Yahoo! JAPAN

サビキ釣りで『サッパ』絶好調 クーラー満タン【愛知・碧南海釣り広場】

TSURINEWS

サビキ釣りで釣り上げたサッパ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

愛知県碧南市の碧南海釣り広場でサビキ釣りを楽しんだ。メインターゲットはよく釣れているサッパだ。パーフェクト達成もあり、釣果も含め気分も最高の釣行をレポートする。

碧南海釣り広場でサビキ釣り

3月20日午前5時、愛知県碧南市の碧南海釣り広場の駐車場に到着。

夜明け前の周囲が暗いなか放水口へ向かう。地元の人たちの間では駐車場側から1号機放水口と呼ばれているが、実際は3号機放水口、奥が1号機放水口となる。

駐車場側から最初の3号機放水口の外向きはスペースがほとんどなかったので2号機放水口へ向かう。2号機放水口の外向きは所々に空きスペースがあったが、さらに1号機放水口へ。1号機放水口は余裕がかなりあったので、放水口の中央外向きに釣り座を構えた。

だが「釣り人が少ないのは何も釣れないからなのでは?」という不安もある。3号機放水口の空きスペースに戻ろうかとも思ったが、この日は様子見で来たので、釣れなくても楽しめばいいかなと思いながらタックルの準備を始めた。

当日のタックル

サオ3.9m1.5号負荷、ママカリサビキのミキイト1.5号、ハリス0.8号、ハリ4号8本バリに、付いている魚型の集寄を仕掛けの一番上にセットする。オモリは6号を使用した。

当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

1投目で4匹掛け

当日のメインターゲットは、よく釣れているサッパだ。サッパはよほどの食い渋りではない限りコマセはなくてOK。夜明け近くになると周囲の釣り人も増えて空きスペースもなくなってきた。

午前6時にはすっかり明るくなったので、そろそろ釣れだしてくるかなと思っていると、私の左4人目の人がサッパを2匹掛けで釣り上げた。50mほど投げているようなので、私も後ろを通る人に気をつけて遠投する。

仕掛けは50mほどで着水。すぐにイトフケを取って軽くシャクリを入れてアタリを待つと、サオ先にコンコンとアタリがあった。ゆっくりとリールを巻きながら追い食いさせ、徐々に重さが加わってきたのでリールを巻き上げる。1投目から13~15cmのサッパの4匹掛け。幸先いいスタートとなった。

サッパ13~16cm入れ掛かり状態

2投目も同じ距離のポイントへ投げ込むと、すぐにアタリがあり、今度も4匹掛けだ。ここへ来たときの「何も釣れないポイントではないか?」という不安は一気に解消した。

8本バリ仕掛けに4匹掛けなら申し分ないが、もっと多連掛けを狙ってみようと欲が出てきた。今度は追い食いの時間を少し長くすると、イメージ通りに5匹掛けを達成。

イメージ通りに5匹掛けを達成(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

もっと掛けてみようと、もう少し追い食いさせると7匹掛けも達成。

8本バリパーフェクト達成

よし今度はパーフェクト狙いだと的を絞って追い食いを待つ。しかし待ち過ぎたのか、5匹掛けだったが、サッパが縦横無尽に泳ぎ回ったのか仕掛けがグチャグチャに絡み、ほどける状態ではなかった。

すぐに新品の仕掛けをセットし直してスタート。今度は絡まないようにテンションを掛けて追い食いを待つ。するとすべてのハリにサッパが掛かり、8匹掛けのパーフェクト達成だ。イメージ通りに掛けて気分も最高だった。

少しずつ増やしていきパーフェクト達成(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

サッパ連発、子供たちも大喜び

周囲の人たちも4連、5連の入れ食い状態となり活性の高い状態だ。このチャンスに手返しを早くしてどんどん追加していく。しかし、右隣の親子連れは全く釣れている様子がない。よく見ると、アジ用のサビキにコマセカゴの仕掛けでやっていた。せっかく釣りを楽しみに来たのに、全く釣れないのでは残念な思いをするのではと思い声を掛けた。

他の仕掛けは持っていないと言うので、私が使っているのと同じ仕掛けとオモリをプレゼント。それからはパラパラと釣れ、子供たちも大喜びしてくれた。

碧南海釣り広場の釣り風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

最終釣果と釣果料理

気分良く釣っていたが、少しずつ活性が悪くなり2連、3連くらいしかできなくなった。潮止まり30分前の午前8時半ごろからはさらに食わなくなったが、ちょうど10Lのクーラー満タンとなったので納竿とした。

10Lのクーラーはサッパでいっぱい(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

この日は私の選んだ周囲が一番よく釣れていたようで、いいポイントに恵まれて楽しく釣りができて良かった。この日の釣果はサッパ13~16cm230匹。

サッパのお刺し身(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

帰宅後、近所にお裾分けし、残りは刺し身、酢漬け、焼いた身をしょうがじょうゆに付けておいしくいただいた。

サッパの酢漬け(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

そして翌日は唐揚げ、天ぷらにもしてみた。

焼きサッパ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

<週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postサビキ釣りで『サッパ』絶好調 クーラー満タン【愛知・碧南海釣り広場】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事