Yahoo! JAPAN

女子サッカーワールドカップ歴代優勝国となでしこジャパンの成績

SPAIA

2011年女子サッカーワールドカップで優勝したなでしこジャパン,Ⓒゲッティイメージズ

1991年W杯中国大会

女子サッカーのワールドカップは2023年7月10日からオーストラリアとニュージーランドの共催で行われる。日本代表「なでしこジャパン」は2022年1月のワールドカップ予選を兼ねた女子アジアカップでベスト4入りし、出場権を獲得。9大会連続9回目の出場を決めている。

女子サッカーワールドカップは1991年に初開催され、今回が第9回。これまでの歴史を振り返ってみよう。

女子世界選手権として中国で開催された第1回大会に出場した日本は、鈴木保監督の下、野田朱美主将や元なでしこジャパン監督の高倉麻子らがメンバーに名を連ねたが、初戦でブラジルに0-1で敗戦。第2戦は0-8でスウェーデンに完敗し、第3戦もアメリカに完封負けで3戦全敗に終わった。優勝はアメリカだった。

【グループステージ】
日本 0-1 ブラジル
日本 0-8 スウェーデン
日本 0-3 アメリカ

1995年W杯スウェーデン大会

1995年の第2回大会はスウェーデンで開催され、鈴木保監督率いる日本代表として、澤穂希が初めて出場した。開幕戦でドイツに惜敗したが、続くブラジル戦で野田朱美が2ゴールを決め、ワールドカップ初勝利。スウェーデンには敗れたもののベスト8入りした。準々決勝はアメリカに0-4で完敗。優勝は開催国のノルウェーだった。

【グループステージ】
日本 0-1 ドイツ
日本 2-1 ブラジル
日本 0-2 スウェーデン
【準々決勝】
日本 0-4 アメリカ

1999年W杯アメリカ大会

1999年にアメリカで開催された第3回大会から参加国が12から16に拡大。宮内聡監督率いる日本はカナダ戦に大竹七未のゴールで引き分けたものの、ロシアとノルウェーには完敗し、グループステージで敗退した。開催国のアメリカが2度目の頂点に立った。

【グループステージ】
日本 1-1 カナダ
日本 0-5 ロシア
日本 0-4 ノルウェー

2003年W杯アメリカ大会

世界選手権からワールドカップに改称した2003年の第4回大会。日本は上田栄治監督が指揮を執った。初戦のアルゼンチン戦は大谷未央のハットトリックや澤穂希の2ゴールなどで6点を奪う大勝。しかし、ドイツ、カナダに連敗し、グループステージ敗退となった。優勝はドイツだった。

【グループステージ】
日本 6-0 アルゼンチン
日本 0-3 ドイツ
日本 1-3 カナダ

2007年W杯中国大会

2007年の第5回大会は中国で開催され、大橋浩司監督率いる日本は初戦のイングランド戦で宮間あやが2ゴールを決めてドロー。アルゼンチン戦は永里優季のゴールで競り勝ったが、ドイツに敗れて1勝1分け1敗で惜しくもグループステージ敗退となった。優勝はドイツが史上初の連覇を果たした。

【グループステージ】
日本 2-2 イングランド
日本 1-0 アルゼンチン
日本 0-2 ドイツ

2011年W杯ドイツ大会

ドイツで開催された2011年の第6回大会は日本女子サッカーが最も注目される大会となった。佐々木則夫監督率いる日本はニュージーランドとメキシコを下し、イングランドに敗れたものの2勝1敗でグループステージを突破。準々決勝は丸山桂里奈のゴールで3連覇を狙うドイツを粉砕し、準決勝は川澄奈穂美の2発と澤穂希のゴールでスウェーデンを撃破した。

迎えたアメリカとの決勝は今も語り継がれる名勝負だった。69分にモーガンのゴールでアメリカが先制すると81分に宮間あやが同点ゴール。延長に入ってワンバックのゴールで勝ち越され、これまでかと思われた117分、澤穂希が起死回生のゴールを決め再び同点に追いついた。PK戦を制した日本がついに世界の頂点に立った。

澤はMVPと得点王を獲得。日本中に空前の「なでしこフィーバー」が沸き起こった。

【グループステージ】
日本 2-1 ニュージーランド
日本 4-0 メキシコ
日本 0-2 イングランド
【準々決勝】
日本 1-0 ドイツ
【準決勝】
日本 3-1 スウェーデン
【決勝】
日本 2-2 (PK 3-1)アメリカ

2015年W杯カナダ大会

カナダで開催された2015年の第7回大会から参加チームが16から24に増加。前回王者として臨んだ佐々木則夫監督率いる日本は、スイス、カメルーン、エクアドルに3連勝でグループステージを突破した。

オランダ戦は有吉佐織と阪口夢穂の2得点で競り勝ち、準々決勝のオーストラリア戦は岩渕真奈のゴールで1-0、準決勝のイングランド戦も宮間あやのゴールなどで2-1と全勝で決勝にコマを進めた。

しかし、決勝では大儀見優季のゴールなどで2点を奪ったものの前回の雪辱に燃えるアメリカに2-5で敗戦。リベンジを果たしたアメリカが3度目の頂点に立った。

【グループステージ】
日本 1-0 スイス
日本 2-1 カメルーン
日本 1-0 エクアドル
【ラウンド16】
日本 2-1 オランダ
【準々決勝】
日本 1-0 オーストラリア
【準決勝】
日本 2-1 イングランド
【決勝】
日本 2-5 アメリカ

2019年W杯フランス大会

2019年の第8回大会はフランスで開催され、日本は高倉麻子監督が指揮を執った。初戦はアルゼンチンとスコアレスドローだったが、スコットランド戦は岩渕真奈と菅澤優衣香がゴールを決めて2-1で勝利。イングランドには敗れたものの1勝1分1敗でグループステージを通過した。

しかし、ラウンド16では長谷川唯がゴールを決めたもののオランダに敗退。決勝はアメリカがオランダを下し、2大会連続4回目の優勝を果たした。

【グループステージ】
日本 0-0 アルゼンチン
日本 2-1 スコットランド
日本 0-2 イングランド
【ラウンド16】
日本 1-2 オランダ

2023年の第9回大会は出場チーム数が24から32に増加する。日本は2回目の頂点に立てるか。再び女子サッカーが盛り上がるような快進撃が期待される。

【関連記事】
・サッカーワールドカップ歴代優勝国と得点王、決勝スコア、優勝回数ランキング
・サッカー日本代表通算ゴール数ランキング、最強ストライカーは誰だ?
・サッカー日本代表の歴代監督と成績、五輪やW杯を目指した栄光と苦難の歴史

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事