Yahoo! JAPAN

進化する「シン・腰越」に注目! 「江ノ電自転車ニキ」ディランさんに、腰越のいいところを教えてもらいました

さんたつ

人気観光地の江ノ島、絶景の海が広がる鎌倉高校前。 どちらも江ノ電の駅としては横綱級といえますが、実は両駅の間にある「腰越」も超アツいんです。

彼こそは「江ノ電自転車二キ」ディランさん

2021年8月の深夜。江ノ電のレアな旧車両と並走したために、撮り鉄とのトラブルに見舞われたディランさん。事情を知らないまま、カメラに向かって陽気に手を上げる姿はSNSでバズり、「江ノ電自転車二キ」として一躍時の人となった。

しかし、そんなエピソードも彼にとっては昔話。
「ウチの店がある腰越は最高。素敵な街を案内させてよ!」。

ディランさんはニューヨーク出身。サーフィンが大好きで世界のサーフスポットを求めて転々とし、やがて日本へ。2019年にこの地でタコス屋『HOME taco bar』を始めた。
「サンディエゴに住んでいた時、この辺に住んでいるサーファーと仲よくなって、『日本においでよ』と誘われたんだよ」

『HOME taco bar』店内には例の事件のグッズが。

エキサイティングな出会いだらけの街

絶品のタコスを堪能したら、いざ出発。コーラを入れたタンブラー片手に軽快に歩き出すディランさん。

まず向かったのは、ブルガリア人・ラザロさんが2019年に開業した『SHONANPHOTO CAFÉ』。店の売りは常時100種類ほど揃えるワイン。うち3分の1は、なかなかお目にかかれないブルガリアワインだ。
「人気フードのバルカンバーガーもブルガリア産の食材にこだわっています。日本のハンバーガーとは、味わいがだいぶ違いますね」と、ラザロさん。

うーん、腰越、侮れませんぞ。ロケーションも抜群で、江ノ電が店の目の前を走る。腰越駅も近いので、カンカンカンという踏切の音も情緒を添える。

ここで、ディランさんはタンブラーにラムを足してもらってラムコークに。彼の足取りがより軽やかになっていく。

「腰越のCOOLな仲間たちを紹介するよ~!」 ディランさんと『SHONANPHOTO CAFÉ』オーナー 金宮ラザロさん。

次に向かったのは、3年前にオープンした『BAR 羽亜人(ハート)』。ディランさんいわく、「ママが優しくて面白い」。腰越では数少ない貴重なバーだ。
「ウチは飲ん兵衛の溜まり場なのよ。テキーラなんて、みんな一晩で平気で1本から1本半空けるから。ディランは大体いつもギターを弾きながら飲んでるよね」と、めぐみママ。

すると、ディランさんがしみじみと語り出す。
「みんな江ノ島か鎌倉高校前で降りるけど、いま一番熱いのは腰越。今日の3軒も含めて、ここ2〜3年で新しいお店がどんどんオープンしてる。ここは進化し続ける『シン・腰越』なんだよ」。

街を歩いて気付くのは、コンビニやチェーン店がまったくないこと。これまでも、これからも地元を愛する人々で形成されている街なのだ。渋くもエキサイティングな出会いがある腰越。途中下車してでも立ち寄りたい街だ。

「紹介したい店はまだまだたくさんあるんだよ!」

国際色も豊かながら、地元密着スタイル。今回の「シン・腰越スポット」

1. 『HOME taco bar』

大人気のタコスはソースも生地も手作り!

「ディランさんのお店はココ!」
タコス350円とクラフトビール1000円。サルサソースはトマト、セロリ、パクチー入り。

看板メニューはすべてが手作りのタコス。オリジナルのサルサソースのこだわりは日本人の舌に合わせないこと。「生地も毎朝粉から作って、注文を受けてから火を入れるんだよ。こんなお店なかなかないでしょ?」と、ディランさん。皮はコーンの濃厚なテイストが衝撃的。手で食べるのが本場スタイルなのだ。

●12:00~15:00・17:30~20:00、火休。☎080-1387-9292

仲間と共に時折セッションも。

2. 『SHONANPHOTO CAFÉ』

江ノ電ビューに大興奮! 開放感抜群のダイニングカフェ

外のテラス席から見る江ノ電は迫力十分。
東欧テイストのバルカンバーガー 1078円(ポテトは別売り)、グラスワイン 528円~。

圧巻のワインセラーと店のすぐ目の前を江ノ電が走るというロケーションに大興奮。メニューは、東欧をテーマにしたドリンクとフードが中心だ。名物のバルカンバーガーはパティ、スパイス、ローストの赤ピーマン、ヨーグルトソースのすべてがブルガリア産。これが東欧の味か、と深く感動した。

●11:00~21:00(土・日は 22:00まで)、不定休。☎0467-40-4774

3. 『BAR 羽亜人』

全国の酒好きさん、いらっしゃい~!

テキーラをおいしそうに煽(あお)るディランさん。ショットは 600円~。

チャーミングなめぐみママは、銀座や六本木でお店をしていたという接客のプロだ。「2019年のオープン当時、この街にはバーがなくて、私が大好きなテキーラ飲めなかったの。だったら、自分で始めちゃおうと思ったわけ」。営業スタイルは地元密着型。完全予約制なので、ママのトークを聞きたかったら事前に電話を。

●17:00~24:00、火・水休。☎090-5556-5744

名物はビーフシチュー。
入り口のオブジェはご主人が浜辺で拾った流木でつくった。

取材・文=石原たきび 撮影=鈴木愛子
『散歩の達人』2022年6月号

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 須磨ビーチでハワイ気分!ハワイ限定グッズの販売も 神戸須磨ビーチ海の家 「LANIKAI HAWAII(ラニカイハワイ)」訪問レポ

    Kiss PRESS
  2. 清原果耶、“白いワンピースに血”事件を語る

    ナリナリドットコム
  3. 進学、就職…小6知的障害娘の将来が心配…!「そんなに将来が不安ですか?」スクールカウンセラーの指摘に気づかされたこと

    LITALICO発達ナビ
  4. 堀ちえみ、舌がんの手術後に抱えた心の闇「家族にさえも分かってもらえない」

    Ameba News
  5. 「和歌山に来たら絶対食べて!」地元ライターがおすすめする“絶品かき氷が食べられるお店”

    anna(アンナ)
  6. 実は「夫がTV業界人」の意外な女性芸能人TOP10

    ランキングー!
  7. 小田原市 移住者、紹介者に商品券 企業手法 転入促進で活用〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  8. ボール100個プレゼント ベルマーレF試合会場で〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  9. ハイハイ、あんよで競走 赤ちゃんダービー募集〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  10. 中島知子、中居正広らとの『金スマ』オフショットを公開「いい仲間です」

    Ameba News