Yahoo! JAPAN

堤防ジギングサビキの基本を押さえて実釣! 「実際のところ釣れるの?」を体験してみた!!

WEBマガジン

堤防ジギングサビキの基本を押さえて実釣! 「実際のところ釣れるの?」を体験してみた!!

これまでいろいろと「堤防ジギングサビキ」の面白さやお手軽さについて解説してきた当シリーズ。いかにも「釣れそう!」な釣り方と仕掛ですが、実際のところはやってみないと分からない…。
というワケで今回は、これまで座学として学んできた内容を踏まえ、ハヤブサフィールドスタッフの井上隆史さんとともに実釣!! 夏の走りの堤防を楽しみつつ、どのように釣果までたどり着くのか? そんな模様をレポートいたします!

1.まずはおさらい、ジギングサビキの特長

仕掛とジグがセットになったものがお手軽(1)ジギングとサビキ釣りのアワセ技

「ジギングサビキ」とは、その名の通りルアーフィッシングの「ジギング」と、エサ釣りの「サビキ釣り」を足したような仕掛であり、釣り方なのはご存じの通り。
ジギングはメタルジグ(ジグ)を水中で動かし魚にアピールすることで、遠くの魚を引き寄せてきます。もちろんそのままジグに食いつく魚もいますが、少し食いが渋かったり、ジグのサイズが魚の口に入るサイズではない場合もあるでしょう。そんなときのフォローとして、リーダー部分にあるサビキ(擬似餌)が効果を発揮! ジグに食い切らない魚をサビキ仕掛に食わせてしまおうというワケ。

メタルジグの高アピール&集魚力と、サビキ仕掛のナチュラルで食いつきやすい確実性という、それぞれのいいとこ取りをしたのがジギングサビキなのです。

(2)ターゲットはさまざま
時期や場所を選ばない

ジギングサビキで釣れる魚はさまざまです。ツバスやハマチ、サゴシなどの青物からカマスやアジ、サバなどの小型の回遊魚、そして底に潜むマゴチヒラメ、岩場に潜むカサゴなどいろいろなターゲットが釣れます。そして釣りをする場所に関しても、堤防や磯、砂浜とほぼどこでも…。ということは、「オールシーズン&オールシチュエーション」で楽しめる釣り方というワケです。

ジギングサビキをメインに五目釣りをするもよし。ジギングで好みのターゲットをねらう際の保険として用意しておくもよし。とにかく、比較的汎用な釣り方として安定の釣果が期待できるのは間違いなさそうです。

場合によってはトレブルフックを外すのも、根掛かり回避策として必要

ただし、シンプルにジギングで釣りをするよりは、リーダー部分にハリが付いている(エダスがある)ため、根掛かりしやすいのは事実。海底の根が荒い場所や、岩礁のキワをねらう場合は注意が必要です。

(3)アクションはジギングそのもの

釣る際のアクションですが、いわゆるルアーフィッシングで多用する「ジャーク」「フォール」といったアクションを使います。
キャスト後にジグを動かすことでキラキラと魚にアピール。ワンピッチジャーク(1回のジャークに対してリールのハンドルを1回転)を数回行ったあと、ラインを張ったままフォール(テンションフォール)。そしてまたジャークを繰り返すといった、ジギングでは基本のアクションが主となります。

ほかにも「スローピッチジャーク」や「リフト&フォール」「ただ巻き」など、いろいろなアクション・テクニックがありますが、ジギングとは違いリーダー部分に仕掛がありますので、動かし方としてはややふんわりスローな具合。激しく動かしすぎると仕掛が絡む原因となってしまいます。
また、アクション同様に「海底まで沈めるのか? 中層や表層を探るのか?」はケースバイケース。釣り場の地形やベイトの有無、潮や魚の活性など状況を加味して探り方を模索しましょう。

2.ではトライ!


現場で実際に釣ってみよう

さて、やや前置きが長くなってしまいましたが、ジギングサビキの基本を踏まえつつ実釣の様子をお届けしましょう! 実際のところはどうなのか…? やはり何事もやってみないと分かりませんね。

(1)夏の走り、梅雨明け間近の淡路島

梅雨明け間近、夏空のような入道雲がときおり姿を見せる7月中旬。淡路島のとある堤防を訪れました。以前にくらべると、ショアジギングのユーザーが多くなった昨今、週末は堤防を埋め尽くす釣り人で賑わうメジャースポットです。
当日は平日ということもあり釣り人はまばら。日はすでに昇っているものの、朝の早い時間から現場で竿を出すことにしました。

井上さん情報によると、この堤防の足下には敷石があるものの、少し投げれば全般砂地だそう。悩ましい根掛かりをあまり気にすることなく釣りを楽しめそうです。そこで、セットするメタルジグはお尻のトレブルフックが付いたままでよしとし、遠投して広く探るショアジギングタックルと足下を細かく探るライトタックルの2本を用意してみました。

ショアジギングタックルには、2021年に発売されたジグと仕掛がセットになった「ジギングサビキ 堤防ジギングサビキEX エース搭載セット 2本鈎」の30gを。ライトタックルには、「同 堤防ウルトラライト ジギングサビキセット 2本鈎」の5gを準備し、状況を見ながらジグの重さや種類を変えていきました(2)まずは状況判断から
しっかり探ろう!

まずは井上さん、堤防の先端ではなくやや堤防が曲がった角に場所を構えました。先端には先客が居たのもありますが、長く直線的な堤防のなかで少しでも変化のある場所を選んだという具合。水中の地形やカケアガリなどの変化も重要ですが、まずは目に見える分かりやすい変化からとらえていくのも大切ですね。

目に見える変化は要チェック!

準備ができたらショアジギングタックルを大きく振りかぶってキャスト! できるだけ広く探り、当日の海の状況を探っていくところからスタートです。今のところ、水面にベイトの群れが追われている姿は見当たりません。足下を覗き込めば、スズメダイらしき群れの姿は見えるのですが…。
そんなときの探り方はいたってスタンダード。キャスト後、ジグをしっかり海底まで沈め着底してから3~5回シャクリ、ラインにテンションをかけたままフォール。着底後、再び同じ動作の繰り返しといった具合に、底から中層までをしっかりと仕掛でアピールし探るといった形です。

探り方はまずはスタンダードなワンピッチジャーク&(テンション)フォールで(3)なかなか釣れない…でも諦めずに

広く沖を探りつつ、足下の状況、情報にも注意を払います。場所を移しながら探っていると、先ほどは気がつかなかったイワシ(?)のようなキラキラとしたベイトの姿を見つけることもできました。
そんなときは遠投ではなくちょい投げに切り替えて、しっかりと足下の堤防ギリギリまで誘います。また、そもそもベイトの正体は何なのか…? イワシなのかサバなのかアジなのか…、それらを見極める意味でもライトタックルに持ち替えて、より優しくフンワリとアクションさせてねらってみました。もしかして小型回遊魚であれば、サビキに食いついてくる可能性も高いからです。

足下にはスズメダイの群れがびっしり! ときおりイワシのようなベイトの群れが回ってきました

5gのジグをぶら下げたライトタックルで足下を丁寧に探りました。アクションのテンポを変えたり、キャストする向きや方向(潮上や潮下、沖や足下など)を変えてみたり。しかし、期待するような反応はなく、仕掛を素通りするベイトの小群れ…。なかなか釣果にはつながりません。
井上さんは一度だけツバスらしき姿を確認したとのことで、熱心にねらってみたそうですが、やはり釣果を得ることはできませんでした。次第に日も高くなり、気温も上がってきた午前。やや気が焦ります。

3.時合いは突然やってくる!?

猛暑のなかでの釣りは熱中症に注意!! こまめな水分補給を忘れずに

この日の潮は大潮から3日経つ「中潮」。午前8:30ごろには満潮を迎えて潮の流れが止まってしまいました。一旦小休止です。

(1)干満や潮の動きには敏感に

釣りは小さな「変化」を見逃さないことが釣果アップのコツといわれます。朝一陣取った堤防の角もそうですが、水中の障害物や地形の変化、ベイトの有無などと同様に、「潮の動き」も重要な要素です。満潮から下げ潮に入る、次の潮の動き出しは10:30ごろなので、そこからがまたチャンスとなりそうです。

潮目や潮変わり、地形や障害物など「変化」を見逃さないことが釣果アップのコツ!

10時過ぎ、徐々に目にする機会が増えてきたベイトの群れ。井上さんは先ほど同様にライトタックルで群れをしつこくねらっていました。すると、群れから少し離れたところに着水させ、細かくアクションさせたその仕掛に魚が反応し始めました! チャンス到来です!!
群れが足下を通るたびにタイミングよく群れの進行方向にキャストする井上さん。すると、程なくして待望のヒット! プルプルと竿先を震わせながら魚の生命感を感じつつ、なんとか釣れた小魚の正体は小サバ。しっかりとジギングサビキに食いついてくれていました。

本日初の魚。ベイトの群れの正体は小サバでした~(2)エソ祭り!

ようやく潮が動き出し、状況が変わってきたようです。引き続きサバをねらいながらも、できればほかの魚も釣りたいところ。改めてショアジギングタックルで広範囲を探ることにしました。

すると今度は、砂地を探っていたショアジギングタックルに強いアタリが! 小サバとは違う、やや強い引きに興奮しながら寄せてくると、釣れたのはエソ。着底してから3~5回シャクって沈め、次のシャクリ始めにアタッてきたエソは、まさに砂地という状況にマッチした釣り方と魚。
そのあとも同様の釣り方で、およそ30分の間にコンスタントにエソが釣れ(笑)、まさにエソ祭り! ときにはジグに、ときにはジギングサビキに掛かり、ほどよく楽しめました。

ガッつりアワセて、ジグに食いついてきたエソ

もちろんジギングサビキの方にも掛かってくれました。これはこれで楽しいエソ祭り!(3)小サバが狂喜乱舞!!

エソのアタリは30分ほどでなくなってしまいましたが、続けていると先ほどよりも大きな群れが入ってきました! 潮が動き出すと本当に状況が変わり、堤防も慌ただしくなります。先ほどにも増して小サバの反応も活発に。メタルジグ(ショアジギタックルでもライトタックルでも)のキラメキに反応した小サバは、われ先にとジギングサビキに群がってきます。1尾掛かればそのサビキを奪い合うかのようにもう1尾が別のサビキにも食いついてくれるといった具合。仕掛が絡まないようにラインテンションを保ちつつ、上手く2尾掛けるのがテクニック。熱中しました!

一度サバのテンションが上がって食いつけば、あとはサビキを奪い合って、てんやわんやの大騒ぎに!!

時間が経つにつれて状況が目まぐるしく変わる堤防。竿を出していないとなかなか時合いは読めません。次第に小サバよりもさらに小さなベイトの群れも目にするようになってきました。とはいえ、残念ながら期待の青物の姿やボイルを見つけることはできませんでした。

(4)最後にカサゴも

ほどほどに楽しんだわれわれ。最後に、釣りに行ったら会っておきたいカサゴをねらってみます。釣り方問わず、比較的イージーに釣れるカサゴですが、われわれの堤防の足下ではなぜか釣れず…。せっかくの釣りで見ないのはなんだか寂しいところ。大きなゴロタとテトラが積んである場所に移動しました。

場所移動して早速釣り開始。ライトタックルにセットしたジグを足下の穴に丁寧に入れていきます。しかし予想に反してカサゴからの反応はなし…。ジギングサビキのままでは穴の奥までジグを送り込めていないのでしょうか??
そこでねらうポイントを砂地とゴロタの接しているところ、いわゆるエッジに変更。少し沖目にキャストし、ゴロタのエッジまでアクションさせながら巻いてきます。すると1投目からカンタンに釣れてくれました。顔が見れて嬉しい!

ゴロタのエッジから飛び出してきたカサゴ。顔が見れてよかった~!

障害物のキワや根の荒い場所でのジギングサビキは、根掛かりのリスクが上がってしまいますので注意が必要です。ときにはジギングサビキを外してジグやブラクリで攻めた方が効率がよい場合もあります。適宜、状況や釣りのレベルに応じて使い分け、カサゴやメバル、ソイ、アイナメなど、根に潜む根魚もねらってみましょう!

4.魚に出会うチャンスが多い!


それがジギングサビキ!!

といったところで、ジギングサビキでの実釣は終了。納竿としました。

今回の釣行を改めて振り返ってみると、ジグで釣れた魚はエソのみ。たくさん釣れた小サバはなかなかジグに食いついてくれず、大半がサビキの方に掛かっていました。ということは、ジギングサビキのお陰で好釣果につながったということ。「できればジグに青物やほかの魚種を掛けたい!」「いや、ジグに食いつくことが多い状況もあるはず!」といった思惑やシチュエーションも当然あると思いますが、ジギングサビキをセットしている方がなんだか安心…というのは間違いなさそうです。

ねらうポイントやアクション、変化を見逃さないなど、ジギングサビキの基本を押さえつつ釣れば、魚に出会う機会が多い「堤防ジギングサビキ」。とくに初めて訪れる釣り場では状況を探る意味でも、お土産をゲットする確率を上げるためにも有効です。タックルボックスに入れておけば、多彩な魚種がねらえ、きっと楽しいのでオススメですよ!

使用したタックル

ジギングサビキ タックル(ショアジギングタックル)
ロッド CROSSBEAT SW 967TMH(ダイワ)
リール ULTEGRA4000(シマノ)
ライン PE1.5号
リーダー フロロカーボン30lb

ウルトラライトジギングサビキ タックル(ライトタックル)
ロッド JIGCASTER LIGHTMX 89L(ダイワ)
リール Sephia CL4+ C3000SDH(シマノ)
ライン PE0.6号
リーダー フロロカーボン12lb

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店舗・施設や遊漁船によって営業時間の変更や休業の可能性があります。お出掛けの際には公式HPにてご確認ください。また、事前に地域の情報を確認したうえで釣行の計画、万全の対策、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

The post 堤防ジギングサビキの基本を押さえて実釣!
「実際のところ釣れるの?」を体験してみた!! appeared first on WEBマガジン HEAT.

【関連記事】

おすすめの記事