Yahoo! JAPAN

小川菜摘、思い出すと涙が出てくる出来事を告白「覚悟はしていましたが」

Ameba

タレントの小川菜摘が24日に自身のアメブロを更新。思い出すと涙が出てくる出来事を告白した。

21日のブログで、小川は愛犬の写真とともに「キョヌちゃん16歳と5ヶ月で旅立ちました」と愛犬が旅立ったことを報告。「我が家の子になってくれてありがとう たくさんの幸せな時間をありがとう」と愛犬へ感謝を述べ「姿は見えなくてもずっとずっと一緒だからね またいつか会ってお散歩や、美味しいおやつを食べようね」「キョヌちゃん大好きだよ ありがとう」と呼びかけていた。

この日は「このはち切れそうなお腹はリボちゃん」と愛犬のお腹の写真を公開し、「うっすらピンク色で可愛い」とコメント。「去年は、デニーロを亡くし先日はキョヌちゃん」と立て続けに愛犬が旅立ったことについて言及し、「もう老犬だったし覚悟はしていましたがやはり淋しい」と悲痛な胸の内をつづった。

続けて、愛犬について「息子達と一緒に成長し楽しい時間を共有してきた家族」と述べ、「まだ思い出しちゃ涙が溢れます」とコメント。最後に「リボちゃん、トコちゃんの存在に笑顔でいられます」とつづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事