Yahoo! JAPAN

自分で出来る「電動リール」メンテナンス術 グリスアップ&サビ取り

TSURINEWS

電動リールのセルフメンテナンス(提供:TSURINEWSライター山本高史)

今回は、「電動リールを自分でメンテナンスして、新品の時に近い状態で使用したい!」というコンセプトの元、各部のグリスアップ作業したので紹介します。

しっかり整備すればまだ現役

電動リールは船上で使用をするので、気を付けていても潮をかぶってしまいます。当然防水ですが、それでも海水がパーツの中に入り潮かみをしてしまうこともあります。

現在私がメインで使用しているのは、シマノ製のフォースマスター3000MK。これは7年ほど前に購入したリールで、今の最新モデルに比べれば性能は劣ります。しかし、しっかり整備すれば、まだまだ十分現役で大物とやり取りできる性能です。

ということで、今回は自分でもできる電動リールのメンテナンスを行ったので、ご紹介します。

愛用のフォースマスター3000MK(提供:TSURINEWSライター山本高史)

電動リールを整備する理由

なぜ買いかえではなくメンテナンスなのか?とお思いの方も多いと思いますが、これは単純に経済的な理由です。なんか貧乏くさいことを言ってるなと思われるかもしれませんが、私は妻子持ちで、来年子供の1人は高校生、もう1人は中学生に進学します。奥さんに「電動リールを買うからお金頂戴」とは、簡単に言い出せない状況なのです。

そこで、自分でできるメンテナンスを考えました。メンテナンスの道具を揃えるのに5千円は使いましたが、十数万円が飛ぶことを考えれば、安いものです。

メンテナンス道具一式

リールメンテナンスの際に注意することは、部品一つ一つが小さいので、無くさないようにすることです。私は専用の小さなちゃぶ台を用意し、作業をしてます。作業環境を整えるのが大前提です。

そして、以下のものをそろえました。

・ロングタイプのプラスドライバー
・ピンセット※手脂の付着予防に
・グリス(シマノ専用)
・平筆※グリスを塗布するのに使用
・ホワイトガソリン※洗油
・脱脂用パーツクリーナー
・エアー缶※電気屋のパソコンコーナーなどにある
・クエン酸ペースト※銅製のパッキンを磨くため

使用した道具類(提供:TSURINEWSライター山本高史)

整備個所と作業工程

電動リールをメンテナンスする時は、まずしっかりと海水や塩を落とし、よく拭いて1日から2日ほど日陰などで乾かします。水滴がない状態から作業を始めるのが好ましいです。

今回行ったメンテナンスでは、よく海水があたる場所のグリスアップとサビ取りをしました。主な作業個所は、

・ウォームシャフト部
・ハンドル&ハンドルノブ
・電源ケーブルの挟み込み部

の3カ所です。

ウォームシャフト

まずは、ウォームシャフト部のグリスアップです。ここは、ラインを巻き取る際、まんべんなく巻き取れるようにするにするレベルワインダーという部品のシャフト部なので、油切れは命取りになります。入念にグリスアップします。

ハンドル&ハンドルノブ

次にハンドル部のグリスアップです。ハンドルのリテーナ部にプラスネジがあるので、これを外します。ネジが取れたらリテーナを外し、ハンドル固定ナットを外します。

そうすると、ハンドルで押し込んでいたスタードラグが浮いてくるので、押さえながら外します。

ハンドル周りを分解(提供:TSURINEWSライター山本高史)

ハンドルとリールが外れたら、海水がよく当たるハンドルをメンテします。

続いて、ハンドルノブ部のメンテです。ハンドルノブを固定しているのは、小さな固定ボルトです。ハンドルキャップを外すと、中に固定ボルトがあり、小さなベアリングと銅パッキンが止められています。初心者は固定ボルトを外さないで、CRCなどのスプレータイプ潤滑剤を使用して汚れを洗い流し注油しておきましょう。

元に戻す時は、この工程の逆作業をしてもらえれば、元通りになります。これでウォームシャフトとハンドル部のメンテは、バッチリだと思います。

電源ケーブルの挟み込み部

そして、最後に電源ケーブルの挟み込み部をチェックしましょう。潮をかぶって高確率で内側に錆が発生しています。錆てしまうと電通しにくくなるので、錆取り剤を塗った綿棒で拭き取り、取り除きましょう。後は、接点復活剤を塗れば完了です。

電源ケーブルの挟み込み部(提供:TSURINEWSライター山本高史)

メンテナンス後

さて、外した部品の復旧作業が終わったら、最後に動作チェックです。電源が入り、各スイッチ類や、メニュースイッチ、0セットボタン、警告音などきちんと聞こえるかまで確認できて、完了となります。

後は、釣り日和に遊漁船を予約して、クラッチ、ドラグ、ハンドル部、巻き上げ操作など、船の上で試上運転です。

メーカーのオーバーホールも活用

高価な電動リールは、なかなか買いかえできないアイテムでもあります。寿命をさらに延ばすためには、オーバーホールをすることでしょう。ただ、モーターのオーバーホールは難しく、私みたいに素人では無理です。やはり最後は、メーカーにオーバーホールをお願いし、寿命を延ばしてもらうしかないと思います。

グリスは専用品を推奨(提供:TSURINEWSライター山本高史)

自己責任でメンテナンス

最後に、自分でメンテナンスができれば、メーカーメンテナンスのように納期までしばらく使えなくなることはありません。また、常に自分の電動リールの状態がわかって使用できるというメリットがあります。

しかし、その一方で調子が悪くなったり、リールを分解した際に、何か部品を壊した、失くしたといったトラブルも自己責任です。このこともしっかり頭に入れて作業しましょう。

<山本高史/TSURINEWSライター>

The post自分で出来る「電動リール」メンテナンス術 グリスアップ&サビ取りfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「届かニャ~イ!」爪とぎポールが使えないと不満を述べる子猫

    ねこちゃんホンポ
  2. <離婚したくなった話>夜泣きに怒鳴る夫がムリ!先輩ママからのアドバイスは【まんが】

    ママスタセレクト
  3. 皮膚がんで頭に穴、週2回の日焼け用ベッドを使用していた36歳女性「私のようにならないで」(英)

    Techinsight
  4. <これは非常識!?>気になって仕方ない!どうしても許せない他人の行動はありますか?

    ママスタセレクト
  5. <義母の不思議>自分の息子に連絡せずに嫁にばかり連絡する義母。逆だったらどう思う?

    ママスタセレクト
  6. <ダメ人間は欠点隠しがうまい?>うちのダメ旦那エピソードを聞いて!ずっと人でなし編

    ママスタセレクト
  7. 猫が持つ細菌「S. felis」によりマウスの皮膚感染症の治療成功!米国カリフォルニア大学研究チームが発表

    ねこちゃんホンポ
  8. 彼氏の浮気に気づいた“意外な発覚ポイント” #2「○○するフリをして…」

    ウレぴあ総研
  9. 実は「小学生から活動していた」意外なジャニーズTOP10

    ランキングー!
  10. 王林が“東京の電車の怖いところ”語る

    ナリナリドットコム