Yahoo! JAPAN

香川「栞や」 スパイスカレー片手にこんぴら参り!参道沿いの栞とカレーの店

ニッポンごはん旅

ニッポンごはん旅

旅人へひとこと

片手で持てる参拝カレーって一体?本と栞を旅をするってどういうこと?
魅力たっぷりのお店を紹介します。

はじめまして。カレー細胞こと、松宏彰と申します。毎日カレーを食べ続け、訪問したカレー店は4000軒近く。日本全国・海外のカレー店を紹介したり、カレーをテーマにしたイベントをプロデュースしたり、最近は雑誌やテレビのカレー特集の仕事も増えてきましたが、実は本業はCMやアニメの監督です。

今回は、旅先で出会ったとっておきのお店を紹介しましょう。


江戸庶民が憧れた旅の場所『こんぴらさん』。

香川県・琴平町にある『金刀比羅宮(ことひらぐう)』、通称『こんぴらさん』。江戸時代には「金毘羅参り」と称して全国から人々が訪れるなど、憧れの旅先として人気の名所でした。その一番の特徴は参道の長い長い石段。参道の入口から御本宮まで785段、奥社まで登るとなんと1368段!!

だいぶ足に堪えますが、登りつめたあとの達成感こそが旅の醍醐味といえるのでしょう。


『こんぴらさん』へは高松市内から琴電で1時間ほど。


琴平駅へ降り立てばそこはもう、門前町の賑わいです。

参道を100段登ると、素敵な場所に出会える!

『こんぴらさん』こと『金刀比羅宮』の参道。

名物の長い長い石段を登り…

登り…

登り…

ちょうど100段目。

鳥居と『備前焼狛犬』との脇をくぐり、左の道へ。

ここです。

ここが、栞と本とカレーの店


『栞や』です。


ご店主の銀三郎さんはチャンネル登録数 約10万人のYouTuber 。

調理を担当する奥様のさなえさんは元ヨガのインストラクター。


2人で岡山から、さなえさんの祖父母が所有していた古民家へと移住、DIYでの改装を経て2018年、この『栞や』をオープンしました。


ちなみに「こんぴら」の語源はサンスクリット語の「クンビーラ」。インドのガンジス川にすむ鰐を神格化した守護神なんです。実はインドとも縁がある場所なんですね。


立体的で、温もりがあって、ワクワクする店内はずっといても飽きません。

人も、本も、栞も旅する。

『栞や』のコンセプトは "人生というひとり旅を彩る"。

店内にはさまざまな仕掛けが待っています。

旅のお供になりそうな古本の販売。

お店のあちこちにある、季節感豊かな絵画。


これら絵画の一部を切り取った「お守り栞」も販売されています。


そして、本と栞を物々交換できる本棚『旅する栞や文庫』も店内に設置。

これが素敵なんです。


本を一冊持ってきて、栞と一緒に物々交換しよう。

店内にある「旅する栞や文庫」は、
1.本を一冊持ってくる
2.本に合う栞を一枚選ぶ(500円で購入)
3.便せんにひとこと書く
4.封筒の宛名「○○な人へ」を書いて、本と栞と手紙を入れて封入する
5.ポスト内の1冊と交換する
という仕組み。
この場所を訪れた、知らない誰かの思いがあなたに届きます。そしてあなたの思いも、次に訪れる誰かが受け取ってくれるはず。旅先の不思議なご縁です。

カレーもチャイもチャイ子も素晴らしい

料理をオーダーするときは、好きな場所へと陣取りましょう。ゆっくり本を読みながら待つひとときも贅沢ですよ。

「山の三日月カレー トリタマ乗せ」(1091円)


夜空色の器に三日月型のターメリックライス。

オリジナルのベジカレーです。

特製醤油に漬けこんだ「ミニ骨付鳥」と「卵のピクルス」つき。


その時々、香川で採れた季節野菜が用いられており、この日の食材は里芋。

野菜の食感もさることながら、椎茸からの出汁感がとても印象的なカレーです。


添えられたスープはムング豆を使用。これが実に素晴らしかった。豆自体の甘みをしっかりと活かしており、メインのカレーと混ぜると立体的な旨みへと変わってゆきます。


「ミニ骨付鳥」は食べ応え充分、「卵のピクルス」も酸味たっぷりでなかなか面白いですね。


「栞や特製マサラチャイ」(445円)

「3種のスパイススコーンセット」(556円)※ドリンクとセットの場合100円引き


シナモン・カルダモン・チョコオレンジ…優しい食感にスパイス香るスコーン。カルダモンがしっかり香り、程よく甘いチャイ。


石段を登った疲労感がみるみる消えてゆきます。


あ…看板ネコのチャイ子さんの貫禄も素晴らしいですよ。

「こんぴらさん」名物・参拝カリーとは?

そして忘れてはいけないのが「栞や」ならではのスペシャルメニュー。

その名も「参拝カリー」


片手で持って参拝できる「参拝カリー」

「こんぴらさん」へ参拝に来た人たちが歩きながら、手軽にカレーが食べられるスタイルを、と考案されたのがこの「参拝カリー」。2種のスパイスカレーとご飯が層状になっており、食べ進むにつれ味が変化しながら混ざり合うという仕掛けです。みんながこのカレーを片手にこんぴら参りをしている、そんな未来が目に浮かびます。
※「参拝カリー」はマイカップ持参で100円引き

こんぴらさん参拝の際には絶対立ち寄りたい。

いや、この店を目当てにこんぴらさんを訪れても良い、そんな素敵なお店です。


参道にあるシャッターアートも「栞や」さんが制作したもの。栞の画家さんの絵ですね。

■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

ブログ:https://currycell.blog.fc2.com/

Twitter:

https://twitter.com/hm_currycell

栞や

〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1063−2

*この記事は2020年10月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

ライター:カレー細胞(松 宏彰)

【関連記事】

おすすめの記事