Yahoo! JAPAN

ペット救急隊員が教える「ペットの迷子ポスターやチラシを作るにあたって重要なこと」

わんちゃんホンポ

迷子ポスターに入れるべき要素

タイトル

「探しています」や、「迷子です」等、インパクトのあるものが望ましいです。

種類と毛色・柄

「チワワ犬」や、「三毛猫」等、写真だけでわかると判断せず、文字で種類まで入れてあげましょう。

写真

飼い主としては可愛い写真を使いたいのは山々ですが、時間が経って汚れているかもしれません。できるだけ特徴のわかるふだんの写真を載せましょう。
顔のアップ・横向きの全身・柄が特徴あるなら後ろ姿等、様々な方向から撮った写真を載せましょう。

いなくなった場所と日時

年月日・時刻・住所やランドマーク・そのときに逃げた方向がわかれば、なおよしです。

年齢・性別・特徴

年齢・性別はもちろんですが、特徴としては「赤い首輪」「耳がピンと立っている」「しっぽの先が白い」「人なつっこい」等、専門用語は使わずにわかりやすい言葉で伝えましょう。

ペットの名前

探してくれる人は、名前を呼んで反応を見る人が多いみたいです。
したがって、届け出ている名前よりもふだん読んでいる名前を載せてあげましょう。

飼い主の名前

探してもらうのですから、こちら側の名前を名乗るのは最低条件ですね。

携帯電話の番号とメールアドレス

連絡してくれる方は、様々な思いで情報をくれます。
見かけただけとかなら、電話していろいろ詮索されるより、メールの方が煩わしくないという方もいらっしゃいます。

見落としがちだが実は1番重要なこと

迷子になった犬猫の写真だけを載せているポスターをよく見かけますが、重要なのは「飼い主や家族の写真も一緒に載せてあげること」です。抱きかかえて写真に載っている人が、ペットを受け取りに来れば、警察や見つけて来られた人は安心して引き渡してくれます。

飼い主としての十分な証明が無ければ、最悪その日に引き渡して来られない場合もあります。引取り時に証明をしなければいけないのは結構大変なことなのです。見つかってすぐにでも飛んでいきたいのに…登録書類や写真や身分証明を集める時間が必要になってしまいます。

移動の途中で証明を忘れて、引き返す羽目にならないように、チラシには証明になる情報を載せましょう。写真1枚でできる簡単な工夫です。

まとめ

「どんな些細なことでも結構です」や、「お気軽に24時間いつでもご連絡ください」など、躊躇せずに連絡をいただける内容も相手にとって親切です。

いざという時は、見つけてくれる人の身になってポスターやチラシを作ってみてください。

【関連記事】

おすすめの記事