Yahoo! JAPAN

季節の風物で涼体験 NPO太陽の会 こども食堂で流しそうめん 〈茅ヶ崎市〉

タウンニュース

親子で流しそうめんを体験

(株)サン・ライフが協賛するNPO太陽の会が7月22日、地域の有志団体「Gracias」(小田薫代表)が運営する南湖こども食堂「波」で流しそうめんを行った。

当日は30度を超える猛暑の中、スタッフらが協力して機材をセッティング。午前11時から3部構成で実施され、参加者は、竹を流れるそうめんを待ち構えるように箸をのばし、味わった。

小田代表は「子どもたちも楽しみしていて、大変喜んでいた」とし、太陽の会の中浜博史さんは「普段はあまりできない経験であり、小さい子たちも山盛りにして食べていた。親子のコミュニケーションにもなったのでは」と感想を述べた。

太陽の会は地域貢献活動の一環として高齢者施設の訪問や子ども食堂への食材の寄付など、多彩な活動を展開している。

【関連記事】

おすすめの記事