Yahoo! JAPAN

<ワンオペ問題>「子連れ禁止」幼稚園の役員、仕事は日曜日。子どもの預け先がない……【後編】まんが

ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト

前回からの続き。運動会の役員になってしまった私。
予行演習などは日曜日に合計3回あります。その3回すべてが、夫の出張とぶつかってしまいました。
しかもルールでは「子連れNG」……5歳の息子をひとりで留守番させるわけにもいかず、預け先もなく、途方にくれています。
まずは夫に事情を話し、仕事の調整をしてもらえないかダメ元で聞いてみます。けれど……。

それならば……と、民間の一時預かり施設を調べてみます。ここなら、日曜日でも預かってもらえそうです。しかし、料金表を見ると……。
「想像していたけれど、高い……日曜日だから割増しで、さらに高い……!」
しかも何回も預けると高額になってしまいます。
両親もしくは義両親に来てもらうことも考えましたが、どちらも新幹線の距離です。みんな高齢ですし、実際問題かなり無理があります。

結論が出せないまま、どんよりとした気持ちで過ごしていた、そんなある日。
近所の公園へ行くと、息子が、歳の近い男の子と意気投合して遊び始めました。私はその男の子のママと話をしました。すると……。

思わず目が潤んでしまいました。気を緩めたら泣いてしまいそうでした。
知り合ったばかりの人にそこまで頼むのは申し訳ない、と思いましたが、ご近所のママさんに預かってもらえるなんて、これ以上頼もしいことはありません。
思い切って、お願いしてみることにしました。

後で話を聞いたところ、このママはお子さんを3人この幼稚園に通わせていて、去年は幼稚園全体の保護者会の副会長をしていて、地域のママからとても信頼されている人でした。
とても話しやすくて気配りのできる人で、私にとってはまさに女神様です……!
こうして私は、運動会の役員として、安心して予行演習などに臨むことができたのです。
偶然の出会いでしたが、こんな素敵な方に助けてもらえて、心から感謝です。
私も今後、困っているママさんに出会ったら迷わず助けよう。このときのご恩を、このママにだけではなく、いろいろな人に返していこう……と思いました。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・おんたま 編集・秋澄乃

【関連記事】

おすすめの記事