Yahoo! JAPAN

サーフフラットゲームで46cmヒラメ ブレード付きジグにヒット【茨城】

TSURINEWS

サーフでキャッチしたヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版・上谷泰久)

5月10日(月)、ヒラメを狙って茨城県日立市北部にある伊師浜海岸に釣行。早朝の時合いに、ジグヘッドで本命2匹をキャッチしたのでリポートしたい。

伊師浜海岸でヒラメを狙う

夏のヒラメサーフゲームがシーズンイン。5月10日(月)、5時に茨城県日立市北部にある伊師浜海岸にエントリー。

下げ潮が効き始める朝マヅメなのにサーフは貸し切り状態。鹿島灘ではぽつぽつ釣れ始めたと聞くが、こちらではまだ釣れていないのか? 不安のなか歩きながら様子を見る。

当日の状況

同場所は大型連休前に来ていたが、地形は大きく変わっていた。プラグを遠くに投げたが、水深は1mほどと浅い。干潮になれば、ぐっと奥まで歩いて行けそうな感じだ。各所に流れはあるが、それほど強くない感じ。西風なので水は白っぽく濁っている。

当日のポイント(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

しばらく歩くと小河川の流れ込みを境に水の色が濃く澄んだ色になってきた。サラシがあり、南に流れている。この潮へ12gジグヘッドにワームを付けて流してみる。しばらく探ってみたがフグにもかまれない。

次は沖にある潮目にキャスト。サーフで使うジグは、トリプルフックが2個付いた鉄製バイブレーションのジグ版のような巻き重視ものが多いが、こうした流れのなかを狙うときは、沈みの上手なものを使う。

ブレード付きジグでヒット

メタルジグ30gにブレードをつけて、沈みにやわらかさを追加。中層を引いてくると、水深3mくらいありそうだ。ハンドルを20回ほど巻き取ったところでヒット。

手前の流れは速いので流れに乗せながら寄せたいのだが、消波ブロックが邪魔で、強引に寄せないといけない。思いきってゴリゴリ巻いてくるとブロックの隙間からエンガワが見えた。

良型をあげた筆者(提供:週刊つりニュース関東版 上谷泰久)

46cmヒラメをキャッチ

寄せ波に乗せて一気にずり上げたのは46cm。アシストフックがアゴにばっちり掛かっていた。沖のヒラメはこの時期、厚みがなくなって味も落ち気味だが、サーフの個体はこのサイズでも肉厚で脂が乗っている。

このチャンスにもう1尾とキャスト。すると狙い通りにアタって、「同じくらいのサイズか?」と、寄せてくると次第にパワーダウン。ソゲのスレ掛かりだった。これをやさしく波間に戻して終了。

やはり夏シーズンはポイントは遠め。ジグが活躍すると思う。ただ、手前まで巻き取ってきてからも足元のブレイクでシーバスの一発があるのでピックアップまで丁寧に巻き取るのも忘れずに。

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年5月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postサーフフラットゲームで46cmヒラメ ブレード付きジグにヒット【茨城】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事