Yahoo! JAPAN

柳川の『うなぎのせいろ蒸し』が手軽なおにぎりに!

おとりよせネット

大人気!うなぎおにぎり食べ比べセット

毎年11月に入ると行くところがあります。それは福岡県柳川市。

柳川と言えば、運河が張り巡らされた町。そして日本を代表する歌人『北原白秋』の生まれた町です。

11月1日~3日、柳川では、その北原白秋の誕生日をお祝いすべく、『白秋祭』が開催されます。一隻に10人以上乗船した 70隻以上の川下りの舟が、柳川の川を3時間かけて下っていく、柳川の最大のイベントです。

その運河の川岸では、柳川のボランティアの方々が、伝統の太鼓や琴、三味線などを披露してくださり、川の終点では、大きな花火が目の前に上がり、屋外版ディ○ニーランドの「イッツ ア スモール○ールド」みたいなんです。

舟に乗りながら、手持ち花火をしたり、12人ほどが乗り合いで乗る舟での3時間。お酒を片手に そこでいろんな方々と知り合えるのも、このイベントの醍醐味のひとつです。

そしてその舟にわたしが必ず持参するのが、柳川名物『うなぎのせいろ蒸し』です。

日本中、水のきれいなところで捕れるうなぎはどこでもおいしいですが、この『せいろ蒸し』という技法で仕上げたうなぎと、味わい深いごはんは、わたしは世界一のうなぎ料理だと思っています。

ところが今年、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、この白秋祭が中止になってしまいました。「11月に『うなぎのせいろ蒸し』を食べられないの?!」というのが、今の正直な気持ちです。

それならば、と、最近お取り寄せしているのが、『大人気!うなぎおにぎり 食べ比べセット』です。

このセットのいいところは、柳川で有名なうなぎのお店2店の商品を食べ比べできること!

うなぎの蒲焼き・白焼で有名なうなぎ職人の『江口商店』と、白秋の生家からほど近い川沿いで絶品せいろ蒸しをいただける『富貴』で作られた2種類のおにぎりです(江口商店のうなぎおにぎり3個と、富貴のうなむすび4個の計7個セット!)。

江口商店のおにぎりは、厳選された国産のお米を使用し 秘伝のタレにまぶされたうなぎが細切れに入っているのが特徴。小骨を気にする小さい子供やお年寄りに配慮された食べやすくなっています。

富貴のおにぎりは、せいろ蒸しにされた味わい深いごはんに、大ぶりのうなぎが側面に付いていて、1つ食べただけで、贅沢感とパワーをいただける食べ応え満点のおにぎりです。

どちらも冷凍で送られてきてレンジで加熱するだけで、本場柳川のせいろ蒸しをいただくことができます。賞味期限も3ヶ月ほどあり、冷凍庫に常備しておきたい一品です!

体力を消耗してしまった時、プチ贅沢したい時に、冷凍庫からひとつ取り出していただけるのがいいですよね。

パッケージも箱入りで、柳川名物『さげもん』の写真があしらわれたラッピング包装なので、手土産やギフトにも最適です。

柳川の絶品『うなぎのせいろ蒸し』を ぜひぜひ手軽に味わってみてください♪

商品名:大人気!うなぎおにぎり食べ比べセット
販売:柳川よかもん館
文:お取り寄せの達人:cacoさん(フードコーディネーター)

【関連記事】

おすすめの記事