Yahoo! JAPAN

しっぽを後ろ脚の間に巻き込み犬が怯えている時に飼い主がとるべき行動とは!?【イヌの気持ち】

ラブすぽ

しっぽを後ろ脚の間に巻き込み犬が怯えている時に飼い主がとるべき行動とは!?【イヌの気持ち】

犬がおびえているときはしっぽを後ろ脚の間に巻き込む

五闘いなどに負けて逃走することを「しっぽを巻いて逃げる」といいますが、じつはこの言葉、犬のしぐさから生まれた言葉です。つまり、犬がしっぽを後ろ脚の間に隠しているときは、恐怖や不安でおびえているとき。もっとよく観察してみると、こんなときは体を低くして、背骨も丸めているはずです。

このとき犬は「あなたに刃向かうつもりはないので、これ以上攻撃しないでください」と訴えています。追いつめられているようなものですから、こんな態度を見せたら、それ以上、犬に恐怖感を与えないようにしましょう。

もし犬に近づくなら、ポイントは立ったままではなく、しゃがむなどして低い姿勢になること。目線の高さを犬と同じくらいにすることによって、恐怖感を減らせます。

そして、正面に向かい合わずに横向きか背中を見せて無視してください。声をかけてなだめようとすると逆に恐怖感を増してしまいます。小型犬や臆病な犬など、闘うのが苦手なタイプほど、このしぐさをよく見せます。犬がこんなしぐさを見せると、おもしろがってしつこくちょっかいを出す人がいますが、「窮鼠猫をかむ」という言葉どおり、犬は捨て身の覚悟で反撃してきます。

自分の身を守るための必死の攻撃ですから、加減せず思い切りかみついてきますので、くれぐれも追いつめないこと。

また、後ろ脚の間に巻き込むほどではないが、しっぽをダラリと下げて力なく小さくゆっくり振っているときは、気分があまりすぐれないことを表しています。

うずくまったまま食事を摂らなくなったり、ときおり弱々しい声をあげている場合は、体のどこかに痛みや不快感がある可能性も。できるだけ早く病院へ連れて行ってやりましょう。

出典:『面白くてよくわかる 決定版 イヌの気持ち』監修/藤井聡

【関連記事】

おすすめの記事