Yahoo! JAPAN

すみだ北斎美術館『GIGA・MANGA』展をレポート! 江戸の戯画から近代漫画まで漫画のルーツをたどる

ウレぴあ総研

展示風景より

すみだ北斎美術館で、11月25日(水)より『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』が2021年1月24日(日)まで開催されている(途中展示替えあり)。

江戸時代の北斎や国芳などの浮世絵版画から、明治期以降に次々と生まれた漫画雑誌や漫画本とのつながりや発展、変遷に着目した展覧会だ。

「漫画のルーツ」を時代の流れに沿って紹介

世界共通言語「MANGA」としても扱われるようになった漫画。

この表現のルーツをさかのぼれば、江戸時代の浮世絵の表現にたどりつく。この展覧会はこの「漫画のルーツ」を時代の枠組みを越え、総数約270点もの資料や作品をもとに紐解いていくものだ。

展示は3つの章立てで構成されている。第1章は、「商品としての量産漫画の誕生」と題し、江戸中期からの戯画が大衆化された過程をたどる。

印刷技術が発展した江戸時代、さまざまなジャンルの浮世絵が流通していくなかで、世相を諷刺する「戯画」が、民衆の人気を集めるようになっていく。

ときにはユニークに、ときには辛辣に、幕府の改革や幕末の動乱、大事件などを伝える諷刺の精神はこの頃から生まれていたのだ。

葛飾北斎の《北斎漫画》は、門人希望がひきもきらなかった北斎の絵手本帳。単なるポーズ集、図案集にとどまらず、ページの中にもユーモラスな諷刺精神が宿っている。

江戸時代には漫画の基礎的な表現が登場していた!

興味深いことに、江戸時代にはすでに「吹き出し」や「コマわり」など、今日の漫画表現の基礎的な表現が登場している。

コマは仏教の教えを説く手段として古くから使われていた表現でもある。

漫画の表現や伝え方の礎が江戸時代にすでにあったことを受け、第2章、「職業漫画家の誕生」、第3章「ストーリー漫画の台頭」で、近代の漫画の発展を検証していく。

ヨーロッパの画家たちが浮世絵に大きな影響を受けたように、日本の絵師たちも幕末から明治期にかけて、海外の表現手法や伝え方に大きな影響を受けた。

それまでの戯画は挿絵や漫画へと姿を変え、やがて漫画雑誌が刊行されるに至る。

現在でも使われる「ポンチ絵」という言葉の語源とも言われるチャールズ・ワーグマンの《THE JAPAN PUNCH》や、風刺漫画家として明治から大正、昭和に一世を風靡した北沢楽天など、貴重な資料も多数展示されている。漫画が、なぜここまで人々の心を掴むのかを知ることができる楽しい展覧会だ。

【開催情報】
『GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ』
11月25日(水)~2021年1月24日(日)、すみだ北斎美術館にて開催

(ぴあWEB/浦島 茂世)

【関連記事】

おすすめの記事