える商品開発に取り組んだ。グミやジャムなどさまざまなアイデアから学校で作れるポン酢に決まり、町内のミカン農家や調味料などを製造する「日本のうまい」(綾瀬市)の武田薫代表の協力でポン酢作りは行われた。でき上がったポン酢は児童らに配られ、保護者からも好評だったという。

商品化に向けスタート

19年度に当時の6年生が地域活性化をテーマにした授業で、商品化に向けたポン酢作りがスタートした。武田代表の協力で販売用に味を改良、ラベルデザインは児童のアイデアで町をPRするためキャラクターゆたぽんファイブとミカン畑が描かれたものになった。武田代表は「私にとっても児童と取り組んだことは貴重な経験だった」と話した。当初から関わった時村健太教諭は「子どもが考え手掛けた商品が販売されてうれしい。この取り組みで子どもは地元を知るきっかけになり、また良い経験になったと思う」と話した。通常販売価格は100ミリリットル1本税込550円。

【関連記事】

おすすめの記事