Yahoo! JAPAN

犬と飼うべきではない『NGペット』5選 ダメと言われる理由を解説

わんちゃんホンポ

犬は種類の違うペットと一緒に飼える?

犬と一緒に飼うペットといえば、まず頭に浮かぶのは猫ではないでしょうか。テレビなどで犬と猫を一緒に飼っている人はよく見かけますよね。

多くの場合、犬と猫は問題なく同居することができます。魚や昆虫も、犬はあまり興味を示さないので一緒に飼うことができるでしょう。

では、犬と飼うべきではないペットにはどんな種類がいるのでしょうか。ご紹介していきます。

犬と飼うべきではないNGペット5選

1.小鳥

小鳥は、種類が多く、人にもなつきやすい人気のペットです。しかし、犬と小鳥はあまり相性が良いとはいえません。犬のなかには鳥猟犬(ちょうりょうけん)と呼ばれる、鳥を狩るために使われていた種類がいるからです。

主な鳥猟犬は以下の系統の犬種です。

✔スパニエル
✔ポインター
✔セッター
✔レトリーバー

鳥猟犬たちは、直接鳥を狩るわけではありません。猟師と協力し、水辺の鳥を追い立てたり、撃ち落された獲物を回収したりしていました。好奇心の強い犬が多く、鳥を見るとつい追いかけたくなる性質を持っています。そのため、犬と小鳥を一緒にすることはオススメできないのです。

鳥猟犬以外であっても、小鳥と犬では体格差もあり、犬がじゃれついただけでも小鳥が怪我をするリスクが高くなります。犬と小鳥を一緒に遊ばせない、相性が悪そうなら部屋を別にするなど、対策が必要となります。

2.ウサギ

ペットとして人気が高いウサギ。犬とウサギは相性が良いことが多い、といわれています。しかし、犬の種類によっては一緒に飼わないほうがいいこともあるので注意しましょう。

注意しなければいけない主な犬種は次のとおりです。

✔ビーグル
✔バセットハウンド
✔ダックスフンド

これらの犬は、ウサギ狩りに使われていた種類です。ウサギを見ると、本能的に襲ってしまうことがあります。しつけをしっかりしていれば問題ない場合もありますが、生き物に絶対はありません。できるだけ一緒に遊ばせないなど、注意しましょう。

3.ハムスター

ハムスターは体がとても小さい生き物です。体格差が大きい犬とは一緒にしない方がいいでしょう。

小さくて動きの速いハムスターは、犬の好奇心をくすぐってしまいます。犬がじゃれついただけでも、ハムスターにとっては命にかかわることなのです。特にネズミ狩りに使われていたヨークシャーテリアなど、テリア系はハムスターを見ると本能的に襲ってしまうかもしれません。ハムスターは犬の手が届かない場所で飼ったほうがいいでしょう。

4.フクロウ

昔は飼う人が少なかったフクロウですが、最近はペットとしての人気が高まっています。愛くるしい外見をしているフクロウですが、実は肉食系の鳥です。フクロウが犬を襲う、犬がフクロウを襲う、どちらもほぼ起きないと考えられますが、なにかの拍子に鋭い爪で犬が怪我をする可能性はあるでしょう。

また、警戒心が強いフクロウにとっては、犬がストレスの原因になることもあります。フクロウと犬は相性が良いとはいえません。

5.爬虫類

ヘビや、カメ、トカゲなどの爬虫類も犬とは一緒にしない方が良いでしょう。犬にとってカメなどの小さな生き物は、おもちゃの対象になってしまいます。食べたりすることは少ないと思いますが、遊んでいるうちに爬虫類が怪我をしたり、最悪の場合死んでしまうかもしれません。抵抗したヘビやトカゲに、犬が咬まれてしまうこともあり得ます。

また、恐ろしい話ですが、逃げ出した大型のヘビが小型犬を丸呑みにしてしまった事故も海外では報告されています。爬虫類と犬は同じ部屋で飼わないほうが良いでしょう。

まとめ

犬と飼うべきではないNGペット5選と、ダメな理由をご紹介しました。生き物には相性がありますので、NGペットであっても犬と仲良くできる場合もあると思います。

大切なのは、それぞれの性質をよく理解し、安易に一緒に飼ってはいいけないことを理解しておくことです。性格的には相性が良くても、ペットに体格差がある場合は、思わぬ事故が起きることもあるので注意しましょう。

犬以外のペットを飼いたくなったときには、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事