Yahoo! JAPAN

NEO JAPONISM、MEGMETAL曲とコライト制作で考えるラウドロックのトレンドとオリジナリティ|「偶像音楽 斯斯然然」第68回

Pop’n’Roll

NEO JAPONISM、MEGMETAL曲とコライト制作で考えるラウドロックのトレンドとオリジナリティ|「偶像音楽 斯斯然然」第68回

NEO JAPONISMが、10月17日に11thデジタルシングル「TOMOSHIBI」をリリースした。海外ヘヴィミュージックのトレンドであるエレクトロ要素とグループ本来のカラーを見事に融合させた同曲は、BABYMETALをはじめ、SixTONESやDa-iCEなどの楽曲を手がけるMEG(MEGMETAL)がプロデュースを担当。今回、NEO JAPONISMの新規軸を提示した「TOMOSHIBI」の音楽的な特徴をはじめ、MEGのサウンドクリエイターとしての個性、コライトという音楽制作、ラウドロックのトレンドについて、冬将軍が独自の視点で掘り下げる。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

“NEO JAPONISMとは、WACKとBABYMETALのハイブリットである——。”

私が最近、他者にNEO JAPONISMの音楽を説明する時によく使っている言葉だ。

少々乱暴で大袈裟な表現なのかもしれないし、両グループに似ているというわけでもない。だが、ロックサウンドを武器にメジャーで成功を収め、フォロワーも多い両グループの要素を継承しながら、オリジナリティを極めてきたのは事実である。NEO JAPONISMを深く紐解いていくと、現在のライブアイドル、インディーズアイドルシーンにおけるロックアイドルの情勢と日本のラウドロック、そして海外のオルタナティヴロック、さらにポップミュージックの流行までもが見えてくるのだ。

そんなNEO JAPONISMが、BABYMETAL楽曲を数多く手掛けるMEG(MEGMETAL)のプロデュース曲をリリースした。NEO JAPONISMとMEG、意外な組み合わせに思えるかもしれないが、NEO JAPONISMを追ってきた人にとってみれば、この時が来ることを待ち望んでいたことだろう。私個人としては、思っていたよりもずっと早くに実現した事案であった。しかも、想像をはるかに超えたとんでもないモンスター曲だった。

MEG曲から見えるNEO JAPONISMの矜持

10月17日にリリースされたMEGプロデュース、NEO JAPONISM 11thデジタルシングル「TOMOSHIBI」は、海外におけるヘヴィミュージックのトレンドであるエレクトロ要素を“NEO JAPONISM=新和様式”で迎合していく、強さを感じさせながらも儚さを漂わせる楽曲に仕上がっている。日本画家・丁子紅子のアートワークも、楽曲のえも言われぬ美しさを色濃くするほどに絶品である。

NEO JAPONISM「TOMOSHIBI」

雅やかなメロディで始まり、地鳴りのようなLow-D# (9弦?)ギターサウンドが耳を刺す。オリエンタルな雰囲気と和情緒がゆっくりと交錯していく様に息を呑む。滝沢ひなのの子音を強調するラップや、瀬戸みるかのタメを効かせながら言葉をそっと置いていくラインなど、これまでに見られなかったメンバーの歌唱面の懐の深さに慄く。楽曲構成の面では、J-POP的なキャッチー性を重視してきたNEO JAPONISMにとっては珍しく、海外のポップミュージックのトレンドを意識した作りになっており、サビがなくドロップを用いているところも興味深い。たゆたうように楽曲が進行しながらも、蠢くようなヘヴィリフのブレイクダウンであったり、侘び寂びの風情を嗅ぐわせながら、無機質なサウンドと人間味溢れる優しい歌が絶妙に絡み合ってまどろんでいく。楽曲にさまざまな表情が細かく落とし込まれている様がなんとも美しい。

“NEOはこういう曲もやる(やれる)のか”、“MEGはこんなとんでもない曲をNEOに書いたのか……!?”という驚きと昂揚が混じった感情に見舞われたのが私の同曲に対する第一印象だった。

こうしたゆったりとしたオリエンタルな曲は、LOONAとGrimesのコラボなど、欧米解釈のアジアンダンスミュージックとして世界的な人気があるわけだが、Jアイドルポップスの需要とは少々異なる気がしたからだ。しかしながら、いちアーティストの音楽的探求としてはごく自然な流れだろう。NEO JAPONISMは各個人のスキルを含め、驚愕の急成長と進化を遂げてきた。リリースのたびに楽曲の歌唱難易度が上がっていることは目にも明らかであった。ゆえにこのような楽曲をNEO JAPONISMがやることは、アイドルとして、アーティストとしての強い矜持を感じるのだ。

パワフルなボーカルの印象が強い滝沢が<TOKYO IDOL FESTIVAL 2021>のコラボステージ「IDOL SMILE JAMBOREE ACOUSTIC」で魅せたようなメゾピアノの繊細な歌声と、唯一無二の“しゃくり”と“がなり”を駆使しながら青天井のハイトーンで突き刺していく福田みゆが、素直にスッと飛ばしていくフェイク混じりのロングトーン。ブレイク後のDメロの、この2人の新境地を感じさせる絡みは同曲のハイライトだろう。

余談にはなるが、“ふくだみ”こと福田みゆが最近自身のチャンネルにて力を入れている「声でか女のゲーム配信」……ではなく、「歌ってみた」では、NEO JAPONISMとは一味も二味も違う、彼女のボーカリストとしての魅力を存分に堪能することができる。

ハイトーンの印象が強い彼女だが、艶っぽい蠱惑的な中低音の響きも絶品 ふくだみ「KING」Cover

hi-Eまで地声で余裕に鳴らす彼女のファルセットの境界はどこなのかと思っていたのだが、余計にわからなくなった…… 小悪魔ボイスがたまらない ふくだみ「ヴァンパイア」Cover

MEGプロデュースはもう1曲、9月24日にリリースされた「Buster Buster」。

NEO JAPONISM 「Buster Buster」予告編-特別映像-

NEO JAPONISM 「Buster Buster」Music Video

VシネテイストMVの情報量の多さに気を奪われがちだが、こちらはNEO JAPONISMの持つ大きな武器、強靭なボーカルとキャッチー性を踏襲しながらも、MEG流に昇華した楽曲だ。元来、レンジを広めに取ったサウンドプロダクトが特徴的なNEO JAPONISM。同曲のこれまでとは違う奥行きの音像にも注目である。耳にへばりつくような分厚いギターサウンドの壁で周りを囲っていく、NEO JAPONISMサウンドプロデューサー・Sayaのワークスとは異なり、多面的に音を置いていくように重なるのがMEGの業。両者のプロダクトを聴き比べてみるのも面白い。

分厚いギターサウンドが心地良い「GAN GAN HERO!!!!!」

MEGとは? BABYMETALからSixTONESまで多岐に渡る作家性

ここでMEGというクリエイターについて、改めて触れておきたい。

MEGといえば、9月12日放送のテレビ朝日『関ジャム完全燃SHOW』にて、同番組に出演した、同じ音楽制作プロダクション、MUSIC FOR MUSIC所属の作詞作曲家・岡嶋かな多とともに共作した擬似コンペ楽曲が話題になった。

MEGのキャリアはバンドマンとしてスタートしている。メタルコアバンド、ARTEMAのボーカリストとして2013年にメジャーデビュー。メタルコアとエレクトロ、ジャパニーズメロディの融合をコンセプトした独自ジャンル“KIRA☆CORE”を掲げ、卓越した音楽センスと高い演奏力で注目を浴びるも、2016年に解散。以降は作家、エンジニアとしての活動を開始する。

ARTEMA - Dancing Field

作家として、その名が大きく知れ渡ったのはBABYMETALの2ndアルバム『METAL RESISTANCE』(2016年)収録、「シンコーペーション」のアレンジを担当したことがきっかけだった。ジャパメタからのV-ROCKテイストある同曲の疾走感と緻密なアレンジを生み出し、“MEGMETAL”の名はBABYMETALファンをはじめ、多くの音楽ファンの知るところとなった。以降、BABYMETALの楽曲制作には欠かせない存在となり、3rdアルバム『METAL GALAXY』(2019年)では「Shanti Shanti Shanti」や「Brand New Day (feat. Tim Henson and Scott LePage)」といった、多国籍風味を放つフックとなる楽曲をはじめ、多くの楽曲制作に携わっている。

BABYMETAL - Shanti Shanti Shanti (OFFICIAL)

その振り幅を見れば、ヘヴィミュージックをベースとしながらも、ジャンルに囚われないサウンドの幅とメロディの普遍性を大切にしている作家性がわかるだろう。それは、BABYMETALに限らず、SixTONESからDa-iCEまで幅広い楽曲を手がけていることからもわかる。

そして、MEGのアイドル曲で注目すべきはLADYBABYだ。少女的な女性ボーカルと本格的なデスボイスを駆使する音楽ジャンル“Kawaii-Death(カワイイデス)”を標榜し、強烈なインパクトを放ったLADYBABYだったがメンバーの脱退など、一時期は存続が危ぶまれたこともあった。そうした中で2018年2月に新体制となる4人編成で再始動。従来とはまったく異なる編成に戸惑いを感じたファンも少なくはなかったが、新体制の音楽性を決定づけたのがMEGの楽曲「破天ニ雷鳴」(2019年)だった。

LADYBABY「破天ニ雷鳴 - HATEN NI RAIMEI -」

ローチューニングによるヘヴィサウンド、音符の上下感の大きいダイナミックなメロディとラップ、デスボイスを駆使し、アイドルポップスとヘヴィミュージックを見事なまでに融合させた。現在PassCodeのメンバーとしても活動している有馬えみりの咆哮を極限までフィーチャー。そして、獰猛なバンドサウンドは、LADYBABYライブに欠かせないバンド、wu-chy(Ba/BATCAVE)、YOUTH-K!!!(Dr/THE冠、AA=、黒夢……)といったヘヴィミュージックシーンの猛者からなる、The CHAOSの存在をより一層際立たせた。ロックバンドに寄せすぎないアイドルポップスでありながらも、ロックファンを唸らせる本格的なプロダクトが秀逸。新生LADYBABYを象徴する楽曲になった。

こうしたMEGのメタルコアとエレクトロ、そしてキャッチーなポップスを融合させたアイドルソングは、シーンの中で異彩を放っている。

ラウドアイドルのトレンドと海外トレンド

現在のラウドアイドルシーンといえば、音程上下感の強いメロディを速いBPMで駆け上がっていく、フェスキッズがノリノリでツーステを踏みまくるEmoの発展というべきものと、クリーンからのデスボイス、はたまたテンポも拍子もいきなり変化していく急転直下型予測不可能ラウドロックが大半を占めており、人気がある。尤も、ラウドロック(和製英語)が、海外のヘヴィミュージックとは別に形成されてきた歴史もある。

一方で海外のヘヴィミュージックといえば、2011年にKORNがSkrillexとのコラボを果たすなど、世界的なEDM旋風と同時に早くからその親和性と可能性を見出してきた節がある。イギリスではBring Me The Horizonや、UKパンク&ハードコアシーンのアイコン、Gallowsのフロントマン、フランク・カーターが、Frank Carter and the Rattlesnakesとして、エレクトロをふんだんに取り入れたヘヴィミュージックをかき鳴らしている。逆にボーカルダンスグループのBIGBANGやBLACKPINKが、ヘヴィサウンドを得意とするバンドセットでのライブを積極的に行なっていることは、当コラムでも幾度となく触れてきた。ヘヴィサウンドとエレクトロ、ダンス&ポップミュージックの親和性は高く、それはMEGの根ざしているところと同じなのである。

話はNEO JAPONISMに戻るのだが、そんなMEGが楽曲提供したことは必然のようにも思える。

私は以前、NEO JAPONISMの音楽を指して“V-ROCK好きもメタルヘッズをも巻き込む極東ハードコア”と表した。いわゆる一般的なアイドルソングに多い“沸き曲”や“電波ソング”とまったく異なることは言わずもがな、かといってマニアライクなロックに寄せすぎないところ、いい意味でのベタなJ-POP感、普遍的な歌謡ライクな部分にV-ROCK味を感じたのである。実際、サウンドプロデューサーのSayaがV-ROCKバンド出身だと知り合点がいった。反面で、サウンドプロダクトはヘヴィチューニングのバンドサウンドにとどまらず、ダブステップなどのダンスミュージック要素、グリッチなどアブストラクトなコラージュ、アイドルポップスにしては珍しいゆったりめBPMや後ノリのグルーヴなど、海外トレンドを取り入れている英明さもある。良くも悪くも閉塞感のあるアイドルシーンの中で、世のポップス情勢を見ているグループはどのくらいいるのだろうか。

NEO JAPONISM制作チーム“A-Spells”の強さ

そうしたNEO JAPONISMの楽曲の多様性と先見性はその制作陣にある。Saya率いる“A-Spells”なる制作チームだ。日本の音楽シーンでは珍しい複数クリエイターによるチーム体制での楽曲制作を行なっている。1人ですべてを担う日本人作家気質とは真逆で、海外ではポピュラーとなっている複数人で制作を行なう“コライト(Co-Write)”を組織化したものだ。コライトは各々の得意分野を活かし、役割分担を明確にすることで、より精確な楽曲制作を行なうと同時に作業自体の効率化を図ることができる。

こうしたコライトに特化したチーム体制といえば、BiSHやBiSといったWACKグループのサウンドプロデューサー、松隈ケンタのSCRAMBLESが有名であるが、SayaはSCRAMBLESの門下生であった。実際にSaya自身もBiSやGANG PARADE、PEDRO……といったWACKグループの楽曲制作に携わっている。

実際にNEO JAPONISM楽曲の制作陣を見てみると興味深い。「Subliminal」「Signal」といった今どきのエレクトロ色の強いダンスミュージックを手がけているのは宮内ソウマ。EDMとポストハードコアを掛け合わせ、革新的なサウンドを鳴らしていたバンド、Give Nothing Backでボーカル&シンセを担当。メインコンポーザーでありバンド中心人物だった。

NEO JAPONISM「Signal」

一方で「WORLD PARADE」はチップチューンで、正攻法に行けばPerfume的な断片的な言葉並べの機械的なメロディになると思うのだが、詞とメロディが一体化しているいい意味での土臭い節回しに仕上がっているのは、シンガーソングライターの山本紗江が作詞作曲を担当しているからだろう。

NEO JAPONISM「WORLD PARADE」Dance Practice

そして、今回MEG曲に共作として関わっているのが山本隼人だ。MEGと同じMUSIC FOR MUSIC所属で、MEGとNEO JAPONISMを繋ぐ人物である。もともとはSayaとバンドを組んでいた、いわばSayaの盟友であり、NEO JAPONISM楽曲には欠かせない存在でもある。先述の「GAN GAN HERO!!!!!」や「Trigger」でのSayaとの共作、そして個人作曲としてはストレートなEmo ナンバー「Set off」、チューバとバストロンボーンの中低音ブラスが今どきのダンスミュージック風情を醸す「TRAUMA」など、重要曲を生み出してきた。作風、作家性としてはMEGとベクトルが似ているところもあり、山本がいたからこそ、いつかMEGがNEO JAPONISMに曲を書くのではないかという期待があったのだ。

NEO JAPONISM「TRAUMA」

こうした楽曲の振り幅はチーム制作の大きな利点であるが、昨年2020年8月から2021年10月までの14ヵ月のあいだに1枚のアルバムと11曲のシングルをリリースするという驚異的な制作ペースで攻めているのも、チーム制作だからこそ成せる業であり、NEO JAPONISMの大きな強みとなっている。

NEO JAPONISMは今年5月に、マネジメントとして株式会社NEO JAPONISMを設立したが、7月にA-Spellsも音楽制作会社として法人化、株式会社プレイクス(PLAYX inc.)を設立している。攻勢を緩めることなく、ますます活発化するNEO JAPONISM、そして両社の制作体制から目が離せない。

【関連記事】

おすすめの記事