Yahoo! JAPAN

鶴見駅中距離電車停車等推進期成会 コロナの課題確認 鉄道利用を注視〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

各団体代表者が参加した総会(提供=鶴見区)

鶴見駅中距離電車停車等推進期成会(石川建治会長)の令和3年度総会が7月19日、鶴見区役所で開かれた。昨年度に続き、新型コロナウイルスの影響で縮小開催となったものの、各団体の代表者ら約10人が出席。鶴見駅への中電停車などについて、現状を共有した。

同期成会は、昭和40年代から要望を続けている鶴見駅への中電停車などを目ざす団体。自治連合会をはじめ、商店街や工業会、法人会、宅建協会など、区内主要団体が名を連ねている。

総会では、実務者レベルで継続している横浜市とJRの協議結果を報告。昨年度は、コロナ禍での外出自粛やテレワークの進展で交通環境が変化し、鶴見駅を通過する相鉄・JR直通線は、計画利用者数の4割程度と、需要が定着していない状況がわかった。

また、停車に向けた引き続きの課題として、全額市負担の請願駅となること、JR貨物との協力が不可欠なことに加え、コロナを契機とした鉄道利用の変化、動向を踏まえた検討が必要とした。

今後については、「コロナ後の鉄道利用状況を注視しつつ、JR側と意見交換しながら計画の検証や深度化を進める」と同会。国費導入の可能性についても国などと協議するとした。

【関連記事】

おすすめの記事