Yahoo! JAPAN

DJI農業ドローンによる全工程運用で、日本のZ世代が「おいしいお米」優良金賞を獲得

DRONE

DJIドローンを活用する馬田雄大さんが栽培したお米「きぬむすめ」は、昨年の「第17回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」でメジャー部門優良金賞を受賞した

2002年生まれの彼は、鳥取県の新興農家として初めて、稲の播種、肥料散布、病害虫防除の全工程をドローンで管理することに挑戦した。昨年、馬田さんのドローン管理手法は地域の人々に広く認知された。

馬田さんは、鳥取県の鳥取県立農業大学校を卒業後、父親と共に農業に携わってきた。在学中、授業でドローンに触れる機会があり、それから、農業用ドローンによる栽培管理に強い関心を抱くようになった。

父親の世代の伝統的な農業モデルを見て、不安を覚えた馬田さんは、多くの若者のように企業に就職するのではなく、実家の農業を継ぐことを選び、自らの学びをもとに、この状況を変えたいと考えたという。その後、大学卒業後、DJIの農業用ドローンT20を導入した。

馬田さんは、次のようにコメントする。

日本において、農業に対する一般的な印象は、疲れる、大変、儲からないというものです。私はこの否定的な見方を変えたいと思っています。農業用ドローンの簡単かつ効率的な運用は、従来の固定概念を打ち破ることができると思います。

ドローンで米直播と肥料散布を効率的かつ均一に

馬田さんは、成功の秘訣について、昨年DJIのドローンを稲作作業の全工程に使用したことで、薬剤と肥料の量を正確に制御でき、同時に均一かつ効率的な作業が可能になり、これにより、高品質なお米の生産を確保することができたという。

今年4月、馬田さんはDJI Phantom 4シリーズの空撮ドローンと新しい農業ドローンAgras T25(以下、「T25」)を使用して、8ヘクタール分の稲作の全工程作業を実施した。

まず、Phantom 4シリーズの一つP4 Multispectralを使用して自動航空測量とマッピングを行い、空撮写真で構築された圃場の高解像度マップ上でT25用の自動散布航路ミッションを一括編集した。

これにより、2ヘクタールの土地の航空測量が10分で完了しました。馬田さんは「自動運用は効率を向上させるだけでなく、農地における将来の大規模標準生産のニーズにも対応します。」とも語っています。

4月8日、馬田さんが最初に使用したのは、直播用にコーティングされた鉄黒コーティング種子だ。これにより、最低ロット数の制限がなく、自由に品種を選択できるという。

馬田さんは4月22日から24日にかけて、T25を使って肥料の散布作業を行った。これまでは、トラクターを使って基礎的な施肥を行うしか方法がなかったが、この方法は非常に手間がかかり、水稲の後半期には肥料の栄養分が不足する問題が生じた。

T25を使うことで、1回の飛行で20kgの肥料を正確に散布でき、0.1haの範囲をカバーすることが可能になった。これにより、馬田さんは1日で8ヘクタールの畑に簡単に施肥作業を行うことができた。

また、T25ドローンは水稲の成長状況に応じて、随時、追肥作業を行うことができます。可変施肥を併用することで、肥料の節約と収量の増加を実現するという。

4月25日、馬田さんはT25ドローンを使って水稲の直播作業を開始。従来の田植機による田植えに代わり、DJI農業用ドローンT25を使った稲の直播と肥料散布作業を実施した。

馬田さん:従来の田植機を使い続けると、育苗や苗の水管理などの作業が必要で、多額の投資が必要になります。また、田植機で行える作業範囲は非常に限られます。田植機を使って昼夜問わず作業しても、2ヘクタールしか播種できませんが、ドローンを使えば1日で約10ヘクタールの播種が可能です。散在する圃場では、高精度で均一性が保証されたドローンを使用する方が効率的です。

日本の農村部の高齢化危機を緩和し、伝統的な農業に新たな活力を吹き込む

高齢化と人手不足は、日本の農業が直面している大きな課題だ。DJI Agricultureは2016年に日本に進出して以来、日本の農家に先進的なスマート農業サービスを提供し、高齢化問題の解決に貢献してきた。

AGRAS農業ドローン協議会の報告によると、DJIの農業用ドローンは日本市場の農家に広く認知されており、これまでにDJIは日本で延べ3万人のオペレーターを育成してきました。

馬田さん:ドローンの登場により、農業本来のイメージが打ち砕かれました。今後、日本農業の高齢化はますます進むでしょう。ドローンを複数のシナリオに適応させることで、省力化・効率化が可能になります。これが今後のトレンドであり、農業の未来の形だと思います。

DJI

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. メインを注文するとサラダ&ドリンク食べ飲み放題! 神戸ハーバーランドumieに『pizza & vegetable garden cafe DELIRANTE(デリランテ)』がオープン 神戸市

    Kiss PRESS
  2. 「レス離婚」は慰謝料の請求できる? 弁護士に相談したら意外な答えが返ってきた

    コクハク
  3. 一番好きなモーニング娘。のシングルランキング!「ザ☆ピ~ス!」、「恋愛レボリューション21」を抑えて1位に選ばれたのは…

    gooランキング
  4. 寺西優真(坂本流)に告白する国本梨紗(咲)と後藤萌咲 (真紀子)が激突! 『東京ヌードル』第3話が7月28日放送

    WWSチャンネル
  5. 【平屋のルームツアー12選!】坪数別にご紹介

    リブタイムズ
  6. 「ほっともっと」お弁当が何度でもお得に!のり弁が290円ってお得すぎん...?

    東京バーゲンマニア
  7. 《100均》グッズの併用で最強便利に!ファイルボックス活用術【整理収納アドバイザー直伝】

    4yuuu
  8. 「誰も味方になってくれない(泣)」傍若無人な兄嫁の末路

    4yuuu
  9. 【ライブレポート】T-BOLAN、メジャーデビューの7月10日思い出の地・日本青年館で 最初で最後のシングル・ベストツアーファイナル!

    WWSチャンネル
  10. 大人気アニメ『葬送のフリーレン』全28話をイッキ見! 無料一挙放送が2週連続で実施中

    PASH! PLUS