Yahoo! JAPAN

ボートSLJでキジハタ&マゴチ手中 メーター級サワラヒットもバラし

TSURINEWS

SLJゲームで手中のアオナ(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

福岡県糸島からプレジャーボートでSLJに行きました。サワラのバラシには凹みましたが、本命マゴチはゲットできたので、その模様をお届けします。

サワラ狙いのボートSLJゲーム

8月前半、若潮。福岡県糸島から、プレジャーボートでSLJ(スーパーライトジギング)に行きました。夜中でも気温が25度を下回らない日が続いており、35度を軽く超える日中の暑い時間をさけて、午前6時~10時までの短時間勝負です。

6時に港を出発。風があるのでゆっくり移動し、今回のポイントに到着して様子を見ると、青物の気配はありません。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

まずはサワラをターゲットに、SABAYAN60gをフルキャスト。着底したら高速巻きをしていきます。

サワラヒットもライン切れ

2投目、60m出ていたラインを半分ほど巻き上げた辺りでガツガツとアタリを感じ、フッキング。サオから伝わる引きに「サワラかもしれない」と期待をしながら寄せていきます。あと10m、5mと近付いて姿が見えてくると、やっぱりサワラ。軽く1m超えの大物に大興奮。

しかしタモを用意していなかったのに気が付いて、慌ててタモを取りに行っている間に痛恨のライン切れ。サワラの鋭い歯でラインを切られてしまいました。

底付近でアオナヒット

気を取り直して、マゴチのポイントに移動。底をトントンたたきながら探っていきますが、なかなか反応がなく厳しい状況です。

あきらめずに底を探っていると、仕掛けを入れ直して着底させたところで、ゴンッとひったくるようなアタリを感じ、フッキング。「マゴチかな」と期待をしながら上げていくと、根魚が上がってきました。

よく見るとアオナで、30cm以上はありましたが、今回のターゲットはマゴチなので、エア抜きしてリリース。

終了間際に本命マゴチ手中

10時に港に戻るためには、9時には納竿しなければいけません。残すところ30分で、何とか本命を釣るべく、丁寧に探っていきます。底を滑らせていると、急にグインッとサオが重たくなり、そのまま乗りアワセで巻いていきます。

今度こそと願いながら巻き上げ、姿が見えてくると待望のマゴチ。すぐにタモに入れて取り込みます。うれしい1尾に、思わずニッコリ。

価値ある1尾に大満足(提供:週刊つりニュース西部版APC・花村悦代)

ここで時間いっぱい。港に戻ることにしました。短時間ではありましたが本命を釣り上げることができ、大満足の釣行になりました。

持って帰ったマゴチは薄引きにして、ポン酢でいただきました。新鮮なマゴチは薄く引いてもコリコリと歯応えがあり、薬味にネギなどを添えると、たまらないおいしさでした。この味を楽しめるからこそ、釣りはやめられませんね。

まだまだマゴチのシーズンです。釣って楽しい、食べておいしいマゴチを、皆さんもぜひ楽しんでくださいね。

<週刊つりニュース西部版APC・花村悦代/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年9月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postボートSLJでキジハタ&マゴチ手中 メーター級サワラヒットもバラしfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事