Yahoo! JAPAN

揚げ物を日本で一番食べている「福井」の人々。そこには深いワケがあった

TBS

福井の人々と揚げ物を結ぶ“事情”と“文化”

コロッケ・カツレツ・天ぷらなど、揚げ物の売上げが日本一だという「福井市」(※出典 総務省統計局「家計調査2021」)。地元のスーパーでは毎日約100種類もの揚げ物を販売するほど、需要が高いといいます。

福井で揚げ物が人気なのには、独特の理由があります。
実は、福井市のある福井県は、全国の共働き世帯の割合1位の県でもあります(※出典 総務省統計局「就業構造基本調査」)。そのため、夕飯支度の負担を減らせるようにと、揚げ物を購入する働く主婦も多いとか。

また、数ある総菜の中で、揚げ物が人気なのは福井県民の“県民性”があると考えられています。

禅で有名な「永平寺」がある福井では、昔から精進料理として油揚げやがんもどきなど、油っこいものに慣れ親しんできたそうです。

その事実として、油揚げ・がんもどきの売上げも日本一を誇ります(※出典 総務省統計局「家計調査2021」)。

油ものが好きなのと、お惣菜を買う家庭の事情が相まって、福井市は揚げ物売上げ日本一を実現しているようです。

地元のコンビニは揚げ物特化でガッチリ!

そんな福井の地元にあるコンビニ「オレボステーション」では、他とは違うスタイルで人気を博しているといいます。

開店は、1981年。社長いわく「通常のコンビニとお惣菜店が合体したダイニングコンビニ」とのことで、店内に巨大なお惣菜バイキングコーナーが存在しています。

もちろんメインとなるのは、大量の揚げ物。店内の厨房で作ったお惣菜を求めて、お昼にはお客さんで賑わいます。

現在「オレボステーション」の数は、市内を中心に7店舗ほど。
これはコンビニチェーンとしては最も少ない店舗数(※2022年5月放送時)だそうですが、なんと客単価においては1位(※出典 日経MJ)を記録しているといいます。

その要因として、福井市民に向けて揚げ物に特化していることから、地元のお客さんがそれらをたくさん購入してくれる点があるそう。

少ない店舗数ながら、年間売上は約17億円と絶好調の「オレボステーション」。福井の人々の心をつかんで、今後もますますがっちり伸びていきそうです。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

がっちりマンデー!!

日曜あさ7:30~

番組サイトへ

おすすめの記事