Yahoo! JAPAN

『フレンズ』モニカの元夫、ストーリーに影響を与えていた!?

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

大人気ドラマ『フレンズ』のモニカ役で知られるコートニー・コックスとかつて結婚していたデヴィッド・アークエット(『スクリーム』シリーズ)が、自分が同作のストーリー展開に影響を与え、あるキャラクターのモデルになった可能性を語っている。

1996年に始まった『スクリーム』シリーズで出会ったコートニーとデヴィッドは、1999年から2013年まで結婚していた。デヴィッドは俳優一家であるアークエット家の出身だが、レスリングへの情熱が高じて2000年にプロ・レスリングの世界へ進出。WCW世界ヘビー級選手権で優勝したこともある実力の持ち主だ。

一方の『フレンズ』では、シーズン3でモニカが交際を始めたコンピューターの天才である富豪ピート・ベッカー(『アイアンマン』『スパイダーマン』シリーズのジョン・ファヴロー)が、エリートの道を捨ててUFC(総合格闘技)の選手になることを決意する展開となっていた。

そのプロットについて、英Digital Spyのインタビューに応えたデヴィッドが、ピートというキャラクターは自分がインスピレーションの源になっていると思うと発言。「(『フレンズ』の)脚本家は、いつもキャストの私生活からちょっとしたことを選んで、物語に組み込んでいたんだ。毎回、少し設定を変更して、例えば誰かが妊娠するのに苦労するとかね。僕とコートニーは何度も不妊治療を受けていたから、それがストーリーに盛り込まれたんだ」とコメント。脚本家はキャストの私生活を詳細に把握していて、そういった出来事をアレンジしたり、当人以外のキャストが演じるキャラクターの物語にしていたとのこと。

そして、ピートがデヴィッドと同じWCW(現WWE)ではなくUFCの選手になった理由について、「当時は総合格闘技の人気が大きくなり始めていたからね」と答えたデヴィッド。『フレンズ』では、ピートが試合でボコボコにされる姿を見ていられないとモニカが別れを切り出す展開となっているが、実生活でもコートニーは試合でデヴィッドが大怪我をしたり、最悪の場合は命を落とす可能性があるとしてレスリング選手になることに反対していたそうだ。


デヴィッドがレスラーデビューしてから20年が経ち、いかに彼が選手として成長していったかが描かれるドキュメンタリー映画『You Cannot Kill David Arquette(原題)』が、本国アメリカでこの夏より配信されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:

デヴィッド・アークエット&コートニー・コックス
(C)REBECCA BLOOM/FAMOUS
『フレンズ』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. えなこ、倉持由香、『ドラブラコラボ記念生放送』出演決定!

    Pop’n’Roll
  2. 水道水が燃える中国遼寧省の一部地域、市民も不安(中国)

    Techinsight
  3. 飼い主さんが発見!愛猫の面白くてツボる♡ 仰天&失敗事件簿

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  4. 【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること

    特選街web
  5. 【セブン限定】パピコのピスタチオ味が再登場!濃厚クリーミーで最高に美味しい。

    東京バーゲンマニア
  6. 伊藤美来3rdアルバム『Rhythmic Flavor』ジャケ写公開 リリースイベント開催に本人絵柄のTカード発行&グッズ発売も決定

    SPICE
  7. ジャニーズ大みそか「ネット重視」の戦略と商魂 NHK紅白歌合戦など眼中なし

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. バービーは成功し高い支持が 女性芸人“脱ブス”の背景に「いじり」の難しさ

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. チャンバラトリオ山根伸介は巨人が試合に負けるとラジオをゴミ箱に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 渋谷バス停・ホームレス殺人事件 時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2つの人生…【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL