Yahoo! JAPAN

佐々木希、夫・渡部建について聞かれるも「すみません。その質問には…」

フジテレビュー!!

1月13日(木)、過去1年を通じて「最も輝いている人、宝石が似合う人」を選考し、表彰する「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が行われ、終了後に芦田愛菜ら受賞者がメディアの取材に応えた。

10代部門で受賞した芦田は、授賞式でパールのネックレスを着けた感想を、「今日初めてジュエリーを身に着けさせていただいて、『私にふさわしいのか』とソワソワしてしまいました。でも、背筋が伸びるような感覚で、身に着けさせていただいて嬉しいです」と話し、「鏡に映る自分とパールのネックレスを見て、もっと似合うような素敵な女性の大人になるように頑張ろうと思っています」と意気込んだ。

記者から「現在高校生で、異性の男性についてどう思いますか?」と質問されると、「そうですね…。素敵な方がいたらいいなとは思います。いなくてすみません…」と困り顔に。

最後に「大人になったと思う瞬間」を聞かれると、「今、高校2年生なんですけど、小さい頃は高校生が大人な存在で憧れていたんですけど、実際になってみると『まだまだだな』と思うことがたくさんあって。まだ、大人だなと思えた瞬間がないので、頑張っていきたいです」と語った。

佐々木希、3歳になった息子に「いただいたジュエリーを見せてあげたい」

30代部門で受賞した佐々木希。授賞式では「最近、自分にご褒美でジュエリーを買った」と明かしていたが、「いつか自分のためにオーダーしてみたいという夢があったので、指輪をオーダーして作りました。お仕事をして、自分のためにジュエリーを買う、というのが意味があって、一生大切にしたいと思いました」とコメント。

夫であるアンジャッシュ・渡部建からもらったジュエリーについて聞かれると、「すみません…。その質問は答えてはいけないと言われてます」と笑顔でかわし、会場の記者を笑わせた。

2018年に第1子を出産した佐々木。息子が3歳になり「お仕事のメイクのまま家に帰ったりすると、『ママいつもと違うね』とか言われたりします。普段家に居る姿とは違うんじゃないですかね。私はすごく『かわいいな~』と思うんですけど。(今日家に帰ったら)いただいたジュエリーを見せてあげたいと思います」と微笑んだ。

アンミカが着用した大胆なドレスに隠されたメッセージ

40代部門で受賞したアンミカは、「過去の受賞されている方を憧れの眼差しで見てきて、いつかこのジュエリー協会に表彰されたら、『芸能界で認められたことになるのかな』と、思うぐらい願っていた賞でした。30代の後半で東京に出てきて、みなさまのおかげで受賞できて感無量です」と感謝した。

授賞式には、大胆なドレス姿で登場したアンミカは、「こちらは東京五輪の開会式でMISIAさんも着用したTOMO KOIZUMIさんという方のドレスです。垣根のないたくさんの存在が1つになるというメッセージも表せたらと、ジュエリーも地球の垣根を越えて、人々にわたるモノですから、そのメッセージを込めて着用させていただきました」と明かした。

【関連記事】

おすすめの記事