Yahoo! JAPAN

深川麻衣、広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』ゲスト出演決定! 「少し切なくあたたかいお話です」

Pop’n’Roll

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

深川麻衣が、2022年1月14日(金)からAmazon Prime Videoにて全10話一挙独占配信されるドラマ『失恋めし』に出演することが決定した。

同作は、木丸みさきのコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)原案、読売テレビが制作を手掛けた、全10話で紡ぐ美味しい失恋ドラマ。失恋で心を傷めた失恋人たちが各話ごとに登場し、忘れられない美味しい味のエピソードとともにストーリーを展開していく。

主人公のキミマルミキを演じるのは、広瀬アリス。キミマルミキは、地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーターだ。

また、レギュラーキャストには、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を若手実力派俳優の井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという苗字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結。近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が出演し、作品にスパイスを与える。

監督は『勝手にふるえてろ』(2017)『私をくいとめて』(2020)などの話題の映画を手掛けた大九明子がメガホンを取る。

今回、ポスタービジュアルと各話ゲスト出演となる“失恋人”キャストを一挙に解禁。

第1話には彼氏からプロポーズされると勘違いしてしまった“サバ子”・門脇麦。第2話には結婚式でスピーチをお願いしていた上司に婚約解消を告げる部下・前野朋哉。第3話には失恋を少しの間だけでも忘れられるようにと会社の先輩にランチに誘われる後輩・小西桜子。第4話には高校時代失恋したミキが、路上ライブで元気をもらった歌手HARU・三浦透子。第5話には失恋して元気がないことを気遣う父親と二人でごはんを食べにきている娘・大友花恋が登場。

また、第6話には長い間想い人だった男性の結婚発表に肩を落とし、女子同士で慰め合うヒトミ・紺野ぶるま。第8話には高校時代の秘めた想いを打ち明けるミキの同級生エイコ・深川麻衣。そして、物語の展開のキーを握るある人物に林遣都というフレッシュで豪華なキャストが顔を揃えた。

なお、第7話、第9話、第10話には、レギュラーキャストの失恋エピソードが織り込まれている。

ドラマ『失恋めし』ポスタービジュアル

コメント

サバ子/門脇麦(第1話):
私自身食べることが大好きなのですが、やっぱり美味しいものにはパワーがあると思います。悲しいことがあっても失恋しても、美味しいものに救われる、そんな瞬間が誰の人生にもある。日常のかけがえのない時間が詰まった作品になっていると思います。こんなご時世だからこそ美味しいもの食べて元気を出しましょう!

部下/前野朋哉(第2話):
第2話で少し気の弱いサラリーマン役で出演しております。あるお店の、ある食べ物とある人物(お楽しみに!)が彼の失恋ハートを楽にしてくれます。大九組特有のなごみある現場の雰囲気は『失恋めし』というほのぼのとした、でも確実に背中を押してくれる作品と相性抜群です。ぜひご覧ください!

後輩/小西桜子(第3話):
失恋した後輩女子を演じさせていただきました。大九監督の作品が好きで拝見していたので、今回参加させていただきとても嬉しかったです。失恋した役どころでしたが、撮影では美味しいものを食べて、先輩に素敵な励ましをいただいて、とにかく心がほっこりゆるんだ想い出が強く残っています。失恋した方もしてない方も、美味しいもの食べたい!という前向きな気持ちになっていただけると嬉しいです。

HARU/三浦透子(第4話):
HARUというシンガーの役を演じました。キャラクターもストーリーも、歌詞もメロディも、愛らしくてあったかくて、のびのびと演じることができました。ミキとハルの想い出の味、とっても美味しかったです! ぜひお楽しみに!

娘/大友花恋(第5話):
美味しいものを食べることで、お腹だけではなく心も満たされ温まる経験は、多くの方が持っていると思います。私が演じた“娘”も、失恋の空洞を、食と父からの愛情で満たしていきます。素敵なスタッフ・キャストの皆様との撮影。それだけでも心地よいのに、美味しいご飯をたくさん食べることができて幸せでした(笑)。あの幸せな時間を、完成した映像を見ることで再び味わえるのが、私自身も楽しみです。

ヒトミ/紺野ぶるま(第6話):
めちゃくちゃ楽しい撮影でした! 少しセオリーとは違う失恋の形でしたが、誰しも共感するところがあるんではないかと思いました。失恋とは時におっぱいを見られるより恥ずかしいですが、それを話す友達と美味しいご飯とお酒があるだけでいつか絶対いい想い出になる! 恋って素晴らしいです!

エイコ/深川麻衣(第8話):
今回、ミキの高校時代の親友、エイコ役を演じさせていただきました。生きることと食べることは切っても切り離せないもので、人の数だけいろいろな“想い出の味”の記憶があると思います。それはどこで、誰と、どんな気持ちで食べるかによってきっと全然味が変わってくるのだろうと思います。8話は過去と現在を、想い出の味がつないでくれる少し切なくあたたかいお話です。ぜひお楽しみにしていてください!

???/林遣都:
また大九組に参加できたことが本当に嬉しかったです。今回も前回同様、大九監督のワクワクする演出を体感し、楽しい時間を過ごさせていただきました。僕は物語のある重要な役を演じています。どんな役かは秘密です。ぜひ楽しんで観ていただきたいです。

『失恋めし』

全10話
配信開始日:2022年1月14日(金)〜Amazon Prime Videoにて一挙独占配信
放送開始日:読売テレビ2022年7月放送予定
出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也
原案:木丸みさき「失恋めし」(KADOKAWA刊)
脚本:今井雅子
監督:大九明子
音楽:髙野正樹

チーフプロデューサー:前西和成
企画・プロデュース:田中雅博
プロデューサー:伊藤太一(AOI Pro.)長汐祐人(AOI Pro.)
共同プロデューサー:熊谷喜一(ヘッドクォーター)

制作協力:ヘッドクォーター
制作プロダクション:AOI Pro.
制作著作:読売テレビ

■ストーリー
恋のはじまり⽅は……いろいろ。恋のおわり⽅も……いろいろ。でも、どんなおわり⽅をしても、おなかはすく。

ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。

イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で“いい失恋に巡り合えますように”と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

【関連記事】

おすすめの記事