Yahoo! JAPAN

犬に食べさせるのが絶対NGな『冬の食材』5選

わんちゃんホンポ

犬に食べさせるのが絶対NGな『冬の食材』5選

冬になると、鍋食材や海鮮料理、そしてお正月やクリスマスにぴったりの料理など、美味しい食材が多く出回ります。しかし、そんな美味しい食材の中には、犬に与えてしまうと危険な症状を引き起こす恐れのある食材が含まれています。

ここでは犬に食べさせるのが絶対NGな冬の食材について紹介します。

1.ネギ

鍋料理などでよく使われるネギは、11月〜2月頃が旬の時期とされています。冬が美味しい時期となりますが、ネギには「有機チオ硫酸化合物」といわれる成分が含まれています。

これは人間には問題にならない成分ですが、犬が摂取してしまうと赤血球が破壊されてしまい、中毒症状を引き起こすと言われています。

赤血球が破壊されてしまうと、主に貧血症状や血尿などの症状を引き起こし最悪の場合、摂取した量によっては死に至る危険性があります。長ネギはもちろん、ネギ類に含まれる他の野菜も与えないようにしましょう。

2.刺身

一見、刺身は魚なので犬が食べても大丈夫と思われがちです。しかし、現在家庭犬として飼育されている犬たちは、生魚に対して耐性を持っていないため、生の魚を与えてしまうと食中毒症状を引き起こす危険性があります。

「絶対に食べてはいけない」と強く警告されることは少ないですが、生魚を食べることでチアミナーゼ摂取によるビタミンB1欠乏症や、ヒスタミン摂取によるヒスタミン中毒症状などを引き起こす恐れがあります。

また、犬によって生魚でアレルギー症状を引き起こす犬もいるため、誤って食べてしまった際は、これらの症状が現れないか摂取から1日ほどは様子をみてください。

魚は必ず火を通してあげるようにしましょう。

3.生のカニやエビなどの甲殻類

年末年始の豪華な料理といえば、やはりカニやエビといった甲殻類ではないでしょうか。わざわざ取り寄せて楽しみにしている人も多いでしょう。しかし、生のカニやエビは犬に有毒です。

特に、生のカニには「アノイリナーゼ」と呼ばれる成分が含まれており、このアノイリナーゼは、ビタミンB1欠乏症を引き起こします。ビタミンB1が分解されすぎてしまうと、疲労感やむくみといった症状から歩行障害や筋力低下といった思い症状を引き起こす恐れもあります。

これらの症状が進行してしまうと最悪の場合、死に至る危険性も懸念されるため、犬に生のカニやエビは与えないようにしましょう。

4.生のイカやタコ

生のイカやタコも同様に、チアミナーゼ摂取によるビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあります。ビタミンB1欠乏症による主な症状は、上記で紹介した生のカニを摂取してしまった時と同じです。

また、生のイカやタコは噛み切りにくく、犬にとっては消化しにくいという欠点もあります。イカを加工して作られたスルメは、飲み込んでしまうと胃の中で消化できず膨張し、胃や腸を詰まらせてしまう危険性もあるのです。

5.お餅

お正月の定番食材といえば、やはりお餅ですよね。さまざまな味付けが楽しめるお餅を愛犬と一緒に楽しみたいと思う飼い主は多いでしょう。

しかし、人間でも消化しにくく喉に詰まらせる事故を多発してしまうお餅は、犬にとっても消化しにくい食材の代表的存在です。胃の中で消化できないだけでなく、飲み込む際に喉に詰まらせてしまう恐れもあります。

そもそも犬は物をよく噛んで食べるという習性がないため、基本的には口に入れた物をそのまま飲み込んでいます。お餅を飲み込んでしまったら…想像に難くありません。お餅を与えることはやめましょう。

まとめ

いかがでしたか。冬は美味しい食材がたくさんありますが、中には犬に中毒症状を引き起こしたり、窒息してしまう危険性が高かったりと危険な食材も多いです。

犬と一緒に食事を楽しみたいという場合は、犬に与えても問題ないか確かめてから与えましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事