Yahoo! JAPAN

ルアーの『アピール力』って何? 答えは【シルエット×波動】

TSURINEWS

釣りで使うルアー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ルアーにはそれぞれの「アピール力」がある。アピール力の多寡は、簡単な公式で成り立っている。「シルエット×波動」だ。シルエットが出て波動が大きいほど、アピール力が大きい。シルエットが薄くて波動が弱いほどアピール力が小さいと考えると、わかりやすい。

わかりやすく考える「アピール力」

まずは、色味から考えてみよう。ソリッド系とクリア系。その中間などいろいろ。釣具店でルアーを選ぶときにはこの色味の部分でくよくよと悩んでしまうのだが、ワームもプラグも同じで、ルアーには、水色になじむナチュラル系か、よく目立つアピール系しかない。

・アピール系=ソリッドカラー、グローカラー
・ナチュラル系=クリア系カラー

このように割り切ると色味の問題は大部分解決する。実際、魚はどこまで色味を見ているのだろうという気がする。私の知るシーバス釣りの匠は、「少なくともシーバスはシルエットしか見ていない。あとは波動」と断言する。ライトゲームアングラーの私が、「メバルは色を見ていると思いませんか?」と訊くと、「やはり濃淡しか見ていないと思う」とのこと。

シルエットは影の濃淡

要するに、「シルエット」、水中での影の濃淡なのだ。一般にアピール系といわれるものはシルエットが濃く、ナチュラル系は薄い。

ワインドリグなどワームでも同様(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そして、魚の活性やスレ度合いや、打つ場所を考えて、アピール力は使い分けなければならない。色味だけを言うなら、高活性だったり、オープンに打って魚に見つけてもらうときには、シルエットが濃いものがいい。魚の活性が低く、スレたポイントでは、なるべくシルエットが淡いナチュラル系を使うのが、やはりセオリーだろう。

波動は「水を動かす量」

次は波動について。波動は、「水を動かす量」だと考えるとわかりやすい。ルアーを引いたときにグリグリと手元にまで伝わるような水かきがあると、やはり波動が強いルアーということになる。反対に、引いたときの手応えが少ないものは、波動が薄いルアーである。

波動もまた、色味と同様に極端なものと、その中間的なものがたくさんあるが、まあ、「出るか出ないか」の二つだと考えると、わかりやすい。とりあえず、引けばルアーの周囲の水が動くものが波動の出るルアー、そんなに動かないものが波動の出ないルアーとここでは考えよう。

アピール力の計算式

「シルエット×波動=アピール力」

この計算式を頭に入れておこう。

アピール力「大」の例

その上で、例示するなら、下のルアーはかなりアピール力が強い。

バイブレーションで大型タケノコメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これはボトムをとって巻いた瞬間食ってきた。典型的なマヅメの高活性パターンで、やはりこういう魚の食いが立つタイミングでは、シルエットが出て、バイブレーションのような波動が大きいルアーが適する。――といっても、実は本命はタチウオだったのだけれど。

アピール力「小」の例

アピール力の小さいルアーの例は、メバリングのプラグ。フローティングで、止めて放置か、さーっと巻いて使う。

フローティングミノーでメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メバルのように人気の釣り物で人的プレッシャーが高く、また釣り人の足元から近い場所にいる魚は、シルエットが出るものを基本的に嫌う。そういうときには、シルエットも淡くて波動もほぼまったくでない、アピール力「小」のルアーで獲るのがうまいやり方だ。

条件によって使い分けを

ルアーフィッシングのアピール力は「シルエット×波動」と考えて、最後に、状況別のルアーのチョイスを考えたい。

まず、魚がいるかどうかわからない状況だ。オープンウォーターに遠投するときや、あまりプレッシャーのかかっている様子のない初場所。そのような条件では、アピール力「大」のシルエット濃×強波動のものを使う。「魚に見つけてもらうこと」を意識して投げよう。

反対に、人的プレッシャーが高い沿岸部での釣り。いわば、よく釣り人が入っている場所での釣りでは、アピール力「小」のルアーを用いるべきだろう。シルエット淡め×弱波動でナチュラルな食わせを演出したい。

基本的に筆者はショアの釣りでは、どんな釣り物にでも(というわけでもないかもしれないが……)、このアピール力「小」の打ち方を推奨する。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The postルアーの『アピール力』って何? 答えは【シルエット×波動】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事