Yahoo! JAPAN

色味を抑えた大人かわいい部屋に! ドライフラワーの飾り方アイデア4選

とりぐら

色味を抑えた大人かわいい部屋に! ドライフラワーの飾り方アイデア4選

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKで一人暮らしをしているchu.uripさん。白をベースに木の素材の家具や雑貨をプラスし、ナチュラルで大人かわいい部屋づくりを楽しんでいます。そんな部屋で目を引くのが、お部屋のあちこちに彩られた可憐なドライフラワーの数々。今回は、生花とはひと味違う魅力のあるドライフラワーを使ったインテリアの楽しみ方をご紹介します。

via

www.instagram.com

15畳の1LDKの一人暮らしをしているchu.uripさんのお部屋の特徴は、たくさんのドライフラワー! スワッグや一輪挿しなど種類も豊富です。今回は"ドライフラワーのある暮らし"を楽しむべく、chu.uripさんのお部屋を参考に飾り方のアイデアをご紹介します。

chu.uripさん15畳、1LDKvia

www.instagram.com

via

www.instagram.com

chu.uripさん元々お部屋のつくりが真っ白だったので、家具や家電類は白を選びました! そこに、ナチュラルな木の素材の家具や雑貨類をプラスして、真っ白すぎない落ち着く暖かみのあるお部屋づくりを意識しました。色味のある小物は置かず、ドライフラワーやお花を差し色として使っています。
via

www.instagram.com

賃貸でも安心なドライフラワーの飾り方

via

www.instagram.com

賃貸物件では、壁や天井に穴を空けるのが不安な人が多いはず。そこで、どんな風に飾ればドライフラワーのある暮らしを楽しめるのか、chu.uripさんのお部屋を参考にチェックしてみましょう!

飾り方1)マスキングテープで貼る

via

www.instagram.com

これが一番簡単、マスキングテープでただ貼るだけです。軽くて、水がいらないドライフラワーだからこそ成せる技ですね。chu.uripさんは、ドライフラワーでつくられた吊るして飾る「フライングリース」をマスキングテープで貼って楽しんでいます。

飾り方2)かごに入れる

via

www.instagram.com

ドライフラワーはかごと相性抜群! かごに詰めるだけで、存在感はありつつも、まるで山で積んだ草花を集めたような可憐さも演出できて、心が癒されそうですね。

飾り方3)突っ張り棒を使う

via

www.instagram.com

chu.uripさんは、「ダイソー」で購入した白い突っ張り棒に麻紐でドライフラワーをくくりつけています。他にも、リボンでつけたり、フックを使ってドライフラワーを挿した真鍮の一輪挿しをぶら下げる方法もあるそう。
さらに、生花をドライにする際にもこの場所が大活躍しているのだとか。殺風景な壁も一気に華やかになります。これなら、壁に穴を空けるのに抵抗がある人でも真似できますね!

ほかには、生花と同じようにフラワーベースに入れてもOK。また、プレートに置くだけでも絵になります。賃貸物件でも工夫しだいで、ドライフラワーのある生活をいろいろ楽しめるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

色味が控えめだからこそ大人っぽく演出できる!

飾り方4)部屋にあるアイテム×ドライフラワー

via

www.instagram.com

chu.uripさんは、お部屋にあるいろいろなアイテムにドライフラワーを組み合わせるのが得意!
たとえば、DIYショップ「ポッチワン」で購入したアンティーク感のある白いラダー(税込2200円)や、木や金属の生活雑貨を扱う「トレモロ」の真鍮でできているタオルハンガー(税込2200円)などにドライフラワーを飾ることで、ショップのコーナーのようなスペースを上手につくっています。

ドライフラワーは生花と比べて色味が抑えられるため、どんな部屋にも馴染みやすいという特色があり、飾り方の幅が広がります◎ パンパスグラスやテールリードなど白だけのドライフラワーを集めれば、豪華な印象に。また大人っぽくなるため、最近人気のシャビーシックな部屋のインテリアアイテムとしてもおすすめです!

まとめ

chu.uripさんは、シンプルな白い部屋を可憐なドライフラワーで彩っていました。ドライフラワーは、生花や観葉植物とはひと味違う落ち着いた雰囲気があり、大人かわいい部屋づくりにぴったりでしたね。ボリュームがあっても重量が軽いという利点があるため、マスキングテープや突っ張り棒で吊るして楽しめるため、賃貸物件でも壁に穴を空けずに取り入れられるのがうれしいポイントです。
また、ドライフラワーを真鍮やアンティーク家具と合わせて、部屋にコーナーをつくるのも楽しみのひとつ。色味が控えめなドライフラワーが多いため、部屋全体の色の統一感を気にせず気軽に取り入れられます。ぜひ暮らしにドライフラワーを取り入れて、ナチュラルでおしゃれな雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょう?
※写真は全てchu.uripさんより提供

【関連記事】

おすすめの記事