Yahoo! JAPAN

湖のSUPフィッシングでバスと戯れる 海用ルアーの効果は?【三重】

TSURINEWS

ノーシンカーのフォールに好反応(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

三重県・大台町の三瀬谷ダム(奥伊勢湖)でSUPでブラックバス釣りを楽しんだ。ノーシンカーのフリーフォールに好反応で、サイトゲームが楽しめたので、その模様を紹介する。

三瀬谷ダムでバス釣り

先日、三重県・大台町の三瀬谷ダム(奥伊勢湖)でSUPをしていた時、岸際に群れていたのが小型のブラックバス。サイトゲーム大好きの小物釣り師としては、これを見過ごす訳にはいかない。

ルアーは家探しすると25年モノの古いワームがいくつか出てきた。これらを適当にピックアップして、7月25日の早朝に出発した。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

道中コンビニで遊漁券の支払いを済ませる。今年からフィッシュパスというアプリを通じて購入するシステムになったようだ。

早々にサイトで連続ヒット

準備を済ませ、もみじ公園からSUPを出したのは午前8時。プカプカ浮かびながらオフセットフックに3inchグラブをセットし、スキッピングで岸際のオーバーハングにたたき込む。こんなキャストをするのは久しぶりだが、意外にも決まるものだ。

そのままフリーフォールさせると、緩んでいたラインがスッと入った。アワせると小バスがジャンプ。サイズこそ20cm級だが、久々なので新鮮だ。続けて20cm級のブルーギル。最近は極小サイズしか見ていないので、これまた感動モノだ。

小さくてもサイトで狙えば楽しさ倍増(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

ワームがボロボロになったところで、次はサターン3inch。ノーシンカーでSUPの下にフォールさせると小バスの群れが近づき、その中の1匹が当たり前のようにルアーを吸い込んだ。開始早々連続ヒット。しかもバイト丸見えとくればテンションが上がらない訳がない。

ソルトルアーはほぼ無反応

ここで、普段から海で使っているルアーを試してみた。

まずCD3のスイミング。ギルは連発だが、バスは今ひとつ。続いてレッドペッパーナノのドッグウォーク。これも興味は示すが、ミスバイト数回で見切られた。

水面に張り出した木の下を狙う(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

メバルワームのジグヘッドリグは、まさかのノーヒット。他にもいろいろ試したが、エリア用スプーンに数回ヒットした他は全滅に近かった。

フォールでエサ釣り状態

だが、これで何となくパターンが読めてきた。そこでサターン3inchに戻し、今度はスイミングで誘う。すると遅い動きなら時折ヒットするが、テンポが速くなると急に食い渋る。木が張り出している場所なので、落ちてくるエサを偏食しているのだろう。

ブルーギルはバケモノ級も(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

という訳で、ここからは縦の釣りに専念。サターンやセンコーといった往年のワームをノーシンカーでフォールさせれば、ほぼエサ釣り状態だ。バスは小型中心だが、ブルーギルはバケモノ級も顔を見せた。

湖面レジャー&SUPスクールも

昼ごろになると風が強くなり、流されるようになったので終了。久々のバス釣りは、大満足の釣行となった。

三瀬谷ダムは、多彩な湖面レジャーが楽しめる県内でも数少ない場所。SUPスクールもあるので興味があれば問い合わせてみるといいだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post湖のSUPフィッシングでバスと戯れる 海用ルアーの効果は?【三重】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事