Yahoo! JAPAN

犬が飼い主のことを『うざい』と思っている時にする仕草や態度5選

わんちゃんホンポ

犬が飼い主のことを「うざい」と思っている時にする仕草や態度とは?

いつもは「飼い主さん大好き♡」な犬でも、時には「うざいな」「今は構わないでほしいのに…」と思うことはあります。飼い主としては、ちょっぴり悲しいですね。では、犬が飼い主のことを「うざい」と思っている時、どのような仕草や態度を見せるのでしょうか。

1.ぶるぶるっと左右に大きく体を揺らす

飼い主が触ったり、抱きしめたりした後、なぜかぶるぶるっと大きく体を左右に揺らすような仕草を見せることはありませんか。これは犬が不快に感じた時に見せる仕草です。

飼い主が触った後にこの仕草が見られるということは、飼い主にとっては悲しいお知らせとなりますが、触られたことが嫌だったのでしょう。感情としては「うざい」「今は放っておいてくれ」が近いと考えられます。

普段は甘えてきたり触らせてくれるのであれば、単純にその時は1匹でのんびり過ごしたかったのでしょう。しばらくそっと見守ってあげてくださいね。

2.すっと飼い主から離れる

飼い主が近寄ったり触ろうとすると、すっと静かに飼い主の側から立ち去り、離れた場所へと移動する…ちょっぴり素っ気ない態度を見せることはありませんか。

これは「うざいな」「今は自分だけでいたいのに」という意思表示です。飼い主さんが大好きな犬でも、時にはひとりで静かに過ごしたいと思う時間があります。

この時、しつこく愛犬を追いかけてしまったり、「どうしたの?」「遊ぼうよ」と声をかけたりすると、余計にうざがられてしまいます。しつこく追いかけず、愛犬がかまってほしそうに近寄ってくるまで待ちましょう。

3.「ふんっ」と短いため息をつく

愛犬が休んでいる時に、触れたりかまったりすると、時々「ふんっ」と短いため息をつくことはありませんか。犬が短いため息をつく時は、不満を表しています。

この場合は「今はかまってほしくないんだよね」「ちょっとしつこいな」といった心理状態だと推測できます。少し鬱陶しそうに短いため息をつかれた時は、寂しいですが静かにその場を離れましょう。

4.大きなあくびをする

飼い主が触れたり抱きしめたり、かまったりしている時に、なぜか大きなあくびをして見せることはありませんか。「眠いのかな?」と思ってしまうこの仕草は、犬にとってのストレスサインです。

「なんだか嫌だな」「落ち着かないな」という時に見せることが多く、中にはあえて相手にあくびをして見せることで、自分の意思を伝えようとしていることもあります。

つまり、飼い主が触った時に大きなあくびをしている場合は、「今は触ってほしくない」「そっとしておいてほしいな」という意思表示なので「また後でね」など声をかけて、しばらくそっとしておいてあげましょう。

5.突然別のものに興味を持ち始める

飼い主が「一緒に遊ぼう!」と誘ったり、スキンシップを取ろうと愛犬のそばに近寄ったりした際、今の今までぼーっと座り込んでいたのに、なぜか突然別のおもちゃや床に興味を示し出すことはありませんか。

「今までぼーっとしてたじゃない…」と思ってしまうこの態度は、別の物に興味があるふりをすることで、「今はかまってくれなくても大丈夫です」とやんわりとお断りしている状態です。

内心、少しだけ「うざい」と思われてしまっている可能性があるので、これ以上うざがられないためにも、愛犬の本音を察知して身を引きましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回紹介したような仕草や態度が見られた時は、「うざい」と思われていたり「静かに過ごしたい」と意思表示していることが多いです。飼い主は愛犬の気持ちを察知して、しばらくそっと遠くから見守ってあげてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事