Yahoo! JAPAN

【インタビュー】現役小学生が「人生のお悩み」を解決!インスタで人気「さよたんてい」の素顔

ウレぴあ総研

さよたんていのおなやみ相談室

気になっていることや、悩んでいることを誰かに相談したい……そんなときに、相談依頼をすると気まぐれで解決してくれるインスタグラムの人気アカウントがあります。その名も「さよふしぎたんていしゃ」。

可愛らしいネーミングの探偵社ですが、なんと関西在住、11歳の現役小学生「さよたんてい」が依頼を解決してくれるんです!

子育てや恋愛、人間関係などの大人っぽいお悩みにも、具体的かつハッとさせられる回答をしたかと思えば、「痩せたいです」という相談には「痩せてください」とストレートに回答することもあり、「本当に小学生なの!?」と思うようなユニークな依頼解決が話題を呼んで、このたび書籍化。

今までの依頼解決を厳選してまとめた「さよたんていの おなやみ相談室」が発売されました。

そこで、「さよふしぎたんていしゃ」設立のきっかけや、さよたんていの素顔、そして依頼解決の裏側など……気になることを、さよたんていのお母さんにインタビューしました!

11歳の小学生探偵が依頼を解決!「さよふしぎたんていしゃ」とは

――まず、さよさんが探偵を始めたきっかけから教えてください。

さよたんていの母:ある日、「さよふしぎたんていしゃ どんなおなやみもかいけつされます」という張り紙を部屋に貼り出して、急に始めたんです。「おしりたんてい」の本を読んで、探偵って楽しそうと思ったみたいで(笑)。

すごく好きで憧れて、真似して自分も「さよたんてい」って名乗り始めたんだと思います。

――そうだったんですね。最初の頃はどういう依頼がありましたか?

さよたんていの母:最初は私しか依頼主がいなかったので、「今日の晩ご飯の献立は何がいいですか」とか「週末はどこに遊びに行きますか」とか、世間話みたいなことを紙に書いて本人に渡していました。

それに答えを書いて返してくるっていう、母子の往復書簡みたいな感じで。

毎日のように「何か依頼ない?」と聞かれていましたが、そんなにポンポン思いつかないじゃないですか。それで寝る前に「あー今日も依頼こなかった、つまんない!」なんて言われるんです。

正直めんどくさいなと思っていたんですが(笑)、それをたまたま友人に世間話で話したら、面白がってくれて、周囲に聞いて依頼をいくっか集めてくれたんです。

メールで来た依頼を紙に書いて本人に渡して、本人が書いた回答を戻したら、その回答内容が面白かったみたいで。その友人は雑貨屋さんをやっているんですけど、「お店に来るお客さんに依頼を募ってもいいかも」って。

――そのあとにインスタグラムを開設したんですか?

さよたんていの母:そうです。個人的なインスタに、遊びの一環でこういうことをやっています、と書いていたんですが、「面白いからちゃんとした専用のアカウントを作ってみたら」と言われて。

そのときすでに何十件か解決した依頼があったので、なら作ってみようかなと。

――そうして書籍化に至るほどの人気アカウントに成長したわけですね。さよさんは、ひとつの依頼に対してどのくらい時間をかけて解決しているんでしょうか。

さよたんていの母:最近は特に時間がかかりますね。8歳から始めたんですけど、当初は渡したその場で書き始めるような感じだったんです。

依頼者も私が知っている人だったので、「こういう人なんだよ」という部分もお話できるし、気軽に答えられたのかなと。

今はまったく知らない方からの依頼をいただくので、難しいんだと思います。私のほうで先に依頼内容を全部見て、これくらいなら回答できるかもしれないというものを印刷して本人に渡して、その中で本人が選んで答えています。

――悩みを解決するにあたって、何か自分なりに調べたりなどしているんでしょうか。

さよたんていの母:特に何か調べるということはないのですが、依頼の内容がハードルの高いものになってきて、大人っぽい依頼が多くなってきたので、依頼文の中に難しい言葉が多くなってきたんですね。

漢字が読めないとか、単語の意味がわからないときは、「これ何?」と聞かれることはあります。ただ、なるべく先入観を持たせる方向に行かないような感じで説明できるように心がけています。

以前いただいた悩みで「ダンディー」だったか、子供が聞いてもピンとこないような単語があって、私もうまく説明ができなくて。

調べたときに、ヒゲをはやした男性がワイングラスを持っているようなイラストがあったんです。「こんな感じ」とそれを見せたら、依頼書の左上のイラストを描くところに、見たまま描いていたことがあって、やっぱり先入観を持たせたらいけないんだなと思ったので。

――調査報告書のイラストと言えば、回答と一緒にここのイラストと一言をチェックするのも楽しみだったりします。

さよたんていの母:もともと遊びで私がエクセルでフォーマットを作ったときに、本来であれば探偵事務所の社判みたいなものや「解決済み」のスタンプを押すと面白いかなと思っていたんですね。

ただ、実際にはそういうものはなかったので、「何かイラストを描いてみたら」と言ったんです。本人がネコ好きなので、一番最初に描いたのがネコでした。

コメントも、最初は「ありがとニャー」とか感謝の気持ちだったんですけど、そこにもう一言二言入れるようになって、文字とイラストで完結するような形になりました。

――書籍では「逆依頼」としてさよさんからお母様や周囲の大人たちに相談依頼がありましたが、自分が探偵になってみていかがでしたか?

さよたんていの母:けっこう難しかったですね。大人だったら、こういう回答をしたらこう思われるかなとか、こういう回答をしたほうが世間的にいいのかなとか、余計なことを考えてしまいがちなんだなと、回答する側になって思いました。

娘からの依頼なので日和って回答しなきゃということはなかったですけど(笑)、これが本当に知らない人からの依頼だったら、もっと悩んでしまうかなって。悩み相談は本当に大変だと思いました。

さよたんていはどんな子ども?たんてい以外の素顔

――さよたんてい小学生とは思えない視点からの回答をしますが、昔から探偵の片りんはありましたか?

さよたんていの母:なかったと思います。そんな理屈っぽい子でもないし、どちらかというと恥ずかしがり屋で内弁慶。家の中では天真爛漫なんですけど、あまり外ではそういうところを見せません。

初めて行くところが苦手で、なじむのに時間がかかるタイプです。

滑り台を滑りたいんだけど怖いから先に私に滑らせるとか、なんでも「先にお母さんやって」という感じの子どもだったので……探偵業を自分でやろうと決めて始めるとか、ああいう回答をするということは意外でした。

ただ、なんでも紙に書いて貼り出すことは好きだったんです。何か知らないけど表彰状を作ってもらったりとか(笑)。なので、探偵を始めて依頼を募集するときに紙に書いて貼り出したところが、らしいなと思います。

――書籍のあとがきでは、ひとり遊びの中に空想のお友達が登場すると書いてありましたね。想像力が豊かな子だったんでしょうか?

さよたんていの母:そうですね。わりと小さい頃から絵本の読み聞かせをするとそのまま耳で覚えてすぐ口で言えるようなタイプで、絵本が好きな子どもでした。

――そういうところが、依頼者の気持ちにスッと入り込めるようなところにつながるのかもしれませんね。

さよたんていの母:4歳くらいで、ひらがながまだ読めないときに電車に乗っていてびっくりしたことがあります。

出かけると、必ず行き先を聞かれるんですね。そのときも電車に乗る前にどこで降りるのか聞かれて、言ってもわからないだろうと思いつつ「〇〇駅だよ」と答えたんです。

そして会話しながら電車に乗っていたら、降りる駅の一個手前で「次だね」って急に言われて。

「なんでわかったの」と聞いたら、会話しながらアナウンスをずっと聞いていたみたいで、心の中でひと駅ずつ数えていたっていうんです。会話しながら違う別のことを想像したり考えたりできる子なんだなというのはそのときも思いましたね。

――そんなさよさんを育てる上で、心がけてきたことはありますか?

さよたんていの母:自分の考えを自分でちゃんと言ってもらうようにしています。何かあったときに、先に「お母さんこうしたいんだけど」ではなくて、「どう思う?」と聞くようにしていますね。なるべく娘の意思を尊重できるようにはしています。

――素敵ですね。

さよたんていの母:聞かないと言わないタイプだからというのもあります。優しいので、遠慮をしちゃうというか「(話さなくても)まあいいか」となっちゃうので、なるべく聞くようにしています。

――今、何か言いたそうだな~というのはわかるんですか?

さよたんていの母:そういうのも出さないです。とても穏やかな子で、かんしゃくを起こしたりとか、ワガママを言ったりとかもなくて。私が怒ったことが記憶のなかでも1回か2回くらいしかないくらい。ただ、こちらが聞けばすごくしゃべります。

――さよさんは、探偵業をしているとき以外は、何をして遊んでいるんでしょうか。

さよたんていの母:ふだんはゲームをしたり、私が昔使っていたスマホの撮影機能を使って動画を撮ったりしています。

YouTubeのマネをして自分のチャンネルを撮影して、どこかに公開するわけでもなく、気が済んだら消して新しいのを作って、というのを繰り返しています。ポケモンが大好きで、「ポケるんTV」というチャンネルは毎日見ています(笑)。

――そんなふうにいろいろと楽しいこともある中で、探偵業をこれだけ続けてこれたのは、どういう理由だと思いますか?

さよたんていの母:友達と遊びに行ったり、そういう時間も大切にしてあげたいので、「やりなさい」とは言わないですし、1日1個は依頼を解決するなどのルールを決めてもいないんですね。イヤになったらやめてもいいよ、という感じにしているので。

ノルマを決めていないぶん時間がかかってしまうので依頼者をお待たせはしてしまうんですが、あまりルールをがちがちに決めずに自分のペースでできるときにやってきたから、今も続けられているんだと思います。

書籍も発売して記念イベントも開催♪見どころは?

――そして続けてきたことの集大成とも言えるような書籍が発売されました。どんな一冊になりましたか?

さよたんていの母:思いつきで始めたことですが、ひとつひとつ今まで解決してきた依頼がまとまって一冊になったことで、成果というか、本人の記録になりました。

やりたいことが形になって、努力の成果が本になったということが、親としては一番ありがたいなと思っています。

そして、いただいているお悩みがどれも本当に普遍的で、私が読んでいても「わかる、同じこと思った」ということがよくあるんですね。

仕事でも恋愛でも、どの項目でも絶対そういうのがあるので、大人目線で読むと、大人はみんな共感できるような悩みをいろいろ抱えて生きているんだな、というのがわかるのも楽しみのひとつかなと思います。

――関西の一部書店では、記念展も開催されますね。見どころを教えてください。

さよたんていの母:今までよく言われたのが「本当に子どもがやってるの? 本当に(回答は)本人が書いてるの?」ということなんですね。今は手書きふうのフォントがあるので、それを使って大人が子どもを装ってやっているんじゃないか、と。

今回のイベントのメインが「調査報告書」というお悩み回答シートの原本の展示なんですが、さよたんていがえんぴつで手書きで書いてるもので、一回書いたけど気に食わなくて消したあとなどが残っています。

本人がいろいろ考えて書いていることがわかるので、ぜひそこを見ていただきたいなと思っています。

インタビュー中、実はさよたんてい本人もお母さんの隣に座って時折会話に参加してくれました! インタビューでは、謎のベールに包まれていたさよたんていの小学生としての素顔が垣間見えましたね。

書籍「さよたんていのおなやみ相談室」では、厳選した依頼解決を項目別に一挙掲載しています。さよたんていの芯をついた名回答に、思わず笑顔になったり、ふと考えさせられたりするはず。今、お悩みがある人もない人も、ぜひ読んでみてくださいね。

(ハピママ*/Mami Azuma)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 熊田曜子、元気?と言われ「元気じゃないでしょ!」

    ナリナリドットコム
  2. 中川翔子「叶えられなかったら成仏できない」生涯の夢

    ナリナリドットコム
  3. いきものがかり吉岡聖恵、ソロ初のオリジナル作品をリリース 秦 基博と共作

    SPICE
  4. 他愛もない、初となるフルアルバム『他愛もない物語』をリリース 石若駿による書き下ろし楽曲含めた全12曲

    SPICE
  5. 2021年9月24日オープン Pizzeria Del Popolo a Kyoto

    京都速報
  6. #2i2 天羽希純[インタビュー]新SG「せめて月のように」から始まる新たなる快進撃「これからも目標に向かって頑張っていきたいです!」

    Pop’n’Roll
  7. #2i2 奥ゆい[インタビュー]新SG「せめて月のように」リリイベで描いた愛あふれる景色「たくさんの方がCDを手に取ってくれて笑顔を見ることができて幸せでした」

    Pop’n’Roll
  8. #2i2 森嶋あんり[インタビュー]新SG「せめて月のように」で届けた決意「もっともっと愛される曲になるよう、これからも心を込めて歌います」

    Pop’n’Roll
  9. #2i2 十味[インタビュー]新SG「せめて月のように」リリイベで見せた大いなる可能性「これからもたくさんみなさんと素敵な景色を見られるよう頑張っていきます」

    Pop’n’Roll
  10. 旦那が会社の女性部下とデート!許せる?許せない?本人は「健全な関係」と言うけれど

    ママスタセレクト