Yahoo! JAPAN

AKB48[ライブレポート]華麗なパフォーマンスで魅せた新チームA<重力シンパシー>公演 初日公演

Pop’n’Roll

©AKB48

AKB48が、本日5月11日(水)にAKB48劇場にて、向井地美音がキャプテンを務める新チームA<重力シンパシー>公演の初日公演を開催。

<重力シンパシー>公演は、2012年に前田敦子・大島優子・柏木由紀ら16名で結成されたユニット「チームサプライズ」のオリジナル楽曲で構成された公演であり、実際に劇場公演として行なうのは向井地チームAが初となる。

4月3日(日)に開催したAKB48のライブイベントにて新チームの公演名が発表された際に“(チームサプライズのように)華やかなメンバーで華やかな公演を作っていきたい”と意気込みを話していた向井地。その言葉のとおり、キャプテンの向井地をはじめ、5月18日(水)発売の新曲「元カレです」でセンターを務める本田仁美など、8名が華麗なパフォーマンスで魅せた。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

4月19日(火)から始動したAKB48新チーム体制。倉野尾チーム4<サムネイル>公演、田口チームK<逆上がり>公演、浅井チームB<アイドルの夜明け>公演に続き、AKB48グループ総監督でもある向井地美音がキャプテンを務める新チームA<重力シンパシー>公演が、本日初日を迎えた。

向井地チームA<重力シンパシー>公演は、「女神はどこで微笑む?」で幕開け。イントロの音に合わせてメンバーのシルエットが浮かび上がるという向井地こだわりの演出で登場し、場内の熱気を一気に高める。

公演のタイトルにもなっている「重力シンパシー」など2曲を披露してオープニングを飾ると、向井地は“今日がキャプテンデビューの日になるので、ドキドキしています! 今のチームAで公演の1曲1曲に色をつけていきたいと思ったので、この公演を選びました”と挨拶。千葉恵里は“1番若いので、大人っぽさも出しつつ、このツインテールを振り回してフレッシュさも出していきたいです”と気合十分に語った。

続くパートでは、6曲のユニット曲をパフォーマンス。向井地・千葉・込山・福岡による「水曜日のアリス』ではキュートな歌声と振り付けで、絵本のような世界観を見事に表現した。デニム生地が特徴的な新衣装をまとって登場した大竹ひとみ・中⻄智代梨・本田仁美は「そのままで」を歌唱し、可憐な歌声と圧巻のダンスでファンの心を鷲掴みにした。

MCでは、レッスン中にメンバーのダンスを細かくチェックしてくれることから“本田警察”と呼ばれている本田について、込山が“指摘される前に自己申告してる”と明かすと、本田は“みんな意識が高い”と笑顔でコメント。大竹も“ひぃちゃんのおかげでフリが揃っているし、1番後輩の私も意見が言いやすい”と感謝するなど、終始和やかなトークでファンの笑いを誘った。

終盤には「1994年の雷鳴」を力強くパフォーマンス。「涙に沈む太陽」では椅子とステッキを使った妖艶なダンスでステージを彩った。そして、可愛いポップな雰囲気の「素敵な三角関係」と、まったく雰囲気の異なる3曲を畳みかけると場内の熱気も最高潮に。最後は全員で「デッサン」をしっとりと歌い上げ、全13曲の本編をあっという間に駆け抜けた。

アンコールが開けると「AKBフェスティバル」でファンと一緒に大盛り上がりに。弾ける笑顔で会場を1つにした。

勢いそのままに疾走感溢れるナンバー「キミが思ってるより...」を投下し、最後まで熱のこもった全力パフォーマンスを届けた。

ラストを飾ったのは「旅立ちのとき」。向井地は“新チームの中で1番最後に初日公演を迎えたのですが、こうして8人で初日公演を終えることができて安心しています。これからもAKB48と向井地チームAの応援をよろしくお願いします!”と挨拶し、多彩なパフォーマンスで魅せた向井地チームAの初日公演は幕を閉じた。

コメント

AKB48 新チームA キャプテン 向井地美音:
<重力シンパシー>公演という、今まで劇場ではやったことのない公演を形にすることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。先輩たちの色がすでについている公演ではなく、マイナーな曲もたくさんあるこの公演を私たちが初めてやっていくことで、向井地チームAの色をつけていきたいと思っていますし、その想いが伝わっていたら嬉しいなと思います。チームメンバーを初めて見た時に“あ、華があるな”と思ったので、1人ひとりが持っている華を楽曲に活かしていきたいですし、中だるみしないようなセットリストや演出も考えました。柏木由紀さんがプロデュースしていた<僕の夏が始まる>公演で、村山彩希ちゃんと岡田奈々ちゃんの“ゆうなぁ”コンビでやっていた「女神はどこで微笑む?」がすごくカッコよくて、イントロの音に合わせて照明がついて、シルエットで登場する感じとかを公演の1曲目でやったらすごく盛り上がれるんじゃないかと思って、実は私が(その演出を)提案させていただきました(笑)。フリを揃えたりとか、“パフォーマンスをよくしていく”ということに集中して頑張れるメンバーが揃っているので、“チームAの公演が1番クオリティが高い”と言っていただけるようにしたいです。歴代のチームAは1人ひとりが強いからこそ、個人主義のようなイメージがあったと思うのですが、過去最高に団結力のあるチームAを見せていきたいと思います!

AKB48 新チームA 本田仁美:
リハーサルとか準備期間は⻑かったんですけど、いざ本番を迎えるとあっという間だったなと感じます。みんなで時間をかけて準備してきて、この準備期間の中で仲も深まったなと思います。“よい公演にしよう”という想いがみんなにあったので、このチームはもっともっと成⻑していけるなと思いましたし、私自身もブラッシュアップして、さらによい公演を作っていきたいです。私の衣装は韓国風になっていたりとか、1人ひとりのイメージに合わせた新衣装も用意していただいたので、衣装の特徴とかも活かせるようなパフォーマンスをお見せしたいです。

【関連記事】

おすすめの記事