Yahoo! JAPAN

もちもち触感で話題沸騰!『生クリーム食パン』って自宅でも作れるの?

オリーブオイルをひとまわし

もちもち触感で話題沸騰!『生クリーム食パン』って自宅でも作れるの?

朝食や軽めのランチなどとして毎日口にする人も多い食パン。一言に食パンといってもさまざまな種類があるが、しっとりふわふわの食感が人気の生クリーム食パンは、毎日の食卓をさらにグレードアップしてくれる美味しさがある。生クリーム食パンのおすすめの食べ方やアレンジ方法、ホームベーカリーでの簡単な作り方を見ていこう。

1. 生クリーム食パンのおすすめの食べ方は?

生クリームならではの風味としっとりとした食感が特徴の生クリーム食パン。ふつうの食パンとは食感も味わいも異なるので、食べ方に迷ってしまうこともあるだろう。もちろん好きな食べ方で食べるのが一番だが、おすすめの食べ方も存在する。

最初はそのままで

店で生クリーム食パンを購入した場合も、自分で手作りした場合も、やはり最初は、何もつけずにそのまま食べてみてほしい。ジャムで甘みを足したり、トースターで焼いたりしていない生クリーム食パンを一口食べると、生クリームのコクと風味に加えて、しっとりふわふわの食感を存分に味わうことができる。これらは生クリーム食パン本来の味と食感なので、最初の食べ方としてぜひともおすすめしたい。食パンをちぎる手が止まらなくなってしまうほどの美味しさだ。

トーストしても美味しい

そのままの生クリーム食パンの味を存分に堪能したあとは、トーストして食べるのがおすすめ。なめらかだったパンの表面はザクッと香ばしくなり、ふわふわでもちもちとした中のパン生地(クラム)とのコラボレーションがなんともたまらない美味しさ。焼いた食パンにはバターやジャムをトッピングしたいところだが、まずは焼いただけで何もつけていないものを味わってみてほしい。なかには、生で食べた生クリーム食パンと同じものとは思えないほど味わいが変わるものもあるので、そのままのものと焼いたものの両方を準備して食べ比べしてみても楽しいかもしれない。

2. 生クリーム食パンのアレンジを紹介

生クリーム食パンは、そのまま食べるだけでなくいろいろなアレンジをして食べるのもおすすめ。シンプルな味に飽きてきたときや、変わった食べ方に挑戦してみたいときにはぜひ試してみてほしい。

フルーツサンド

ふわふわでもっちりとした生クリーム食パンは、フルーツサンドにもぴったり。ふつうの食パンよりも柔らかいので、中に挟まれているフルーツや生クリームとの一体感もバツグンだ。さらには生クリーム食パン自体にも甘みがあるため、味の面からいってもフルーツや生クリームと相性がいい。甘いもので元気をチャージしたい日の朝食として、またはほっと一息つきたい3時のおやつとして作ってみてはいかがだろうか。

フレンチトースト

ふつうの食パンで作っても十分美味しいフレンチトーストだが、甘みと口溶けのよさが特徴の生クリーム食パンで作ったフレンチトーストはさらなる美味しさ。生クリーム食パンはきめが細かいので、卵液もしっかりしみ込みやすい。バターを溶かしたフライパンに卵液のしみ込んだ生クリーム食パンを焼いて、メープルシロップやはちみつをかけて食べると、最近の悩みもどうでもよくなるほどの幸福感を抱けるはず。厚切りの生クリーム食パンを使って、豪華な見た目のフレンチトーストを作るのもおすすめだ。休日の朝に作って家族にふるまうのもいいかもしれない。

和風トースト

少々意外かもしれないが、生クリーム食パンはスイーツ系のトッピングだけでなくおかず系のトッピングとも相性がいい。きんぴらごぼうや海苔の佃煮、納豆などといったごはんのおともをのせると、生クリーム食パンの甘みとおかずの塩気でどんどん食べたくなる甘じょっぱい和風トーストができあがる。和風トーストなので味噌汁との相性もよい。朝食の味噌汁と一緒に、違和感なく食べられる食パンのアレンジを探している人にはぜひおすすめしたい。

3. ホームベーカリーで生クリーム食パンを作る

味や食感のクオリティーから、とてもプロのパン職人にしか作れないようなイメージのある生クリーム食パンだが、実は家でも作ることができる。もちろん手ごねでも作ることはできるが、材料を入れただけで焼成まで行ってくれるホームベーカリーで作るのが一番簡単だ。ホームベーカリーでの作り方は以下のとおりだ。

作り方

材料は、水、生クリーム(動物性)、強力粉、砂糖、塩、無塩バター、インスタントドライイースト。もう少ししっとり感がほしい場合ははちみつを足してもいいが、1歳未満の子どもに食べさせるのであれば入れないようにしよう。作り方は、これらの材料をパンの羽根をつけたパンケースに入れて、食パンのコースで焼き上げるだけ。焼き上がったら、パンケースから食パンを出して粗熱を取る。ホームベーカリーのなかにイーストを個別に入れる場所がある場合は、その場所にイーストを入れよう。焼きたての食パンを朝食べられるようにしたいとタイマー予約を考えている人もいるかもしれないが、生クリームが傷んでしまう可能性もあるので、予約設定は厳禁である。近くのスーパーで揃えられる材料を使って作っても十分美味しいが、もっと美味しい生クリーム食パンを追求したい人は強力粉の種類にもこだわってみるといいだろう。材料さえ揃えればとにかく簡単なので、何回も作って自分や家族好みの生クリーム食パンを作ってほしい。

結論

生クリーム食パンは、しっとりふわふわとした食感と生クリームの風味や甘さが人気の食パンだ。最初はそのまま食べることをおすすめするが、フルーツサンドやフレンチトースト、和風トーストにしても美味しく食べられる。店で購入するだけでなく、ホームベーカリーでも簡単に作れるので、家で作って焼きたての生クリーム食パンを味わってみてはいかがだろうか。

投稿者:笠原花萌
監修者:管理栄養士 小林里穂

【関連記事】

おすすめの記事