Yahoo! JAPAN

市立高校 支援団体へ礼状 生理用品寄付に感謝〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

尾熊代表(左)と生徒ら

経済的理由などで生理用品を入手できない「生理の貧困」。生理用ナプキンの寄付を通して川崎市立高校5校の生徒を支援している団体・レッドボックスジャパン(尾熊栞奈代表)へ今月10日、市立橘高校(中原区)の生徒7人が代表して礼状を手渡した。

生理用品が入手できないことで学業に支障が生じることのないよう、赤い箱に生理用ナプキンを詰めて全国の学校に届けている同団体。今年6月、川崎市立高校も1箱ずつ寄付を受けた。主に保健室に設置しており、必要な生徒らに養護教諭から手渡している。

今後も、ナプキンがなくなれば同団体が追加で提供していくという。礼状を受け取った尾熊代表は「誰もが当たり前に生理用品を使うことができ、男女ともに生理を理解する機会にしていきたい」と話していた。

【関連記事】

おすすめの記事