Yahoo! JAPAN

生田絵梨花、小手伸也を“強めいじり” 「私に会いたいがために用意した場」

フジテレビュー!!

2月28日、映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」の「大ヒット感謝祭〜最初で最後のネタバレOK‼︎子猫’sナイト~」が行われ、小手伸也さん、織田梨沙さん、生田絵梨花さん、田中亮監督が登壇しました。

本作は、公開から45日間(2月27日時点)で観客動員数185万人、興行収入25.5億円を突破。

左から)小手伸也、織田梨沙、生田絵梨花、田中亮監督、関水渚(パネル)

生田の役名を言い間違い「申し訳ありませんでした」

この日、キャストの登壇前にMCに任命された小手さんが1人で登場。「先ほど突然、司会進行を務めることになりました。『五十嵐がやれよ』とドッキリを仕掛けられまして…」と観客に明かし、笑いを誘いました。

小手伸也

キャストがステージに上がると、まずは自己紹介の時間に。小手さんが「初代コンフィガール・モナコ役、織田さんお願いします」と呼びかけると、織田さんは「今日は足を運んでいただきありがとうございます」と挨拶。その途中で急に笑い出す小手さんに、織田さんは「なんで笑うんだよ!」と強めに指摘。すると小手さんは「(スタッフから)カンペで『かたい』って出されて…」と弁明しました。

織田梨沙

続いて「2代目コンフィガール・コックリ役の関水渚さんはお仕事の都合で欠席でございます。今日は等身大パネルでの登壇となっております」と、流暢にアナウンス。

関水渚のパネルと登壇した田中監督

3代目コンフィガールの生田さんについて「れいな役、生田絵梨花さんご挨拶をお願いします」と声をかけると、生田さんから「あっ、麗奈(れな)です。れいなではなく、れなです。大事なところなんで間違えないでもらって」とピシャリ。小手さんは「申し訳ございませんでした」と深く頭を下げました。

生田さんは「前回の舞台挨拶で『小手さんとはお会いすることはないんで』と関係に終止符を打ったんですけど、今日こういう場があるというのは騙された気分です」と、笑いながら説明。

小手さんは「僕が会いたいから、あなたを呼んだと?」と確認すると、生田さんは「はい。私に会いたいがために用意した場だと思うので、勝手に怖いなと思っております(笑)」と、「コンフィデンスマンJP」の現場でおなじみだという“小手さんいじり”を。そんな発言に、小手さんは「被害妄想も甚だしい」と強く否定しました。

生田絵梨花

田中監督が「今日はMCが小手さんということでとんでもなく盛り上がると思います」とハードルを上げると、小手さんは「盛り上げが必要だったら、事前にちゃんと言ってくださいって話ですよ。緊張でいっぱいなんだから、今」と不満を漏らしました。

生田絵梨花、出番のなかったダンスシーンに「結構嫉妬」

イベントでは、ネタバレを含んだトークを展開。生田さんは「和歌山県のポルトヨーロッパで撮影したじゃないですか」と具体的な場所名をバラしながら、「その施設内のカフェで、(長澤)まさみさんが『ドリンクをかけて、(勝者がご馳走する)男気ジャンケンしよう』となって、見事に私が皆さんに奢(おご)ったんですよ」と紹介。

続けて「なかなか先輩方に奢ることってないので、その領収証を今でも財布の中に入れてお守りみたいにしてるんです」と明かしました。そのジャンケンに参加していた小手さんは、「そこまで大切にしてくれてるとは思いませんでしたね」と驚いていました。

織田さんは「社交ダンスとミュージカルシーンの練習がたくさんあって、自分でも『何やってるんだろうな』って思うことがありました。みんな真面目に、部活レベルに練習していて…」と振り返ると、小手さんも「部活でしたね。何回もやって、結構、頑張りましたよね」と同調。

そこに「参加したかった」という生田さんは、「みんな楽しそうに輝いていて、私もステージに立ちたかったなって思いました。私も一応ミュージカル俳優やらせていただいてるので、結構、嫉妬しました。出たかった!」と告白。

田中監督は「生田さんのベリーダンスは、すぐに完璧に習得していて素晴らしかった」と称賛。ステージ上で生田さんが、ベリーダンスの動きを披露するも、「小手さんだけは見ないでください」と警告し、笑いが起こりました。

小手さんが見ていないか気にしながら踊る生田さん

<作品概要>

映画「コンフィデンスマンJP英雄編」は、全国公開中。
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
製作:フジテレビ・東宝・FNS27社
コピーライト:©2022「コンフィデンスマン JP」製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事