Yahoo! JAPAN

【京都】スイーツ好きの間で早くも話題♡ 注目のアシェットデセール専門店

anna(アンナ)

画像:なおちぇん

京都にあるミシュラン取得のフレンチレストラン『MOTOI(モトイ)』。筆者も何度か伺ったことがあるおいしいお店です。

その『MOTOI』から独立したシェフとパティシエのご夫婦が紡ぎあげるアシェットデセール専門店として『Riche huit(リッシュ ユイット)』が、2021年11月から本格始動されました。

スイーツ好きの間で早くも話題になっています。今回はそのコースの一部をご紹介します。

■ほっとできる雰囲気のアシェットデセール専門店

お店は、阪急・京都河原町駅すぐの飯田屋ビル2階にあり、シンプルでナチュラルカラーのほっとできる雰囲気です。

この日はイベントだったのでテーブルは1つに集められていますが、通常は席間をしっかり取られてコロナ対策もちゃんとされています。

画像:なおちぇん

■クオリティが高く美しいデセールコース

デセールコースは毎月変わるそうで、食材により価格も変化します。この日は『デセールコース』(4600円・税込)でした。

まずはセイボリー系のアミューズが2種類提供されます。

画像:なおちぇん

まずは『秋茄子と霜降り平茸のブルスケッタ』。最初がスイーツでなくセイボリーというのが斬新! これがシャンパーニュやワインと合わせたくなるような極上のアミューズです。

画像:なおちぇん

次は『マッシュルームとたまねぎのポタージュ』。トッピングされているゴボウを崩し交ぜながらいただきます。まさに『MOTOI』を彷彿とさせるお料理。うまみとコクのハーモニーにやられました。

画像:なおちぇん

フレンチのようなスイーツ『1er Plat 洋梨とライム』の登場です。

キラキラぷるんっとしたゼリーが上品できれいです。ライムの酸味と洋ナシのやわらかな風味が重なりあって複雑でうっとりします。

画像:なおちぇん

『レモンバームティーとパウンドケーキ』。すっきりとしたお茶はそれぞれのお料理やスイーツに合うようにペアリングされています。

これもセットで提供されるものです。バランスよく楽しめてリセットにもなるので、また次のスイーツが恋しくなります。

画像:なおちぇん

『2er Plat 安納芋と柚子』は、火入れが絶妙で甘さとほっこりした旨味がバランスよく楽しめます。柚子の酸味がアクセント。

画像:なおちぇん

『鉄観音烏龍茶』。こちらもスイーツに合うペアリングです。

画像:なおちぇん

『Petit four “Jardin de riche”-豊かな庭-』は、圧巻の小菓子群。ビジュアルが美しすぎて思わず声をあげてしまいます。

画像:なおちぇん

杏仁豆腐やバニラのマカロン、シブースト、チーズケーキなどありとあらゆるスイーツがちょこちょこいただけて五感すべてが喜びます。

画像:なおちぇん

最後の大きなプレートにはかわいらしくドライフラワーが! センスあふれる一皿になっています。

画像:なおちぇん

最後のドリンクは紅茶やお茶などから選べましたが、希少な珈琲だという『坐(za)』をいただきました。自家焙煎で1人で営業されている実店舗がない『斎藤珈琲』の珈琲豆を使用されています。香り高く雑味がなくて筆者ど真ん中の珈琲でした。

■「MOTOI」がご縁でできたお店です

画像:なおちぇん

シェフとパティシエである縄野夫妻は、ともに『MOTOI』で働いていた仲間でした。はにかむ笑顔と素敵な人柄がお料理にも表れていました。お二人の質の高いコラボレーションデセールコースは、これからも進化されることでしょう。

<店舗詳細>
Riche huit(リッシュ ユイット)
住所:京都府下京区貞安前之町609 飯田屋ビル2F
最寄駅:阪急『京都河原町駅』
電話:075-257-2828
営業時間:12:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:月曜日・火曜日

あまりにも質が高くて素敵なデセールコースに筆者は目がハートになりっぱなしでした。これから予約困難必須の激旨店です。毎月変わるデセールコースにわくわくが止まりません!(取材・文/なおちぇん)

【画像・参考】
※ なおちぇん

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事