Yahoo! JAPAN

ムツアイホーム 無病息災祈りどんど焼き 「早く平穏な日常に」〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

正月飾りなどを燃やした火で団子を焼いた

介護施設のムツアイホームなどを運営する社会福祉法人厚木慈光会(天利俊介理事長/厚木市下川入)は1月18日、恒例のどんど焼きを行った。

例年、利用者と共に開催するどんど焼きだが、新型コロナウイルス対策として、今年も限られた職員のみで開催。当日は厚木市棚沢の常昌院の住職でもある天利理事長が、一年の無病息災を祈りお経をあげると、施設利用者や職員から集めた正月飾りやお札、書初めなどを燃やし、その火で団子を焼いていった=写真。その後、約300個の団子は施設利用者と共に味わった。

どんど焼きを終え、天利理事長は「今年こそコロナ退散、疫病退散を祈って実施しました。早く平穏な日常に戻ることを願います」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事