Yahoo! JAPAN

『ナマズゲーム』が大人気 春と秋はどちらが釣りやすいシーズン?

TSURINEWS

ルアーで釣ったナマズ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

大流行を起こしたナマズのトップゲーム!釣り人の心を鷲掴みにしたルアーゲームですが、春と秋ではどちらが釣れるのでしょうか?それぞれの特徴を整理、分析してみました。

ナマズゲームとは

まずは基本的なナマズゲームをおさらいしておきます。

どんなルアーを使うの?

基本的にはトップゲームが主体のため、ジッターバグなどのノイジー系を使用することが一般的です。しかし、ミノーやワーム、スピナベなどにも反応すため、狙い方は様々です。

代表的なルアー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

狙いのポイントは?

狙いのポイントとしては小規模河川や水路などで、水深は10cm~1mまでと幅広く生息しています。田んぼの脇のホソなどにも生息しているため、どこでも生息している魚であると言えます。コイとも一緒にいることがあるので、コイのいる川をマークするのも戦略的です。

小規模河川や水路がポイント(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

アクション方法は?

ノイジールアーを使用する場合は、基本的にキャストしてタダ巻きでOK!タダ巻きでルアーがオートマチックにアクションしてくれるので簡単です!トレースコースは水路のサイドやオーバーハング、流れ込みなどを狙うためキャストスキルは必要になります。

バイトの出方は?

ノイジーをトレースしていて、ルアーの後方がモワモワとしたらチェイスです!チェイスがあったと気づいたらすぐにバイトが出ることが多いので身構えてください!「バフっ・バフっ」とナマズが水面直下でバイトをしてきます。

しかしナマズは目が悪い魚として有名なので、ルアーとは見当違いなところにバイトをしていることも多々あるので、バイトが噛み合わない場合はリトリーブスピードを弱めたりしてナマズにバイトしてもらえるように工夫してみてください。

春ナマズ攻略

ナマズの産卵期は初夏くらいだと言われており、産卵に備えて春から荒食いを始めるナマズを狙います。

キャッチした春ナマズ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

狙う時期

時期としては3月~6月くらいが狙うシーズンで、3月、4月は気温が安定しておらず日ムラがありますが、5月のGWあたりの気温の安定と田植えシーズンが重なるとイージーに釣れやすくなる印象です。

バイトの出やすい場所

イージーゲームで決め打ちする場合は小規模河川の流れ込み絡みが存在しているポイントです。例えば、本流の水はクリアだけど流れ込みはコーヒー牛乳カラーの水が流れているポイントは、田んぼなどから水が流れている場合があり、エサを求めて遡上してくるアクティブなナマズが待機している場合があります。

もちろん、普通の流れ込みでもアクティブな個体はエサを待ち構える傾向があるのでトレースする価値アリです!

雨のホソ狙い(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

また大雨が降って激流になると流れが弱いホソと呼ばれる水路に身を隠している場合があるのでチェックします。

秋ナマズ攻略

秋ナマズは冬の越冬シーズンに備えて、再びエサの荒食いが始める時期です。春に比べて狙うアングラーは減るためプレッシャーは少なくなり、先行者もいないことが多いので釣りに行きやすくなる時期です。

狙う時期

9月中盤~10月終わりまでを狙うことが多いです。10月くらいになると涼しい日も出てきて水温が下がるためレンジが低下したりする場合もあります。

バイトの出やすい場所

水温が安定していれば春と狙う場所はかわりませんが、雨で水温が下がったり、活性が低い場合は流れ込み周りのボトムやブレイクラインをスピナベなどで狙うこともあります。

スピナベでレンジを落として釣るときも(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

春と秋どちらが釣れる?

さてさて、結局のところ春と秋、どちらが釣れるかというと、持論ですが釣果を軸として安定的な釣果を出すならば「春ナマズ」の方が釣れるように個人的には思います。特に水温安定と田植え時期が重なると春爆と言ってもいいほどのバイト数があるときにも遭遇できます。

秋は先行者が少ないことでプランを立てて釣りがしやすく、トップ以外のルアーのアプローチもいろいろと考えられるので、ゲーム性はとても高いと思います。

安定釣果は春?(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ぜひ一度ナマズゲームに挑戦してみてください。

<杉浦永/TSURINEWSライター>

The post『ナマズゲーム』が大人気 春と秋はどちらが釣りやすいシーズン?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事