Yahoo! JAPAN

猫も雨の日は沈んだ気分になるの?

ねこちゃんホンポ

低気圧が与える影響

梅雨の時期は低気圧が日本列島を覆い、どんよりとした雨の日が続きます。猫は気温や気圧の変化にとても敏感な動物。気圧が低くなると、猫の身体にも影響が現れます。

身体にかかる気圧が低下し、締めつけられていた身体と共に、血管も緩み膨張します。この血管の膨張が神経を圧迫することにより、だるさを感じるのです。

身体が重いと気分は沈みますよね。「何もする気がしない」というのは猫も人間も同じのようです。

狩りができないので休む

猫にとって「狩り」は命を繋ぐための大切な行動。しかし、雨の日は獲物も活動的ではありません。獲物が捕れない上に、雨に濡れ体力が消耗するのでは、狩りに出かける意味がありません。そのため、猫は雨の日は次の狩りに備え体力を温存しようとします。

そんな名残から、雨の日の猫は余計な体力は使おうとはせず、ほとんど寝て過ごすと言えます。大好きな狩りができず、憂鬱な気分なのでしょうね。

太陽の光を浴びられない

雨の日は太陽の光が射しませんよね。そこで関係してくるのが、「メラトニン」というホルモン物質。メラトニンは、体内時計に働きかけることにより、覚醒と睡眠を切替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌が止まり、活動モードに入ります。しかし、雨で太陽の光がないと、メラトニンの分泌が止まらないため、睡眠モードが続くのです。雨の日の猫は、やる気スイッチが入らず、気分も沈んだまま。太陽の光が恋しくなるのは、猫も人間も同じなのでしょう。

ジメジメが苦手

猫の祖先は、砂漠の乾燥地帯で暮らしていたため、湿気が苦手。また、猫は暑いときは毛繕いをし、唾液を蒸発させて体温を下げています。しかし、湿度が高いと唾液が蒸発しないため、体温を下げることができません。

湿気によって体温調節ができなくなってしまうのです。暑くジメジメとしたこの時期は、猫にとって大敵。気分が沈んでしまうのは当然かもしれません。

まとめ

今日のねこちゃんより:ふく♂ / 1歳 / ブリティッシュショートヘア / 5.2kg

猫は、雨の日は晴れの日よりも元気がなく、長時間眠っていますよね。このような理由で、猫は気分が沈み、やる気が起きないようです。寝てばかりいるからといって、睡眠を妨げることなく、そっとしておいてあげましょうね。

また、熱中症にかかりやすい時期でもあります。換気をしたり、エアコンの除湿を使うなど、猫の体調にも気を配っていただきたいと思います。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 子どもの夜泣きに「うるさい」と言う旦那さん。どう対処したらいい?

    ママスタセレクト
  2. 【愛とバトルの姉妹と母】お互いの性格はお見通し #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  3. 頭が2つある女児が誕生 家族は「中絶すべきだった」と発言し物議(ウズベキスタン)

    Techinsight
  4. 愛知県清須市でアツアツのホットサンドを食べられるキヨスプレス カフェ&バー

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  5. 期待の大型新人・奥平大兼、長澤まさみの息子役に大抜擢で、演技の楽しさ学ぶ

    ドワンゴジェイピー news
  6. 目薬の効果的な指し方を知ろう!簡単に指せるコツや保存方法も

    オリーブオイルをひとまわし
  7. 寺本莉緒、写真集からゆるふわのオフショットを公開!「可愛いです」「すごく良いショット!」

    WWSチャンネル
  8. NGT48 荻野由佳、新潟の海から届ける過去と今「写真見ただけで鳥肌」「泣けてくるのは何故だろう」

    WWSチャンネル
  9. 桜田ひより、美脚披露のレア私服ショットを公開!「レアなひよりちゃん」「素晴らしい試み」

    WWSチャンネル
  10. キャスティング&タイラバでマダイ連発 50cm級アコウも浮上【海幸丸】

    TSURINEWS