Yahoo! JAPAN

相模線にE131系投入、2021年秋頃から営業運転開始 房総・鹿島エリアの車両とはどこが違う?

鉄道チャンネル

相模線へ投入するE131系イメージ(画像:JR東日本)

JR東日本は2021年6月17日、相模線へE131系を投入すると発表した。4両編成を12本、計48両新造し、2021年秋頃からの営業運転を予定している。

投入線区は相模線(茅ケ崎~橋本)で、横浜線(橋本~八王子)への朝夕一部の直通列車でも使用される。

投入線区(画像:JR東日本)

E131系は2021年3月から房総・鹿島エリアで運転を開始したJR東日本の新型車両。帯色を房総の海を思わせる青とし、そこに菜の花の色である黄色を組み合わせ、前面には房総の波しぶきを思わせる水玉模様を配したデザインとなっている。

【参考】千葉のE131系(写真:鉄道チャンネル編集部)

今回発表された相模線仕様E131系は、車両の前面デザインを「遠くまで広がる湘南の海」と「ダイナミックな波の水しぶき」を水玉模様で表現したものに。また、前面と側面は同じく「遠くまで広がる湘南の海」をイメージした濃淡2色の青色を配したカラーリングとしている。座席のカラーは「相模川の豊な流れ」や「湘南の海」をイメージした爽やかなブルー系のツートンカラー。

また、千葉エリアのE131系は基本的には1M1Tの2両編成で運行するが、相模線では2M2Tの4両編成となり、座席はロングシートのみに。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】

おすすめの記事