Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

たこやきレインボー・清井咲希、期待の新人・明石陸が稽古中にオタ芸を披露!? 舞台『はい!丸尾不動産です』独占レポート

SPICE

『はい!丸尾不動産です。~本日、家に化けて出ます』

11月30日(土)から12月2日(月)大阪・ABCホールで上演される、兵動大樹、桂吉弥の主演舞台の第2弾『はい!丸尾不動産です。〜本日、家に化けて出ます〜』。兵動演じる不動産営業マン・菅谷が、吉弥扮する林田ら顧客たちの人生に触れ、それぞれの秘密や過去が明かされていくシリーズだ。

『はい!丸尾不動産です。~本日、家に化けて出ます』

兵動、吉弥をはじめ、三船美佳、佐藤太一郎(吉本新喜劇)など芝居経験が豊富な面々が揃うなか、本格的な舞台は初となる清井咲希(たこやきレインボー)、新人の明石陸というフレッシュな二人も出演。以前より同作の動向を追い続けているSPICEは今回、清井、明石の稽古の様子をインタビューを交えながらお届けする。

清井咲希(たこやきレインボー)

清井の役は、林田の亡き母親・光子。菅谷との土地売買の交渉中に突然死してしまうが、高校生の姿で化けて出てくるというものだ。つまり中身はおばあちゃん、見た目は高校生という複雑なキャラクターに挑むことになる。普段は大阪を拠点とするアイドルグループ、たこやきレインボー(通称・たこ虹)のメンバーとして活動している清井は「舞台でのお芝居はとても新鮮です」と充実した表情を浮かべる。

清井咲希(たこやきレインボー)

清井:いつもやっているダンスには、どういう動きをやるかあらかじめ決まっているけど、舞台は、動きは自分たちで作り上げていかなきゃいけない。そこがいつもと違います。あと、アイドル活動のときは、ステージ上ではお客さんに自分たちの顔がちゃんと見えなければいけないので、背中を向けないように気をつけているのですが、今回は演出家の木村淳さんから「お芝居では、動作として自然なものであれば、お客さんに背中を見せても大丈夫ですよ」と教わりました。舞台の上ではこうしなければいけないと考えていたので、木村さんのその言葉が私の中では衝撃的でした。

明石陸(新人)

一方の明石が演じるのは、光子の孫・亮介。おばあちゃんが大好きな亮介は、まとまりがない自分の家族にうんざりして、おばあちゃんの遺体にすがりつく。経験豊かな共演者に囲まれて「すごくプレッシャーを感じています」と緊張の面持ちの明石。しかし台詞はきっちりと叩き込むことができたようだ。

明石陸(新人)

明石:10月31日に初読み合わせがあって、今日で2週間が経ちましたが、台詞は何とか覚えることができました。通っている高校には朝読(あさどく)という、クラス全員が小説を持参して朝に読む時間がるのですが、先生が特別に「台本を読んでいいよ」と言ってくださって、そのおかげで覚えることができました。

清井咲希(たこやきレインボー)

清井が出演しているとあってか、アイドルにちなんだ動作や台詞、パロディが出てくる部分も見どころだ。筆者が稽古場のドアを開けたときも、明石と清井が何やら動画を見ながらいわゆるオタ芸のフリを熱心に練習していたが……。

清井咲希(たこやきレインボー)、明石陸(新人)

明石:そうなんです。清井さんが歌う場面があるのですが、そこで亮介の隠れオタクとしての本性があきらかになります。

清井:でも、明石くんが見ていた参考動画は、ガッチガチのオタ芸なんです(笑)。たこ虹のライブでやっている人がいたら、そっちばかり見ちゃうくらい(笑)。

明石:キレキレのオタ芸を披露します! そのために、練習を積み重ねていきます。

清井:稽古のときから何度も見て慣れておかないと、本番で明石くんのオタ芸を見たとき、きっと笑っちゃう。何があっても無の感情でいられるくらいにしておきます。

木村 淳(カンテレ)

稽古場ではもちろんオタ芸だけではなく、二人が芝居に関して、演出家・木村淳とかなり細かく話し合いをしているところが印象的だった。木村は、光子が高校生姿でよみがえってくる登場シーンから念入りに、清井に「なぜそういう動きになるのか」と問いかけていく。

木村 淳(カンテレ)

木村:さきてぃ(清井の愛称)、光子さんは今そこに座ったけど、なぜ座ったと思う? そもそも人は朝起きると、まず何をしたくなるかな? 顔を洗いたくなったり、生理現象としてまずトイレに行ったりするよね。ケータイを見る人もいる。そのあとに、歯を磨いたりするかもしれない。習慣が必ずある。無理に、おばあちゃんっぽい仕草をすると段取りになるから、普段はどういう生活をしているんだろうということを光子として考えて欲しい。自分でプロフィールを作っていく感覚で。

清井咲希(たこやきレインボー)

稽古の序盤は、台詞の一つひとつに対して、木村の提案や投げかけがなされていった。しかし、それを繰り返していくうちに着実に清井の芝居が変わっていく。最初は「次はこういう台詞だからこうやって動こう」という雰囲気だったが、日常におけるごくごく自然な動作に見えるようになった。光子が驚く場面も段取りっぽくなく、実際に驚いている感じに変化した。

明石陸(新人)

また明石にも、化けて出てきた光子に対する亮介の反応などについて、木村は「どう思う?」と質問をする。

木村:高校生の姿だから、亮介はそれが光子だと気づかない。知らない女の子が家の中を歩いている。びっくりするけど、でも女の子だし、何よりかわいい。亮介は気になるよね。だけど、もしそれが190センチくらいで、スキンヘッドの怖そうな男性だったらどうなる? 台本には同じように「近づく」とあっても反応が変わってくる。身の危険を抱きながら逃げるような感じになるはず。でも、このコならもし何かあっても勝てそうだし、かわいいから、じゃあそれをうかがわせる動きになる。

清井咲希(たこやきレインボー)、明石陸(新人)

明石も「確かに自分だったらこういう反応をします」と木村に伝えていく。そうやって丁寧に一つのリアクションを作りあげていく。清井同様、1時間も経つと明石の芝居もガラッと良く見えるようになった。

清井咲希(たこやきレインボー)、明石陸(新人)

稽古を重ねるごとに芝居が進化していく清井、明石だが兵動や吉弥をまじえての稽古でどのような噛み合わせになるか。そこが気になるところ。兵動、吉弥についての印象を伺いながら今後の課題について訊いた。

清井咲希(たこやきレインボー)、明石陸(新人)

清井:兵動さんは、たこ虹のメンバー全員が『すべらない話』の大ファンで、初めてお会いしたときはテンションがあがりましたし、帰ってからもメンバーに「兵動さんと会ってきたで!」と自慢しました(笑)。兵動さんは、そのすべらない話を舞台の中でもどんどん仕掛けてくるので、ちゃんと受けてツッコミをいれないと成立しない。「こういうときはどうしよう」とドキドキしちゃいます。

明石:僕が通う学校でも「兵動と仕事するの?」と羨ましがられましたし、お母さんも「え、あの兵動?」と驚いていました。みんな兵動さんのことを呼び捨てにするんです(笑)。それだけ親しまれている方なんだなって。兵動さんは話の流れに乗ってアドリブを入れてこられるので、そこで台詞が飛んじゃうことがある。気をつけていこうと思います。

清井:吉弥さんは番組でご一緒させていただいたこともありますが、たこ虹のポーズをやってくれたり、すごく優しい印象です。話し方も上品で前作の『本日、家をシェアします』でも佇まい、言葉遣いが本当に美しかった。落語家さんはすごいと思いました。

明石:吉弥さんは気さくに話しかけてくださって、自分の緊張もほぐれました。今回は吉弥さんが演じる林田さんの息子役なので、いろいろとお話をさせていただいて役を作りあげていきたいです。

清井咲希(たこやきレインボー)、明石陸(新人)

光子は各人物の秘密が明かされていく部分でそれぞれに深く関係していき、また亮介の言葉が大人たちの気持ちを揺り動かすなど、清井と明石はルーキーながら重要な役どころを任されている。舞台上でどのような輝きを放つか、とても楽しみだ。

取材・文=田辺ユウキ 撮影=田浦ボン

【関連記事】

おすすめの記事