Yahoo! JAPAN

横浜市コロナワクチン 若者の接種、加速化へ 当初計画1カ月前倒し 10月末までに希望市民の8割完了目ざす〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

横浜市は9月17日、新型コロナウイルスワクチンの若者への接種を促進するため、当初計画を前倒しした「加速化プラン」を発表した。深夜から早朝の時間帯に接種できる会場を新たに設置するほか、LINEを活用した予約システムの運用を始めた。10月末までに希望する全市民の8割の接種完了を目指すという。

市の発表によると、関内中央ビル(中区真砂町2の22/JR関内駅徒歩1分)に「横浜市若者向けワクチン接種センター」を新設する。対象は市内在住の16歳から39歳まで。10月から6週間、火曜日から木曜日までと土日は午後2時から9時まで開設し、金曜日は午後4時から11時まで開設する。1日1000人程度の見込み。

深夜から早朝にかけて実施する会場は横浜市立大学附属市民総合医療センター(南区浦舟町4の57/市営地下鉄阪東橋駅徒歩5分)に新設する。対象は市内在住の18歳以上。10月から6週間、金曜日と土曜日の午後10時から翌午前7時まで開設する。1日120人程度。どちらもワクチンはファイザー社製。予約方法は今後発表するとしている。

16日からは従来の予約に加え、無料通信アプリLINEを活用した受付も開始。市のLINE公式アカウントを「友だち登録」することで利用できる。このほか、11月中にコロナ専門病院の開設をめざすほか、抗体カクテル療法専用の病床の確保や自宅療養者へのステロイド投薬療法の実施、識者らによる助言や提案を聴取するアドバイザリーボードの開催にも取り組む。

【関連記事】

おすすめの記事