Yahoo! JAPAN

食べられない家庭の子どもの力になりたい はるな愛「売名と言われてもいい」

Techinsight

“こども食堂”への思いを明かしたはるな愛

タレントのはるな愛(48)は2017年から月に1回、経営する鉄板焼き店の営業時間外に“こども食堂”を開いていた。自身が経済的に苦しい家庭で育ったため、同じような環境にいる子どもたちの力になりたいと立ち上がったのだ。5日放送の『グッとラック!』(TBS系)ではるなはこども食堂への思いと、コロナ禍で苦渋の決断をしなけらばならなくなった無念を涙ながらに語った。

はるな愛の父親はギャンブル好きで、母親が商売と家事を一手に担っていた。だが生活は苦しく、よく電気や水道が止められていたという。そんなはるなが幼児期の楽しい思い出として頭に浮かぶのは、母親の優しさを感じる手料理だった。はるなはタレントだけでなく複数の飲食店を経営する実業家だが、自分の子ども時代の経験から貧困で食べられない家庭の子どもたちのために、こども食堂を開くことに決めたのだ。『グッとラック!』によるとこども食堂は全国に約5000か所、年間100万人以上の子どもたちが利用しているという。料金は無料、または低価格で食事を提供している。

だがこのコロナ禍で開催を中止したこども食堂が多く、はるな愛も今は子どもたちへの食事の提供をやめている。食事ではなく食材や弁当を配布するところも増えており、はるなも東京都世田谷区のひとり親家庭を支援するプロジェクト「サンタアクション」を立ち上げ、レトルト食品1万食を同区に寄贈するなど積極的に活動している。はるなが経営する飲食店も苦境に立たされているが、「このコロナで、一番苦労しているのは子どもだと思います」とインタビューでは何度も涙を拭っていた。

「本当に売名とかいろんなこと言われるんですけど、何を言われてもいいから困っている人に寄り添いたい」と、はるな愛の決意は固い。はるなはこれまでの人生を振り返り、どんなに大変で辛い時も“夢”を持つことで頑張ることができたという。今のご時世では難しいかもしれないが、子どもたちに夢を持つことの大切さを大人が見せないといけない―との言葉でインタビューを締めくくった。

ネット上では「はるな愛さんがこども食堂をされているの初めて知ったんだけど、子ども達への思いが強くて、見ていて朝から泣けた」「なかなか出来る行動じゃ無いよー。本当に素晴らしい。いろんな人が関心を持ったら子ども達を救える気がする」「売名? いいじゃない! 気にすることないーなんもやらんより!」と感動の声が広がっている。

画像2、3枚目は『はるな愛 2021年1月20日付Instagram「#駒田アナウンサー」』『保坂展人 2020年12月15日付Twitter「タレントのはるな愛さんが、全国子ども食堂支援センターの湯浅誠さんと、提供のイオンの鈴木隆博さんと共に来庁され、ひとり親家庭にレトルト食品一万食を寄付していただきました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事